キングダムネタバレ666話最新話予想『羌礼は飛信隊か桓騎軍に入隊する?!』

kingdom-666-spoiler
スポンサードリンク
 

さて今回は、2021年1月7日発売の週刊ヤングジャンプ『キングダム』の最新話666話のネタバレ・あらすじの考察・予想をご紹介していきます!

665話のタイトルは「礼の目的」となっていて、礼の目的が羌瘣(きょうかい)の殺害であったことが明らかになりました。

また蚩尤の里で再び”祭”が行われたであろうこと。

そして羌礼がその祭を勝ち残って、現蚩尤(しゆう)として飛信隊の元に来たであろうことが明らかにされました。

祭をくぐり抜けた羌礼は確かに強かったものの、その戦いの様子から飛信隊の干斗(かんと)は羌礼について「人を殺したいだけのイカレヤローだ」と評します。

そんな羌礼の大活躍で飛信隊は大勝利を収めたものの、羌礼が全く言うことを聞かないことで、飛信隊の歩兵のメンバーは意気消沈していました。

特に干斗は、羌礼を追い出すべきだと主張。

続けて干斗は「飛信隊をいつかぶっ壊しちまう」と羌礼に対して危機感を持っていました。

また夜になってから羌礼がメンバーと離れているところに、昂(こう)が羌礼に近づいてきます。

そこで昂は羌礼に飛信隊になじんでもらおうと、みんなと一緒にいたらどうかと誘います。

しかしこの昂に対して羌礼は剣を抜いて、殺すと脅す始末。

干斗が羌礼に対して抱いていた危機感は、少しずつ現実のものになろうとしていました。

また羌礼は投降兵も斬りまくってしまい、隊は我慢の限界を超えてしまいます。

すぐに飛信隊から出ていくようにと伝える歩兵長の崇原(すうげん)でしたが、「お前ら全員殺るぞ マジで」と脅す羌礼。

飛信隊メンバーと羌礼の思惑はズレたまま、お互いが衝突しかけました。

そこに現れたのは羌瘣(きょうかい)。

ここで羌瘣は羌礼の目的が羌瘣の殺害であることを指摘します。

「そうだよ」と認める羌礼でしたが、さてここからのキングダムの展開はどうなるのでしょうか?

それではここから2021年1月7日発売の週刊ヤングジャンプ『キングダム』最新話666話のネタバレ・あらすじ予想を行っていきます。

 

スポンサードリンク
 

キングダムネタバレ666話予想:羌瘣は飛信隊か桓騎軍に入隊する?

キングダムネタバレ666話予想:羌瘣は羌礼に現状を伝える?

さてここからキングダムの666話のネタバレ予想をしていきますが、ここから考えられるのは羌礼と羌瘣の激突です。

ただ羌瘣はまだ回復中で、通常の戦いにも参加していない状態です。

このまま羌瘣は羌礼と戦うのでしょうか?

さすがに羌瘣はまだ回復中ですので、この場ですぐに戦うと羌瘣は羌礼に負けてしまうように思えます。

そこで羌瘣は自分の今の現状を羌礼に伝えて勝負を待ってもらうように伝えるのかもしれません。

羌瘣は蚩尤(しゆう)の禁術を使ったこと。

そのために体や精神が異常をきたしていること。

羌瘣がそれらを伝えたら、羌礼はどうするでしょうか?

 

キングダムネタバレ666話予想:羌礼は羌瘣に襲い掛かる?

もしも羌瘣が羌礼に自分の現状を伝えた場合、羌礼は羌瘣に襲い掛かることも考えられます。

羌礼の目的は羌瘣を亡き者にすること。

その目的を達成するためには、羌瘣が弱っているのであれば、その時こそチャンスだと羌礼は考えることでしょう。

祭をくぐり抜けた羌礼は人間性を失っていますし、おそらく羌族の中で羌瘣は「祭」から逃げた恥ずべき存在とされています。

そうなるとここで羌礼と羌瘣の戦いが始まることが予想されます。

 

キングダムネタバレ666話予想:羌瘣のいいことが明らかに?

また羌瘣は蚩尤の禁術を使って、信を生き返らせたことがありました。

この時、羌象(きょうしょう)から悪いこととして寿命が縮んだことを羌瘣は明かされました。

また二つのいいことについても伝えられましたが、具体的にその内容はその時には伏せられたままでした。

ここで666話のネタバレ予想としては、羌瘣の二つのいいことのうち一つが明らかになるかもしれません。

それはもしかすると巫舞(みぶ)の呼吸をさらに深く落とすことができるようになったことなのかもしれません。

そうなると回復中の羌瘣でも、さらに呼吸の深い巫舞を舞うことができるようになっており、ここで羌礼を倒すのかもしれません。

果たして2人の勝負の行方はどうなるでしょうか?

 

キングダムネタバレ666話予想:羌瘣は羌礼を殺さない?

また羌瘣が羌礼を上回ったとして、羌瘣は羌礼を殺さないという展開もあり得るのかもしれません。

これは良い展開になった場合のことですが、羌礼が羌瘣に負けたことで羌礼は羌瘣の言うことなら聞くようになる。

そして羌礼は羌瘣の隊に所属するようになり、崇原など飛信隊のメンバーを下に見ることなく、また崇原たちの指示に従うようになるのかもしれません。

元々は好奇心旺盛な羌礼。

羌礼が飛信隊になじむことで、羌礼は楽しい日々を送るのかもしれません。

そうなると飛信隊は強力なメンバーを加えることになり、ここからさらに飛信隊が飛躍する展開になることでしょう。

ただこれはあくまで良い方向に向かった時の話。

人間性を失ったように思える羌礼が「こうなってくれたら良いな」という私の希望的観測でもありますし、強力な羌礼が秦の味方になってくれたらとも思いますが、果たしてどうなるでしょうか?

 

キングダムネタバレ666話予想:羌礼は桓騎軍に参加する?

または羌瘣が羌礼との勝負に勝って、羌瘣が羌礼を殺さなかった場合、羌礼は桓騎軍に参加する可能性があるのかもしれません。

羌礼は投降兵さえ皆殺しにしようとするほど人間性を失っています。

それは「祭」をくぐり抜けたからかもしれませんが、人を殺すことに喜びを見出しているかのような羌礼は、桓騎軍ならピッタリ合うと思います。

適材適所。

もしも羌瘣が羌礼との勝負に勝って、なおかつ羌瘣が羌礼を殺さない場合には、羌瘣は羌礼を桓騎軍に入れることを勧めるのかもしれませんね。

 

スポンサードリンク
 

キングダムネタバレ666話予想:什虎城の武将達のその後が明らかに?

キングダムネタバレ666話予想:満羽たちは媧燐に殺されるのか?

また楚の什虎(じゅうこ)城戦は早く終わりを迎えましたが、まだ什虎城の満羽たちの処遇は明らかにされていません。

什虎城を落とされて、取り返すことなく早々と楚の王都・郢(えい)に戻った満羽たち。

ここで楚の宰相・媧燐(かりん)は、満羽たちのことを知らないために、満羽たちと会って話をしてみることにしましたが、その後の展開はまだ描かれていません。

666話以降のネタバレ予想としては、この点が明らかになっていくことが予想されます。

媧燐と面会する満羽たち。

満羽たちの人物を見定めようと様々な質問をして、満羽たちの様子を見る媧燐。

そんな様子が666話では描かれるかもしれません。

ただ媧燐は蒙武たちの武の強さを感じることでしょうし、楚に忠誠を誓っているわけではない満羽たち。

満羽たちを処刑にしようとしても、ここで満羽たちが反旗を翻(ひるがえ)されると、楚にとってはややこしい展開になります。

場合によっては満羽たちは魏や秦に向かうかもしれず、満羽たちが楚に敵対することも考えられます。

そう考えると優れた武の持ち主であることから、媧燐は満羽たちを許すことが濃厚ではないでしょうか?

果たして満羽たちの処遇はどうなるでしょうか?

 

キングダムネタバレ666話予想:寿胡王はどうなったかが明らかに?

また什虎城戦の終盤で大軍師と評される寿胡王(じゅこおう)は、秦の騰に捕まえられていました。

そこで什虎城の秘密を明かした寿胡王でしたが、この寿胡王のその後の処遇はどうなったのでしょうか?

秦に連れて帰られたのか?

はたまた魏に身柄を渡されることになったのか?

そこで寿胡王はどのようなことを語るのでしょうか?

楚に関する情報を聞き出されていると思いますが、666話以降のネタバレ予想としては寿胡王のその後が分かることも考えられます。

 

スポンサードリンク
>

キングダムネタバレ666話予想:李牧と司馬尚は何をしている?

キングダムネタバレ666話予想:李牧は王翦の分析を司馬尚と行う?

また気になるのは李牧の動向ですね。

今は司馬尚の元に向かっている李牧一行。

666話以降のネタバレ予想として、ここで李牧と司馬尚の2人が何をしているのかが明らかになると予想します!

では李牧と司馬尚の2人で何を行っているのでしょうか?

一つ考えられるのは、秦将・王翦(おうせん)の分析です。

史実でも李牧と司馬尚の2人は、今後王翦の攻撃を封じ込めることに成功しています。

また李牧はすでに桓騎の弱点を見抜いてはいますので、李牧が重要視する秦の武将は、鄴の攻防戦で敗れた王翦になるでしょう。

その鄴攻めでの王翦の分析を行い、司馬尚と共有して対王翦の戦略を李牧と司馬尚の2人で練っている。

それが666話以降で明らかになると予想します!

 

キングダムネタバレ666話予想:李牧と司馬尚は邯鄲攻略の手を検討する?

また666話以降のネタバレ予想としては、李牧と司馬尚の2人は邯鄲攻略の手を検討することも予想されます。

鄴攻めでは王翦に敗北を喫した李牧。

そんな李牧が王翦へのリベンジを考えるとすれば、王都・邯鄲での戦いでのリベンジを狙うかもしれません。

戦う場所は邯鄲なのか、その周辺の場所になるのかもしれませんが、相手が王翦で戦う場所の候補が絞れていれば、そこから李牧と司馬尚はその場所での模擬戦を何度も実施することでしょう。

そして普通の武将なら考えつかない手段まで李牧たちは探ることでしょう。

それは王翦なら考えるであろう手段。

それを李牧たちは充分に検討していき、それに対する手段を用意していく。

王翦との戦いに備えた壮大な備えが、李牧と司馬尚の2人で練られていくことでしょう。

実際に史実でも、李牧と司馬尚の2人は王翦の侵攻を食い止めています。

それだけ周到な準備を李牧と司馬尚の2人は行っていく。

それが666話以降のネタバレとして描かれると予想します。

 

スポンサードリンク

キングダムネタバレ666話最新話予想 まとめ

ここまで、2021年1月7日発売の週刊ヤングジャンプ『キングダム』の最新話666話の話のネタバレ・あらすじ予想をご紹介してきました!

666話のネタバレ予想としては、まず羌礼と羌瘣の勝負の行方がどうなるかが描かれると思います。

また羌瘣は信を生き返らせた禁術を使ったことで、いいこと二つを羌象から伝えられていたものの、それはまだ明らかにされていません。

そのいいことの一つが666話で明らかになることが予想されます。

またはここから舞台が楚に移って、什虎城を奪われた満羽たちの処遇が明らかにされるのかもしれません。

その他には司馬尚の元に向かった李牧が司馬尚と2人で何をしているのか?

個人的には李牧と司馬尚は王翦の分析を行って、対王翦の戦略を考えているのだと思いますが、果たしてどんな展開を迎えるのでしょうか?

それではここで週刊ヤングジャンプ『キングダム』の最新話666話のネタバレ・あらすじの予想を終わります!

最後まで読んでいただいて、ありがとうございました!

スポンサードリンク