キングダムネタバレ656話予想『呉鳳明の主攻と助攻とは何か?!』

kingdom-656-spoiler
スポンサードリンク

さて今回は、2020年10月8日発売の週刊ヤングジャンプ『キングダム』の最新話656話のネタバレ・あらすじの考察・予想をご紹介していきます!

654話から655話にかけてのネタバレですが、魏の馬介将軍が楚の玄右に倒されました。

そのことで魏軍は端から崩されることになり、魏軍の攻勢が弱まることに。

またこの状況を打破するのが、魏軍の最右翼に位置する狂戦士・乱美迫(らんびはく)ですが、千斗雲を抜くことができずに魏軍を助けることができなくなっていました。

しかし驚くべきは、秦の録嗚未(ろくおみ)と魏の乱美迫から挟撃を受けることになった千斗雲は、この2人を同時に相手にしても互角の戦いを演じています。

というよりもまだ千斗雲には余裕がありますので、もしかすると録嗚未と乱美迫の2人がかりでも千斗雲を倒すことは至難のワザなのかもしれません。

そして秦軍の方も蒙武軍は、什虎(じゅうこ)の総大将・満羽(まんう)の精鋭部隊の前に攻勢を弱めていて、騰(とう)軍も満羽軍の精鋭部隊が相対する項翼軍に入っていることで勢いをそがれた形になっています。

妖刀・莫邪刀(ばくやとう)を抜いた項翼。

合従軍戦以来の騰と項翼の一騎討ちが見られるかと思われた矢先、呉鳳明が戦術を変えることを決断。

まず録嗚未に伝令を送り、千斗雲を足止めさせる役割を与えました。

そして乱美迫を動かす指示を出しましたが、千斗雲との戦闘から離れた乱美迫軍は、魏軍を助けるためではなく騰軍の元へ向かいました。

ここで乱美迫軍は騰と協力して項翼軍を叩くのかと思いきや、呉鳳明の意図を察知した騰は項翼を置いてどこかに向かっていきます。

そして乱美迫軍もここから蒙武の元へと動くようです。

果たしてここから何が起こるのか?

それではここから『キングダム』の最新話655話のネタバレ・あらすじ予想、そして今後のキングダムのネタバレ予想をしていきます。

最後までお楽しみください!

 

スポンサードリンク

キングダムネタバレ656話予想:呉鳳明の主攻と助攻が明らかに?

キングダムネタバレ656話予想:主攻と助攻とは何か?

ではここから656話のネタバレ予想をしていきますが、655話では呉鳳明が主攻と助攻を作ろうとしていたことが明らかになりました。

それでは主攻と助攻と何のことなのでしょうか?

ここからまず抑えていきたいと思いますが、主攻は文字通りに「メインの攻め」であり、助攻は「おとりの攻め」と言えます。

これまでもキングダムの中では、例えば魏の著雍の戦いでは飛信隊の隊長・信を助攻(おとり)にして、主攻(メインの攻め)で呉鳳明本陣を狙ったことがありました。

また主攻はメインの攻めというだけでなく、その戦いの勝敗を決するほどの決定打を狙った攻めという意味もあります。

そのために助攻という「おとり」に敵の戦力を集中させて主攻を決めて戦の勝敗を決めに行く。

主攻と助攻にはそうした意味合いがあります。

その主攻は悟られないようにすることも重要となりますが、果たしてここで呉鳳明の主攻と助攻とは何なのでしょうか?

 

キングダムネタバレ656話予想:呉鳳明の狙いは小さな挟撃?

では呉鳳明の主攻と助攻を考えていきますが、まず考えられるのは挟撃を小さな範囲で実行することです。

秦と魏が楚軍を大きく取り囲んでいれば挟撃の形になってはいましたが、実際に挟撃を受けていたのは飛び出た形になっていた千斗雲のみ。

他では玄右軍は魏軍だけを相手にすることができていましたし(魏軍も左・右・中央に分かれた3軍と乱美迫軍がいましたが)、満羽軍は蒙武軍だけを相手にすることができていました。

ですが挟撃が小さな範囲で行われると、どうでしょうか?

例えば満羽軍に対して、蒙武軍と騰・乱美迫軍が挟撃(前と横の挟撃、または前後の挟撃)の形を取れば、満羽軍の精鋭部隊は同時に2方向の敵を相手にすることになります。

または満羽軍に対しては、正面の蒙武軍に対して、横からは騰軍、後ろからは乱美迫軍など3方向からの挟撃攻撃も考えられるかもしれません。

千斗雲は録嗚未と乱美迫の2人を相手に出来ていましたが、満羽軍の精鋭部隊が千斗雲ほどの武力を持っているとは考えづらく、2方向または3方向の敵を相手にすれば、さすがの満羽軍の精鋭部隊も「すりつぶされる」ようにも思います。

この総大将・満羽を狙う挟撃が「主攻」であり、千斗雲を足止めしている録嗚未や魏軍が「助攻」ということになるでしょうか?

こうして先に満羽軍の精鋭部隊を「すりつぶし」た上で、総大将・満羽には蒙武や騰、はたまた乱美迫が戦いを挑んで倒すという戦略を呉鳳明は描いているのかもしれません。

 

キングダムネタバレ656話予想:乱美迫たちは寿胡王の本陣を狙う?

または655話では、乱美迫や騰が蒙武の元へと向かったようでしたが、そこで蒙武と合流した上で寿胡王(じゅこおう)本陣を狙うことは考えられないでしょうか?

蒙武・騰・乱美迫。

それぞれ強力な武を誇りますので、この3人で寿胡王本陣への短期決戦を挑むことも考えられるのかもしれません。

もしかすると寿胡王本陣も強力な精鋭部隊で固められているかもしれませんが、蒙武・騰・乱美迫が3方向から挟撃する形を取れば、寿胡王本陣を守る精鋭部隊も対処がかなり難しくなるはずです。

ただそうなれば当然ながら、後方から満羽などが迫ってくるはずですので、寿胡王本陣に対しては趙短期決戦を挑む必要があることでしょう。

 

キングダムネタバレ656話予想:魏の強力な弓部隊が寿胡王を狙う?

またはここで魏軍の強力な弓部隊が登場してくるのかもしれません。

魏の中華十弓としては、「神弓(しんきゅう)」の異名を誇る馬朱離(ばしゅり)という人物がキングダムの中では存在しています。

ただ馬朱離自身はすでに前線を退いたと描かれていますので、馬朱離本人がここで登場することはないでしょう。

しかし秦の蒼源(そうげん)や楚の白麗が弓部隊を作っていますし、弓矢の素質としては中華十弓クラスの魏の人物が、馬朱離から技を受け継いでいる可能性もあると思います。

そんな弓の名手の狙いの先には、寿胡王がいるのか、それとも総大将・満羽でしょうか?

魏の呉鳳明は、助攻(おとり)と主攻を作ると655話では描かれていましたが、蒙武・騰・乱美迫が注意を引き付けるための助攻(おとり)であり、主攻はその中華十弓クラスの弓の名手という展開もあるのかもしれません。

 

スポンサードリンク

キングダムネタバレ656話予想:寿胡王(寿胡王)の実力が明らかに?

キングダムネタバレ656話予想:寿胡王、呉鳳明の戦術に対応する?

また656話では呉鳳明の戦術が功を奏して、秦・魏の連合軍の挟撃が楚軍に効き始めてくると思われます。

それまではまだ余裕の表情を見せていた寿胡王(じゅこおう)。

しかし呉鳳明の戦術が効き始めてくると、ここから大軍師と呼ばれる実力の一旦が垣間見えてくると思われます。

では寿胡王は、どのように秦・魏連合軍の挟撃に対抗するのか?

それは朱海平原での戦いでの李牧のように、挟撃には挟撃で返せとばかりに、秦の蒙毅(もうき)本陣を満羽と項翼で狙うのかもしれません。

または什虎軍の中にも弓の名手や弓部隊は存在しているかもしれず、その弓部隊による蒙武強襲策が実行に移されるかもしれません。

果たして寿胡王はどのように対応してくるのか?

この点が656話以降の見どころの一つとなってきますね。

 

キングダムネタバレ656話予想:寿胡王、什虎城に戻る?

または寿胡王は、ここから楚軍を什虎城に戻すのかもしれません。

魏の援軍が到着してから、秦・魏連合軍は秦軍5万+魏軍7万=12万。

対して楚軍は11万で、什虎城には5千の兵がのこっていますので、楚軍11.5万。

その差は5千しかなく、この戦力差であれば城で守る方が有利と言えるように思います。

「負ける戦いはしない」

それは王翦の戦いに関する考え方ですが、地味に城に戻るという選択が負けない戦いと言えるのかもしれません。

ただそれで好戦的な什虎軍の将たちが納得するのか?

この点はやや疑問が残ると言えます。

 

スポンサードリンク

キングダムネタバレ656話予想:秦からの援軍は攻城戦で現れる?

またこの紀元前235年の戦いは、以下のような記録が残っていることが分かっています。

秦が4郡の兵を発して魏を助け、楚を攻撃した

今のところ秦からは、楚の前線から蒙武軍が、魏の前線から騰軍が参戦していますので、あと2つの軍が秦から参戦してくると思われます。

そして現時点の兵力は以下のようになっています。

  • 秦・魏連合軍・・12万
  • 楚軍・・・・・・11万+什虎城5千

 

平地戦はこの兵力差のまま進んでいき、攻城戦になってから秦の2つの軍が参戦してくるのかもしれません。

それは李信の率いる飛信隊の可能性も高いと思いますが、什虎城の攻城戦で弓矢兄弟の活躍が見られるのかもしれませんね。

 

スポンサードリンク

キングダムネタバレ656話最新話予想:まとめ

それではここまで、2020年10月8日発売の週刊ヤングジャンプ『キングダム』の最新話656話のネタバレ・あらすじ予想をご紹介してきました!

655話では、魏の馬介が倒されて魏軍の攻勢が弱まるところから始まりました。

また千斗雲も録嗚未と乱美迫の2人を同時に相手をしても、余裕で互角の勝負を繰り広げるほどの武の持ち主。

少しケタ違いの強さのように思える千斗雲と、秦・魏の挟撃を無策で跳ね返そうとしている楚軍。

しかしここから呉鳳明は素早い決断を下して、乱美迫に指示を出して移動させます。

その乱美迫の行き先は魏軍や呉鳳明本陣かと思いきや、秦の騰軍であり、この騰は乱美迫到着によって呉鳳明の意図を把握。

呉鳳明の意図に合わせて騰自身も動き出します。

果たしてここからは、満羽軍に狙いを定めて挟撃を仕掛けることで、強力な精鋭部隊をすりつぶすことなどを呉鳳明は考えているのかもしれません。

ただ楚の寿胡王も呉鳳明の動きに無策であるはずはなく、大軍師の異名を誇るだけの対応策を見せることでしょう。

それは657話以降になるのかもしれませんが、続きが気になるところです。

それではここで週刊ヤングジャンプ『キングダム』の最新話656話のネタバレ・あらすじ考察・予想を終わります!

最後まで読んでいただいて、ありがとうございました!

スポンサードリンク