キングダムネタバレ661話予想『満羽の悲劇の先に待つものとは?!』

kingdom-661-spoiler
スポンサードリンク
 

さて今回は、2020年11月19日発売の週刊ヤングジャンプ『キングダム』の最新話661話のネタバレ・あらすじの考察・予想をご紹介していきます!

1週間の休載をはさんでキングダムでしたが、660話では什虎(じゅうこ)の秘密が寿胡王の口から明らかにされることになりました!

「全てを失った。」

その言葉に什虎の秘密は凝縮されていたと言えます。

満羽は「汨(べき)」という小国の大将軍で、千斗雲は「暦(れき)」という小国の大将軍でしたが、同じような境遇に陥ったとされています。

その境遇とは何か?

それは裏切りでした。

祖国のため、そして祖国の民衆のために必死に戦っていた満羽。

しかし満羽は祖国の王や大臣たちのみならず、祖国の民衆にまで裏切られる結果となっていました。

民衆の裏切りを戦いのさなかで知ることになった満羽。

祖国や民衆の人生までを背負っていながら裏切られた時点で、それまでの満羽が満羽の中で確実に死んだことが明らかにされました。

千斗雲も同じころに満羽と同じような境遇になってしまい壊れた結果として、初登場がぶっ飛んだキャラクターになっていたようですね。

死にたかったのか、千斗雲は659話の中でも「また生き残っちまったよ」と発言していましたが、それは裏切られた辛さからくるものだったようです。

そして性悪説を説いていた荀子(じゅんし)の下で学んでいたという寿胡王。

軍師として戦場に身を投じる中で、寿胡王は机上の空論に馬鹿馬鹿しさを感じるようになりましたが、そんな中で寿胡王がたどりついた人の本質に関する想いは「愚か」だということでした。

しかし寿胡王は、満羽の悲劇の先に何かあること、人の愚かさの先に何かがあることを願っている様子でした。

全てを語り終えた寿胡王。

この寿胡王もどこかで死を望むようになっているのか、あっさりと首を差し出す潔い姿を660話のラストで見せていました。

果たして寿胡王の首は、はねられてしまうのかどうか?

また満羽の悲劇の先に、何かが待っているのでしょうか?

什虎城戦は早々に終わりを見せることになりましたが、それではここから2020年11月19日発売の週刊ヤングジャンプ『キングダム』最新話661話のネタバレ・あらすじ予想を行っていきます。

最後までお楽しみください!

 

スポンサードリンク
 

キングダムネタバレ最新話661話予想:寿胡王は首をはねられない?

キングダムネタバレ最新話661話予想:魏に引き渡される寿胡王?

さて661話のネタバレ予想・考察をしていきますが、「首をはねろ」と言った寿胡王(じゅこおう)が首をはねられるのかどうか?

まずはその点が気になるところですが、寿胡王は什虎(じゅうこ)の軍師です。

また秦は魏に什虎城を渡すことを条件に、秦と魏は同盟を結んだという経緯がありました。

そうなると寿胡王など什虎城の人材や兵たちは魏に渡されるべきであり、そのため秦の騰(とう)や蒙武たちが寿胡王の首を安易にはねることはできないことになると予想します。

ですので。まずは寿胡王は首をはねられないままの状態で、魏に身柄を引き渡される。

これが661話での展開になると予想します!

 

キングダムネタバレ最新話661話予想:呉鳳明は寿胡王を生かす?

では魏の呉鳳明は寿胡王をどうするのでしょうか?

こちらでもまずは呉鳳明が魏王に伺いを立てることになるのかもしれません。

呉鳳明はあくまで魏の将軍。

戦いにおいての権限は与えれているでしょうが、捕虜にした武将などの処分をどうするのか?

この点に関する決定権が誰にあるのかは少し微妙ですよね。

もしもこの点までの決定権が呉鳳明にあれば、そこで呉鳳明が寿胡王をどうするのか?という決断を下すことにはなると思います。

さて呉鳳明に決定権があるとすれば、呉鳳明はどのような決断を下すでしょうか?

個人的には呉鳳明も什虎城の強さについては知っていたはずですし、この什虎城を魏がもらい受けるのであれば、魏としても什虎城が強いままであることが望ましいはずです。

しかし什虎城の強さの秘密は「城そのもの」にあるわけではなく、この什虎城にいた将軍たちの強さによるものであることが分かってきました。

そうなると寿胡王や満羽たちをそのまま生かして什虎城の守りを任せることにすることが、魏にとってもベストな選択ということになると思います。

 

キングダムネタバレ最新話661話予想:呉鳳明は寿胡王を殺す?

ただし呉鳳明が調子に乗っているとどうでしょうか?

秦の録嗚未(ろくおみ)も秦・魏同盟軍が完勝したと豪語していましたが、呉鳳明が同じように自らの戦術の鋭さに調子に乗っていれば、「什虎の将たちも大したことはない。」

と、そのような判断をしてしまうかもしれません。

秦・魏同盟軍が完勝した理由について、寿胡王は満羽に変化が生じたことを理由に挙げていましたし、その満羽の変化を引き起こしたのは蒙武という存在があったからでした。

しかしそのことに気付かずに呉鳳明が什虎の将たちの力を過小評価してしまえば、呉鳳明は寿胡王やこれから投降するであろう満羽たちを斬ってしまう可能性もあるのかもしれません。

ただそうなると満羽と蒙武の再戦は見られることは無くなりますし、満羽の悲劇の先にあるであろう「何か」については描かれなくなってしまいます。

おそらく寿胡王の満羽への想い、つまり満羽の悲劇の先に何かあることを寿胡王が願っていることは今後のキングダムの物語の伏線になるはずで、そう考えると満羽がここで死亡することは考えにくいと思います。

寿胡王たちがここで殺されてしまう展開も考えてみましたが、おそらくここで什虎の将たちが殺されることはないと予想します。

 

スポンサードリンク
 

キングダムネタバレ最新話661話予想:満羽の悲劇の先には何がある?

キングダムネタバレ最新話661話予想:政の存在が満羽に光をもたらす?

さてそれでは、満羽の悲劇の先には何があるでしょうか?

これは今後のキングダムの伏線になりますので、次の661話で描かれることではないでしょうが、同じような悲劇を味わっている人物はすでにキングダムの中に登場していると思います。

それは秦王・政です。

これまでも弟にも裏切られ、相国(しょうこく)だった呂不韋には刺客を送られ、母親の太后からも疎(うと)まれていた政。

他の人物はその背景があまり描かれてこなかったとはいえ、キングダムの中では政ほど裏切られた過去を持つ人物もいないように思えます。

そんな政は紫夏との出会いがありましたが、呂不韋と天下について語った時「人の本質を光だ」と言い切った人物です。

裏切られた暗い過去を持つ政が、人の本質を光だと言う。

それは「人を愚かだ」と言った寿胡王とは対極の姿勢です。

人の本質として正しいことは何なのか?

それは定かではありませんが、人には色んな側面があるということなのだと思います。

愚かな一面があるのも人の本質なら、光があるのも人の本質。

騙(だま)されて操(あや)られるのも人の本質であるなら、他の人から受け継いだ光をさらに光り輝かせようとするのも人の本質のはずです。

今後、満羽が悲劇の先に何かを見ることがあるとすれば、それは政との関係の中で人の持つ光を見ることなのかもしれません。

それが描かれるのは、いつのことになるのか?

什虎はここから魏に受け渡されることになりますので、ここから魏が秦に滅ぼされて什虎が秦のものになった後のことだと思われます。

それはキングダムの感動的なシーンになるのかもしれませんね。

 

キングダムネタバレ最新話661話予想:満羽たちは裏切った民衆を許せるようになる?

または満羽たちは、悲劇の先に祖国の民衆を許せる気持ちにもなれるのかもしれません。

寿胡王は人を愚かだと言いましたが、私自身は人は弱さを抱えているようにも思います。

寿胡王は大衆の心を騙(だま)し操るのは大して難しいことではないと言いました。

それも人の側面かもしれませんが、弱いがゆえに流されることがあることも人の本質のように思います。

誰かが何かの意見を言えば、和を重んじる人ほどその意見に同調しがちかもしれませんし、意見を言った人の立場が上の人であれば、忖度(そんたく:その人の気持ちを推し量ること)が生まれるのが人の世だと思います。

または偉い立場の人が意見を言えば、意味は分かっていなくても何となくその意見が正しいように思えてしまう。

その意味では正しいか正しくないか?というよりも、その時その場の流れで人は動いてしまう。

そんな弱さを人は抱えているように私は思います。

また戦場に出て戦っていた満羽たちは、自分の意見や気持ちを民衆に伝える術(すべ)を持ち合わせていなかったかもしれませんが、王や大臣など戦場に行かない人ほど民衆に意見や気持ちを伝えることは簡単だったと思います。

そんな王や大臣たちが満羽たちをおとしめるため、満羽たちのありもしない悪口を言えば、民衆の心を満羽たちから離すことは簡単だったことでしょう。

実はその背後には、王や大臣たちの自分たちだけの保身があったしても、民衆はそこまで見抜くことはできなかったのかもしれません。

ある意味では民衆は、祖国の王や大臣たちに利用され騙(だま)された一番の被害者だった。

そのことに想いがいたって、満羽たちは祖国の民衆を許せる気持ちになるかもしれません。

裏切られた悲劇の先に、満羽たちはそのような光を見つけるのかもしれませんね。

 

キングダムネタバレ最新話661話予想:満羽は裏切った王や大臣たちと戦う?

ただそれでも満羽たちは、自らの保身の身を考えていた祖国の王や大臣たちに対してはマグマのような怒りを覚えていることでしょう。

さて満羽vs祖国・汨(べき)の王や大臣たち、という戦いは今後のキングダムで描かれることになるのでしょうか?

史実では、秦は魏の後に楚を倒しています。

また満羽たちの祖国の王や大臣たちは、楚に降っていますね。

一方の満羽たち什虎の将たちはここで斬られることはなく、おそらくですが魏の支配下に置かれることになるはずです。

そして魏が秦に滅ぼされた後、什虎の将たちは秦に所属することになると仮定すると、満羽たちと祖国の王や大臣たちの所属国の流れは以下のようになります。

人物 所属国1 所属国2 所属国3 所属国4
満羽たち 汨(べき)・暦(れき) 楚・什虎
王や大臣たち 汨・暦

 

ここで表の一番右を見ると、秦vs楚の戦いで「満羽たちvs祖国の王や大臣たち」という戦いの構図ができることにはなります。

ただ王や大臣たちは戦場に出ることは通常はありません。

果たして満羽たちと裏切った祖国の王や大臣たちとの戦いは、戦場以外での形で迎えることがあるのでしょうか?

または城内戦になった時に、満羽たちが裏切った祖国の王や大臣たちと相(あい)まみえることになるのでしょうか?

満羽たちvs祖国の王や大臣、という戦いが見られるのかどうか?

この点は今後のキングダムの楽しみの一つと言えます。

 

スポンサードリンク
>

キングダムネタバレ最新話661話予想:まとめ

さてここまで、2020年11月19日発売の週刊ヤングジャンプ『キングダム』の最新話661話のネタバレ・あらすじ予想をご紹介してきました!

什虎城戦そのものはあっけない終わりを迎えましたが、内容としては深いものがあったと言えるのかもしれません。

寿胡王の語った什虎の秘密。

それは滅ぼされた小国の哀しさと共に、守りたかった民衆にまで裏切られていた辛さでした。

そのためにこれまでの満羽が満羽の中で死んでしまい、虚無を悟ったことになりましたが、寿胡王はその先に何かあって欲しいと願っていました。

人の愚かさの先に何かがあって欲しいと。

それは何なのか?

そのことはまだ661話では描かれないかもしれませんが、すでに秦に人の本質を光だと言い放つ人物が登場しています。

秦王・政―――

その秦王・政と満羽たちが出会うことで、満羽たちは人の持つ光に触れることになるのかもしれません。

または満羽たちは、流されて利用されてしまった民衆こそ本当の犠牲者であることに想いがいたり、満羽たちは裏切った民衆を許せる気持ちになるのかもしれません。

そして満羽たちが、自らの保身だけを考えていた祖国の王や大臣たちと対戦する機会に巡り合うことができれば、そこで現れる満羽たちの怒りの制裁は見る者の心を打つことのかもしれません。

さてこれからのキングダムが俄然(がぜん)楽しみになってきましたが、それではここで週刊ヤングジャンプ『キングダム』の最新話661話のネタバレ・あらすじ考察・予想を終わります!

最後まで読んでいただいて、ありがとうございました!

スポンサードリンク