キングダム655話ネタバレ予想『什虎軍が魏軍を挟撃?!』

kingdom-655-spoiler
スポンサードリンク
 

さて今回は、2020年10月1日発売の週刊ヤングジャンプ『キングダム』の最新話655話のネタバレ・あらすじの考察・予想をご紹介していきます!

654話では、まず魏の呉鳳明の軍略が冴えわたります。

楚の玄右・白麗の軍に対して、素早い展開に出る魏の呉鳳明。

魏の右翼・龍范(りゅうはん)が玄右軍に突撃して玄右軍の第一陣を破ったところで、魏の中央軍・荀詠(じゅんえい)も進軍を開始。

これは荀詠の独断の判断なのでしょうか?

そこに呉鳳明は左翼の馬介(ばかい)まで突入させていきますが、これはどれが主攻なのかを悟らせないための戦術のようです。

どれか一軍が主攻になっても良し。

または三軍全てが主攻となって攻め寄せるという展開も考えられますし、一番右に陣取っている狂戦士・乱美迫(らんびはく)を突入させるという手もあり得ます。

ギリギリまで相手に狙いを悟らせない戦い方を繰り広げる呉鳳明。

ここからはその時の戦いの展開に合わせて、上記のうちで一番効率の良い方法を取るのが呉鳳明の考えている戦術でしょう。

一方の秦は、魏軍と挟撃を行いたいものの、呉鳳明の戦術展開の速さに蒙毅はついていけていない様子。

ただ秦には蒙武と騰という、個人の武で展開を変えられる存在がいます。

これを見ると騰がここに来た理由も明らかになった感がありますね。

(蒙毅が軍師となること、魏からは呉鳳明が来るであろうことを騰は昌平君から伝えられたのかもしれません。

そうすると蒙毅はまだ若いということを理由に、助太刀(すけだち)の意味で騰は参戦してきたのかもしれません。)

とはいえ攻撃を受けている側の什虎(じゅうこ)城の軍師・寿胡王(じゅこおう)は、まだ余裕の表情を見せています。

挟撃を受けるという不利な展開の中でも、什虎軍にはまだ特別な指示など必要ないと言う寿胡王。

その理由として、什虎軍のそれぞれの軍の精鋭部隊が強力で、なおかつ兵力も多いことが挙げられています。

そして什虎の3人の将軍と軍師の寿胡王は、それぞれが滅びた小国の生き残りであって、楚が武力で屈服できずに観念して生存を認めたことが明らかになりました。

それだけ強力な軍勢であるがゆえの寿胡王の余裕。

実際に654話のラストの局面では、魏の左翼・馬介が楚の玄右に倒されてしまうという展開になってしまいます。

ここから魏軍の巻き返しはあるのか?

それとも什虎軍の強さがまだ輝きを放ち続けるのか?

これからの続きが気になりますが、来週はキングダムは休載予定。

次の655話は、2020年10月1日発売の週刊ヤングジャンプに掲載予定ですが、それではここから『キングダム』の最新話655話のネタバレ・あらすじの予想、そして今後のキングダムの展開予想をしていきます。

最後までお楽しみください!

 

スポンサードリンク
 

キングダム655話ネタバレ最新話予想:什虎軍、魏軍を挟撃する?

キングダム655話ネタバレ予想:馬介は影武者?

それでは655話のネタバレ予想をしていきますが、654話では什虎軍の強さが際立ち始めましたが、魏軍も一工夫していた可能性もあるのかもしれません。

654話で戦死したかと思われた馬介(ばかい)でしたが、この馬介は影武者という可能性はないでしょうか?

これまでも呉鳳明自身が命の危険にさらされた時に、影武者がいたことで命拾いしたことがありました。

また龐煖(ほうけん)も蒙武との勝負で倒されたかと思ったのは、龐煖本人ではなく影武者でした。

とはいえこの2人ともに大物と言えますし、馬介という武将はここで初登場したキャラクター。

それほど重要キャラとは言えず、影武者を立てるほどの人物ではないとすれば、この可能性はないと言えるのかもしれません。

 

キングダム655話ネタバレ予想:乱美迫か録嗚未が戦死?

また654話での寿胡王(じゅこおう)の次の発言からは、まだしばらく什虎城の将軍たちの強さが目立つ展開が続くと予想されます。

「まだこの戦局では この什虎軍に特別な指示など必要ない」

こうなると前に出ていて魏と秦の挟撃を受けていた千斗雲も、653話ではまだ余裕の表情を見せていましたので、挟撃を受けてもなお千斗雲が乱美迫(らんびはく)や録嗚未(ろくおみ)のどちらかを討ち取る展開も考えられます。

個人的には録嗚未は、秦の中でもイジられキャラとして原先生は重宝しているので、まだ戦死させないように思います。

とはいえ魏の乱美迫がここで戦死しすると、ju秦が魏を滅ぼすことが容易な展開になります。

秦の中華統一にあたっては、敵国をそれなりに強いものにしたい意向が原先生にはあるようですので、そうなると乱美迫を戦死させるのも難しいのかもしれません。

とはいえ強力な武を持つ架空のキャラクターを登場させても良いと思いますが、果たして乱美迫と録嗚未はどちらが戦死する展開になるのでしょうか?

 

キングダム655話ネタバレ予想:玄右、千斗雲で魏軍を挟撃する?

また玄右が倒した馬介は、魏の左翼軍でした。

少し陣形を振り返ると以下のようになります。

kingdom-655-spoiler-1

(引用:キングダム)

今、玄右は左にいる馬介を倒したんですね。

そしてこのさらに右には乱美迫がいて、千斗雲と戦っていました。

この図も再掲してみます。

kingdom-655-spoiler-2

(引用:キングダム)

ここで玄右が魏の左翼の馬介を狙ったのは、魏軍の端から攻めていって挟撃の形を避けるためと思われます。

ただここで千斗雲が乱美迫を倒すと、魏の荀詠(じゅんえい)と龍范(りゅうはん)を玄右と千斗雲で挟撃することが可能になります。

とはいえ千斗雲は、まだ録嗚未とも対戦していますし、このままでは魏軍挟撃は不可能。

什虎軍が魏軍を挟撃するとすれば、千斗雲は録嗚未まで倒す必要が出てきますが、果たしてどうなるでしょうか?

もしも千斗雲が乱美迫と録嗚未の2人を倒してしまうと、さらに什虎軍の強さが際立つという展開になっていくのかもしれません。

 

スポンサードリンク
 

キングダム655話ネタバレ最新話予想:魏の呉鳳明の反撃が開始?

キングダム655話ネタバレ予想:呉鳳明、流動を使う?

またここからさらに什虎軍の強さが際立って魏軍が什虎軍から挟撃を受けることになるとすれば、ここから呉鳳明は李牧が一度使った流動をここで炸裂させるのかもしれません。

流動を使うのは本陣を守るためと言えますが、本能型の極みと言われた麃公(ひょうこう)こそ流動を見切ることができましたが、他の武将ではなかなか見切ることは難しいと思われます。

そうなると什虎軍がこの流動によって魏軍を攻めあぐねる展開になることも予想されます。

 

キングダム655話ネタバレ予想:寿胡王、流動を見切る?

とはいえ什虎の寿胡王は、大軍師という称号を得ています。

現時点では目立った指示はなく、什虎軍の強さをそのまま活かす作戦を行っていて、大軍師という片鱗は見られずにいます。

もしも呉鳳明がここから流動を使うことがあれば、それを見切るのが寿胡王という展開が見られるのかもしれません。

果たして2人の知略合戦はどちらに軍配が上がるでしょうか?

 

スポンサードリンク
>

キングダム655話ネタバレ最新話予想:什虎軍の強さが明らかに?

キングダム655話ネタバレ予想:精鋭部隊の数が多い理由が明らかに?

また655話では什虎軍の強さが明らかになることも予想されます。

まず654話では、満羽軍や玄右軍の精鋭部隊の強さも明らかになりました。

什虎軍の精鋭部隊はとてつもなく強い上に、第二陣の全てが精鋭部隊であるかのように描かれていました。

つまり精鋭部隊の数が多い。

これが什虎軍の強さの秘密だと思いますが、それではなぜ精鋭部隊の数がこれほど多いのでしょうか?

ヒントになるのは函谷関での戦いでしょうか。

函谷関の戦いでは、王騎将軍の第一軍長・録嗚未(ろくおみ)が、楚の臨武君に負けかけていました。

その時に楚の臨武君は、楚と他の国では「将軍」の意味が違うと語っています。

楚は他の国に比べて国土も広く、それゆえに人の数も違うと臨武君は言います。

楚は人の数が多いから、競争も激化する。

そのため楚の将軍は、他の国の大将軍クラスであるとも臨武君は言い放ちます。

(単行本26巻・第281話「莫邪刀」 )

什虎軍の精鋭部隊の数が多いことは、このことと関係していると思います。

要するに人口の多い楚では競争も激しいですし、将軍の数は他国とそれほど大差はない。

ですので武に自信がある人でもなかなか将軍にはなれず、精鋭部隊止まりという人が多くいるのだと思います。

それが精鋭部隊の数が多い理由と思われますし、このことが655話で明らかになると予想されます。

 

キングダム655話ネタバレ予想:什虎軍の将軍の強さも明らかに?

また654話では、什虎軍が汗明たちと戦い続けて返り討ちにしてきたことも描かれていました。

先ほど書いたように、汗明たち楚の将軍は、多い人数の競争を勝ち抜いてきた猛者(もさ)中の猛者。

そうした汗明たちを返り討ちにしたほどの武の持ち主ということは、もしかすると満羽たち什虎軍の将は、蒙武でさえ負けかねない相手と言えるのかもしれません。

そうした什虎軍の個の強さが655話では浮き彫りになり、挟撃を跳ね返すほどの勢いを見せつけるのかもしれません。

 

キングダム655話ネタバレ予想:騰vs項翼の一騎討ちが始まる?

また騰には項翼を当てるようにと寿胡王の指示がありました。

ここで函谷関の戦い同様、騰vs項翼の一騎討ちが始まることも予想されます。

函谷関の戦いの時には、臨武君を倒した騰に対して一歩も引かない戦いを披露してみせた項翼。

話の流れからすると、楚の勢いが増していきそうな展開。

この流れからすると莫邪刀(ばくやとう)を扱いながら騰に迫る項翼の姿が見られるのかもしれませんね。

 

スポンサードリンク

キングダム655話ネタバレ最新話予想:秦からの援軍がさらに到着?

キングダム655話ネタバレ予想:飛信隊が援軍に到着?

まだまだ什虎軍の強さが描かれそうな展開ですが、このままだと楚軍優勢のまま戦いが進んでいくことが予想されます。

しばらく什虎軍の強さの秘密が明らかにされていくのだと思いますが、656話以降になるかもしれませんが、ここから秦からさらに援軍が什虎城に到着することも予想されます。

この什虎城の戦いは、紀元前235年の戦い。

これは史実では以下のように記されています。

「秦が4郡の兵を発して魏を助け、楚を攻撃した。」

4郡の兵というのは4つの地域の戦力という意味だと思いますが、今の秦軍は対楚の前線にいた蒙武対魏の前線にいた騰が参戦してきています。

ですのであと2地域の軍が什虎城に向かってくるはずです。

ここから予想されるのが、対趙の前線にいた李信や蒙恬、王賁などの若き将軍たち。

あとは咸陽から昌平君が軍を興してくるでしょうか?

これで4郡の兵となります。

什虎城の将軍たちの武力がかなり強いのであれば、あとは蒙武や騰などが一騎討ちで討ち取るのか?

それとも大量の兵力をぶつけて消耗・疲労させて討ち取ることになっていくはずです。

または李信や王賁がここで将軍になって初めての武功を上げていくのか?

もしくは飛信隊の弓矢兄弟の活躍がここで見られるのか?

援軍として誰が来るのかも見ものですが、どのような展開になるのか楽しみですね♪

 

キングダム655話ネタバレ予想:昌平君、裏切りの伏線が描かれる?

または656話以降になるかもしれませんが、昌平君が咸陽の軍を興したとして、この什虎城戦に参戦してくるとすれば、ここで昌平君の裏切りの伏線が描かれることも予想されます。

史実でも最終的には、楚王として秦と戦った記録が残されている昌平君。

キングダムは史実を元に物語が進んでいきますので、昌平君が楚王になることは確実視されています。

それではどのような経緯で昌平君が秦を裏切ることになるのか?

この点はまだ不明で、楚との戦いの中で楚軍の誰かが接触を図ってくることがその要因となるのかもしれません。

それは楚の媧燐になるのでしょうか?

 

はたまた別の人物なのか?

この点も今後の見どころの一つと言えます。

 

スポンサードリンク
 

キングダム655話ネタバレ最新話予想:まとめ

それではここまで、2020年10月1日発売の週刊ヤングジャンプ『キングダム』の最新話655話のネタバレ・あらすじ予想をご紹介してきました!

654話では、魏の呉鳳明の凄さが垣間見られたものの、ここまでの什虎城戦では什虎軍の武将の強さが際立つ展開になっています。

楚はもともと武将の数も多く、それゆえ将軍になることも困難を極める地域であることが以前にキングダムの中でも描かれていました。

その上で汗明など傑出した将軍が現れていましたが、そんな楚の武将を蹴散らすほどの強さを什虎軍が秘めていたことが明らかになりました。

まだ什虎城の寿胡王(じゅこおう)は余裕の表情を見せているほどで、まだまだ什虎軍には余力があると思われます。

また玄右が魏の左翼の馬介を倒したことから、あとは千斗雲が乱美迫と録嗚未の2人を倒せば、什虎軍は魏軍を挟撃できる展開になります。

果たして乱美迫と録嗚未の運命やいかに?

続きが気になるところですが、2020年9月24日のヤングジャンプではキングダムは休載予定とのことです。

また1週空くことになりますが、それではここで週刊ヤングジャンプ『キングダム』の最新話655話のネタバレ・あらすじ考察・予想を終わります!

最後まで読んでいただいて、ありがとうございました!

スポンサードリンク