キングダムネタバレ670話最新話予想『羌礼は飛信隊の暗殺部隊を率いる?』

kingdom-670-spoiler
スポンサードリンク
 

さて今回は、2021年2月18日発売の週刊ヤングジャンプ『キングダム』の最新話670話のネタバレ・あらすじの考察・予想をご紹介していきます!

669話では、羌礼と羌識の祭の戦いの続きが描かれていました。

羌識が剣を止めたこと。

このことを羌礼は羌識の裏切りだと認識していて、そのために負けたはずの羌礼が勝ち残った。

そして羌識の命を奪ったことで本物の蚩尤になったと語る羌礼は、他の人の命を糧(かて)として闇の先を押し進める闇の神だと自分のことを言っています。

しかし闇の先に道などないと羌瘣(きょうかい)は断言。

羌瘣は羌礼を救うために語り掛けます。

羌識の最期を思い出せ。

羌識の最期は苦悶(くもん)の表情で亡くなっていったものの、羌識は羌礼に次のことを語っていました。

  • 羌識を倒す覚悟ができていなかったこと。
  • 精一杯強く生きて欲しいこと。
  • 羌礼のことが大好きであること。

そのことを思いだした羌礼は後悔の気持ちと共に、大粒の涙を流して泣き始めます。

羌礼が後悔したのは羌識に次のことを言えなかったことでした。

自分も羌識のことが大好きであること。

そして頑張って生きるよ、ということを。

669話の最後は、羌礼と羌識の昔の思い出で終わりましたが、羌識の最期を思い出した羌礼はこの後どうなっていくでしょうか?

それではここから2021年2月18日発売の週刊ヤングジャンプ『キングダム』最新話670話のネタバレ・あらすじ予想を行っていきます。

最後までお楽しみください!

 

スポンサードリンク
 

キングダムネタバレ670話予想:羌礼は闇から救われる?

では670話のネタバレ予想を始めていきますが、羌礼は羌識の最期を思い出して大粒の涙を流しました。

そして後悔の気持ちが沸き上がってきたことで、羌礼は闇から救われたのではないか?と予想します。

さてここからの羌礼はどうなっていくのでしょうか?

 

キングダムネタバレ最新話670話:羌礼は性格が素直になる?

羌礼が闇から救われたとすれば、考えられるのは羌礼の性格が素直になることです。

もしも羌礼が素直な性格になったら、670話ではこれまで羌礼自身が行ってきたことに対して飛信隊に謝罪をすることになるでしょう。

そして捕虜となったのに斬った人たちに対しても、羌礼は懺悔(ざんげ)の気持ちを表すことになると予想。

自らの非を素直に認め、素直に謝罪する羌礼の姿を見て、飛信隊も羌礼に対する見方を変えていくのかもしれません。

 

キングダムネタバレ最新話670話:羌礼は本当の強さを身につける?

また羌瘣は羌礼が闇の淵から戻って初めて本当の強さを得ると言っていました。

ですので羌礼は羌識の最期を思い出してからは、幽連よりも強い蚩尤になったと考えられます。

このことが670話で描かれると予想。

ちなみに幽連は助走なしで巫舞と同じ深さまで精神を落とせるようになっていましたが、精神を落とせる深さが羌瘣と同じレベルに達するのかもしれません。

通常であれば戻れなくなる境界とされている「魄領(はくりょう)」という領域。

羌瘣はここよりさらに深く精神を落としても、飛信隊との絆によって意識を取り戻すことができます。

同じように羌礼も魄領よりも深い領域に精神を落としても、羌識との絆によって意識を取り戻すことが出来るようになる。

そんな本当の強さを羌礼の身につけることになるのではないでしょうか?

 

スポンサードリンク
 

キングダムネタバレ670話予想:羌礼はこの後どうなる?

また羌礼は羌識の最期を思い出して、闇の淵から戻ったと思われますが、この後の羌礼はどうなっていくのでしょうか?

ここからは羌礼が飛信隊に入るのか?

それとも蚩尤の里に戻るのか?

この点を予想・考察していきます。

 

キングダムネタバレ最新話670話:羌礼は飛信隊に参加する?

羌礼のこの後はどうなるのか?

670話のネタバレ予想としてまず考えられるのは、素直になった羌礼が飛信隊に受け入れられるようになることです。

当初は作戦も聞かず、殺しを楽しんでいるように見えた羌礼ですが、そんな羌礼の姿は飛信隊からは拒否反応も出ていました。

しかし羌識の最後を思い出したことにより闇の淵から戻った羌礼は、この後で戦いに参加しても別人のような戦いを見せることでしょう。

作戦を素直に聞くようになり、敵の捕虜は殺(あや)めない。

そんな羌礼の姿が670話で描かれるのかもしれません。

 

キングダムネタバレ最新話670話:羌礼は騎馬隊に参加する?

ただ飛信隊のメンバーが羌礼を今後の戦いに参加させるかどうかは、やや微妙なのかもしれません。

烈火のごとく怒りをあらわにした崇原は、少なくとも羌礼の軍への受け入れを拒否すると思われます。

崇原は歩兵隊長ですので、そうなると羌礼は歩兵に参加するのではなく騎馬隊に参加するという展開になるのかもしれません。

または羌礼は羌瘣の直属の兵士として飛信隊に入隊するのかもしれませんが、そこでの羌礼の戦いぶりが飛信隊メンバーに評価される。

そして最終的に羌礼は飛信隊に加入する、という展開が670話では待っていると予想します。

 

キングダムネタバレ最新話670話:羌礼は李信と意気投合する?

また闇の淵から戻った羌礼であれば、羌瘣の言うことを素直に聞くと思いますし、李信とも意気投合するのかもしれません。

やはり飛信隊に入るなら、李信が許可するという手順は必要になるはずです。

以前の羌礼であれば、李信と話し合うよりも桓騎と話し合った方が気が合うような気がしました。

ただ闇の淵から戻った羌礼であれば、李信と話し合って意見がかみ合うようになっていることでしょう。

羌礼は李信と直接対話して、李信と意気投合して飛信隊に再加入する。

そんな展開も670話では描かれるのかもしれません。

もともと蚩尤はどこかの国のお抱えになることで繫栄してきた過去を持ちます。

蚩尤となった羌礼が秦に所属することは、その流れから考えても自然な流れと言えます。

 

キングダムネタバレ最新話670話:羌礼は蚩尤の里に戻る?

または羌礼は一旦、蚩尤の里に戻るのかもしれません。

羌礼は祭で羌識を殺して闇の淵に落ちてしまいました。

しかし羌識の最後を思い出すことで羌礼が闇の淵から戻り、そこで本当の強さを得ることができたとすれば、この経験を今後の蚩尤の「祭」に活かすべきだと羌礼は考えるかもしれません。

そのことを伝えるために羌礼は一度蚩尤の里に戻る。

そして蚩尤の「祭」に変更が加えられていく―――

もしも羌礼が病気などの理由で死亡してしまえば、「祭」の変更は行われなくなる可能性が高くなります。

個人的には蚩尤の「祭」は制度を変更してもらいたいと思いますので、670話以降のネタバレ予想としては羌礼は一旦飛信隊を離れることが考えられます。

果たして羌礼はどのような動きを見せるのでしょうか?

 

スポンサードリンク
>

キングダムネタバレ670話予想:羌礼は異例の出世を遂げる?

また羌礼の武力をもってすれば、飛信隊に加入すれば異例の出世を遂げることになるでしょう。

さて羌礼はどのような出世を遂げていくでしょうか?

それは670話以降の展開になると思われますが、この点をここからは予想・考察していきます。

 

キングダムネタバレ最新話670話:羌礼はまず戦いぶりを試される?

kingdom-670-spoiler-2

(引用:キングダム)

さて、上記が現在の飛信隊メンバーの組織図です。

このうち羌礼は崇原の下には付かないと予想。

我呂のいる赤飛麃や岳雷のいる黒飛麃に所属するのか、はたまた羌瘣の元に所属することになるのか?

ただ当初行われたように、まずは隊に同行して羌礼がどう変わったのか?

この点が試されることになるでしょう。

ただ闇の淵から救われた形になった羌礼であれば、ここからの羌礼の戦いぶりは飛信隊メンバーから受け入れられるような内容になるのではないでしょうか?

 

キングダムネタバレ最新話670話:羌礼はすぐに千人将になる?

飛信隊に受け入れられるような戦いぶりを羌礼が見せるとすれば、蚩尤となったほどの武力の持ち主である羌礼は、ここから異例の出世を遂げていくことでしょう。

初陣で武将を倒してすぐに百人将になるでしょうし、そこからも将軍を倒せば千人将まではそれほど時間はかからないことでしょう。

ただ羌礼はまだ若いですし、多くの兵士を率いるという経験は乏しく、そこからの出世はやや遅れるのかもしれません。

またもしかすると羌瘣は「呼び戻しの術」を使って武力が衰えた可能性もありますが、ここに羌礼が加われば羌瘣はその頭脳をいかんなく発揮していくという展開になるのかもしれません。

 

キングダムネタバレ最新話670話:羌礼は暗殺部隊を指揮するようになる?

または羌礼は飛信隊の中で暗殺部隊を率いるのかもしれません。

元々蚩尤は、暗殺者集団です。

そして蚩尤には「音消しの術」があります。

この音消しの術は飛信隊の昂(こう)も羌瘣に教えてもらって身につけている術ですが、これを暗殺部隊全員に指導して身につけさせる。

そして羌礼は暗殺部隊を率いて、敵に千人将クラスを次々と暗殺していく―――

想像したのは廉頗四天王の一人だった輪虎(りんこ)の働き。

あのような働きを羌礼が飛信隊の中で果たしていくのではないでしょうか?

そしてキングダムは現在紀元前235年ですが、この翌年には史実では桓騎が趙の扈輒(こちょう)を倒す平陽(へいよう)の戦いが起こることになっています。

この時の戦いに飛信隊も桓騎軍に参加。

そして羌礼の暗殺部隊が平陽の戦いでも活躍するという展開になるのかもしれません。

そうなると飛信隊も順調に戦うことになって、ハラハラドキドキしない展開になってしまうことも考えられます。

それはそれで展開がドラマチックではない点がどうか?とは思いますが、果たしてこれからの羌礼はどんな活躍を見せていくのでしょうか?

 

スポンサードリンク

キングダムネタバレ670話最新話予想 まとめ

ここまで、2021年2月18日発売の週刊ヤングジャンプ『キングダム』の最新話670話の話のネタバレ・あらすじ予想をご紹介してきました!

669話では羌礼は羌識の最後を思い出して、羌識から「精一杯強く生きて」と伝えられていました。

このことを思いだした羌礼は、羌識に言えなかった想いがあったことを後悔。

大粒の涙を流しましたが、このことによって羌礼は闇の淵から戻ったことでしょう。

そうなると670話では羌礼はこれまでと違った人格や性格になると予想。

素直になった羌礼は羌瘣に対して感謝の気持ちを伝え、飛信隊メンバーにはこれまでの行動を謝罪することでしょう。

そしてここからは羌礼は飛信隊に参加することも考えられますが、今回の経験を祭で活かすべく一旦は蚩尤の里に戻るのかもしれません。

また羌礼が飛信隊に参加すれば強力な助っ人になりますし、羌礼の武力をもってすれば異例の出世を遂げていくことでしょう。

千人将までは早いように思いますが、その後は多くの兵士を率いる難しさを感じてやや出世が遅れると予想します。

また蚩尤が元々は暗殺者集団であることを考えると、飛信隊の中で暗殺部隊を創設してこの暗殺部隊を率いて活躍する展開も考えられます。

さて今後の羌礼の動向が見所になってきますが、それではここで週刊ヤングジャンプ『キングダム』の最新話670話のネタバレ・あらすじの予想を終わります!

最後まで読んでいただいて、ありがとうございました!

スポンサードリンク