キングダムネタバレ653話予想『李信が援軍に到着する?!』

kingdom-653-spoiler
スポンサードリンク
 

それでは今回は、2020年9月10日発売の週刊ヤングジャンプ掲載漫画『キングダム』の最新話653話のネタバレ・あらすじの考察・予想をご紹介していきます!

さて652話では、項翼と白麗の楚の援軍が到着して、秦軍ピンチの様相から物語が始まりました。

項翼は臨武君の仇である騰が出陣していることから闘志をみなぎらせています。

そして白麗の遠弓隊から放たれた矢は、届かないと思われた遠い位置からの射撃を成功させており、秦軍にとってはこれも不利な展開の一つとなっています。

楚からも援軍が到着したことで兵力差が出てきた秦軍は、一旦全軍退却をして全体での立て直しを図ろうとしますが、蒙武軍を救いに行こうとした騰軍の前に楚軍の玄右が立ちはだかります。

敵の狙いを先読みして動くあたり、玄右は智略型の武将と言えるところでしょうか。

楚の軍師・寿胡王も、10のうちの1の力しか出さずに勝ってしまうと余裕の表情を見せていましたが、そこに現れたのは魏の軍勢。

これを率いるのは魏の新たな火龍となった知略型の武将・呉鳳明です。

また魏の呉鳳明から、秦の本陣に使者が送られ、秦と魏で共闘して楚軍を打ち倒すことが伝達されました。

そして魏は秦と同盟を組んだものの、その年月は三年であることも明らかになりました。

ここからの什虎(じゅうこ)城戦の展開が気になるところですが、それでは2020年9月10日発売の週刊ヤングジャンプ『キングダム』の最新話653話のネタバレ・あらすじの予想、そして今後のキングダムの展開予想をしていきます。

最後までお楽しみください!

 

スポンサードリンク
 

キングダムネタバレ653話最新話予想:呉鳳明参戦の理由が明かされる?

キングダムネタバレ653話予想:4郡の兵が明らかになる?

それではここからキングダムの653話のネタバレ予想をしていきますが、魏が同盟を組んだ理由が明らかになることが予想されます。

少し前の649話では、魏の中枢で魏王や軍師が秦からの同盟について議論をしていた場面が描かれていました。

この続きの場面として、什虎(じゅうこ)城をどうやって秦軍が落とそうとしているのか?

そんな昌平君の戦略が、文面で魏王たちの前で披露されるのかもしれません。

什虎城はこれまで多くの戦いで敵を葬ってきたため、戦いを仕掛けられることが無くなっていたほどの城。

それは什虎城という城に秘密があるというよりも、この什虎城にいる3名の将軍と1名の軍師がそのカギを握っていると思われますが、彼らを倒すための充分に練りこまれた戦略を昌平君は考えていたはず。

ちなみに今のキングダムは紀元前235年のことで、この年は以下のような記録が残されています。

「秦が4郡の兵を発して魏を助け、楚を攻撃した。」

昌平君の戦略というのは「4郡の兵」であり、おそらく秦国内部の4つの地方の軍を動員して、楚を攻撃したのだと思われます。

そこで653話では、4郡の兵とは何か?という点が明らかになると思われます。

ちなみに現時点では、以下の軍が什虎城に攻め寄せています。

  • 楚と対峙していた蒙武軍
  • 魏と対峙していた騰軍

 

ですのでここにあと2つの軍が参戦してくると思われますが、それはおそらく咸陽の軍趙と対峙している李信たちでしょう。

これだけの軍勢で攻め寄せることで、什虎城を明らかに落とせると思わせる。

いや信じさせると言うべきでしょうか。

そして魏に同盟を結ばせる展開が653話やそれ以降に描かれると予想します!

 

キングダムネタバレ653話予想:什虎城の将軍の生け捕りも条件?

また魏に同盟を結んでもらうために、昌平君は什虎城の将軍や軍師を生け捕りにすることを条件にしたかもしれません。

什虎城は城そのものが強固というよりも、その城にいる将軍3名と1名の軍師がいることで、敵を近寄せないほどの強さを発揮していることが652話で明らかになりました。

そう考えると魏が単に什虎城をもらったとしても、そこにいる強力な武将がいなければ、この城を守り抜くことは難しいのかもしれません。

そうなると魏にとって魅力的なのは、什虎城の将軍や軍師も魏軍に入ってもらうこと。

この条件を昌平君がつけていれば、魏としても秦との同盟に前のめりになることも考えられます。

しかし什虎城の将軍たちは傑出した武を見せていますので、生け捕りにすることは困難を極めると予想されます。

 

キングダムネタバレ653話予想:呉鳳明は同盟に反対?

また652話の最後の方で、秦と共闘して楚軍と戦うことに対しては、呉鳳明は「死ぬほど不本意」だと語っていました。

ですので魏が秦との同盟を結んだのも、魏王が同盟に賛成したのか、または魏の軍師の玻璃(はり)が同盟に賛成したのか。

それほど什虎城に重要性があると魏の誰かが判断したのだと思いますが、呉鳳明は秦の中華統一の思惑からは終始反対の立場を取っていたのかもしれません。

秦との同盟に賛成する勢力と、呉鳳明など秦との同盟に反対する勢力が議論している様子も、653話では描かれることも予想されますね。

 

スポンサードリンク
 

キングダムネタバレ653話最新話予想:秦・魏軍vs楚軍の戦いが展開

キングダムネタバレ653話予想:魏軍の援軍は7万?

kingdom-653-spoiler-1

(引用:キングダム)

また652話では、魏軍がどれほどの規模なのかはまだ明らかにされていませんでした。

上のコマの右上に軍勢が描かれていますが、蒙武軍は3万で満羽軍も3万。

また千斗雲や玄右は2万でしたし、騰軍は1万の軍勢を率いています。

そうすると魏軍の五角形の大きさから見ると、その規模は約7万と推測されます。

それでは兵力差を改めて見てみましょう。

  • 秦・魏連合軍:蒙武3万+騰1万+録嗚未1万+魏軍7万=合計12万
  • 楚軍:什虎城軍8万+項翼1.5万+白麗1.5万=合計11万

 

魏軍が参戦してきたことで、蒙武は何とか危機を乗り越えられそうですが、魏軍が7万ならば秦・魏の連合軍は兵力で勝ることになります。

とはいえこの後で城攻めも控えている秦・魏の連合軍。

これだけではまだ城攻めまでは難しいかもしれませんので、ここからさらに秦から援軍が到着してくると予想されます。

 

キングダムネタバレ653話予想:呉鳳明は玄右軍を狙う?

また呉鳳明は秦と共闘して楚軍をすりつぶすことを狙っています。

秦の蒙毅には、「そちらに合わせてやる故 自由に戦え」と伝えています。

またこの少し前に蒙武の退却を騰が助けようとして、その間に玄右が入っている状態になっています。

そうなると呉鳳明は、この玄右軍をすりつぶすべく軍を動かすのかもしれません。

これを避けるべく玄右は素早く行動を起こして、難を逃れるのかどうか?

ただ玄右軍が難を逃れたとしても、挟撃の形にはなると思われますので、玄右軍は不利な状況になってしまうと思われます。

 

キングダムネタバレ653話予想:寿胡王は全軍を退却させて陣形を整える?

また楚の本陣の軍師・寿胡王(じゅこおう)は、挟撃の形を避けるなら、一旦全軍を引いて陣形を整えようとするのかもしれません。

振り返ると今の陣形はこうです。

kingdom-653-spoiler-2

(引用:キングダム)

こうなると蒙武も挟撃の形になるものの、玄右が騰と呉鳳明の挟撃に合いますし、呉鳳明の軍勢は7万と多そうです。

これを避けるために以下のように陣形を整えたいのではないか?と推測されます。

蒙武3万  騰1万  呉鳳明7万

千斗雲2万 満羽3万 玄右2万

項翼と白麗はこの右側に陣取るでしょうか?

このように陣形を整えて戦うことを軍師・寿胡王は狙うと予想します!

 

キングダムネタバレ653話予想:呉鳳明は寿胡王を狙う?

しかし楚が陣形を整える前に、呉鳳明は本陣の軍師・寿胡王を狙うのかもしれません。

本陣を叩くことが出来れば、楚軍を弱体化させることが可能。

しかも本陣は1万と手薄ですし、呉鳳明は一気に本陣に攻め込んで、楚に簡単には陣形を整わせないことも考えられます。

楚の軍師・寿胡王と呉鳳明の知略のぶつかり合いが、ここから見られるのかもしれませんね。

 

スポンサードリンク
>

キングダムネタバレ653話予想:李信が援軍に到着?

キングダムネタバレ653話予想:趙の前線から援軍が到着する?

また次に援軍が来るのであれば、それは李信たちかもしれません。

趙との戦いで兵力が不足していることで、邯鄲までの攻略ができずにいた李信たち。

ここで魏と同盟を結びましたので、趙との最前線には最低限の守りの兵力をおいた上で、他の余った軍勢を什虎城に向けることが可能になったと思われます。

ですのでここから李信や蒙恬、王賁などの若手将軍が登場してくることが予想されますが、果たしてどれだけの軍勢を引き連れてくるでしょうか?

魏軍が7万とすると、現在は秦・魏連合軍がおよそ12万に対して楚軍は11万。

ここから什虎城の武将たちを倒して城攻めまで行うとすると、李信たちは3万は連れてくるのではないでしょうか?

残る咸陽からの軍勢は5万ほどでしょうか。

それで秦・魏連合軍20万に対して、楚軍10万の戦いになると予想します!

これなら確実に什虎城を攻め落とせるかもしれず、魏が同盟に納得したのもうなずける兵力と言えます。

 

キングダムネタバレ653話予想:白麗と弓矢兄弟の撃ち合いが始まる?

また飛信隊が到着すると、白麗の遠距離弓部隊と仁・淡の弓矢兄弟の撃ち合いが始まるのかもしれません。

前回の函谷関戦では、飛信隊の仁・淡の弓矢兄弟はいませんでした。

ですので楚の弓の名手・白麗がこの2人の存在を知っていなければ、仁・淡の2人の一撃目の矢が白麗の額を打ち抜く場面が描かれるかもしれません。

とはいえ戦国時代ならば、どの国も他の国同士の戦いの情報も収集していたはず。

秦が鄴を攻めた時には、お兄ちゃんの仁の弓は敵兵を撃ち抜いていましたし、弟の淡の矢は趙将・金毛を撃ち抜くことに成功しています。

ですので楚も飛信隊の中に、弓の名手がいることは知っているかもしれません。

そうすると白麗が遠目に「飛」の旗(飛信隊の旗)を目にすれば、仁・淡の弓に対して警戒を強めるかもしれません。

お互いに敵の矢の危険性は充分に熟知しているはず。

ですのでここから敵の弓の名手を序盤で葬り去るために、白麗と仁・淡の弓矢合戦が繰り広げられるのかもしれません。

 

キングダムネタバレ653話予想:弓矢兄弟は軍師・寿胡王を狙う?

また楚の什虎城の軍師・寿胡王(じゅこおう)は、戦況を見渡すために高いイスに座っています。

比較的目立つこの位置にいることで、弓矢兄弟が率いる弓部隊の格好の的と言えます。

これまでも高い位置から戦況を見渡す位置に軍師がいたこともありましたので、もしも飛信隊が什虎城戦に参戦してくれば、弓矢兄弟はいきなりこの軍師を狙い撃ちにするのかもしれません。

そして戦局を見渡して的確な指示を出すであろう寿胡王が早い段階で亡くなってしまえば、秦・魏の連合軍にとって有利な展開になることも予想されます。

果たして飛信隊は援軍に向かってくるのか?

この点が見どころになってくると言えます。

 

キングダムネタバレ653話予想:飛信隊はいきなり什虎城を攻める?

または李信が率いる飛信隊は、いきなり什虎城を攻めるのかもしれません。

今は弓矢兄弟が率いる弓部隊もいる飛信隊。

城壁の上にいる敵兵を討ち取るのは、以前に比べてやりやすくなっていることでしょう。

また什虎城を攻めていれば、満羽や千斗雲などは飛信隊に引き付けられることでしょうし、そうなると背を討つのは蒙武や騰。

李信と蒙武・騰に挟撃されるのは、かなり厳しい状況となるに違いありません。

果たして援軍に到着した飛信隊は、何を狙って動くのでしょうか?

 

スポンサードリンク

キングダムネタバレ653話最新話予想:まとめ

それではここまで、2020年9月10日発売の週刊ヤングジャンプ掲載漫画『キングダム』の最新話653話のネタバレ・あらすじ予想をご紹介してきました!

652話では、早くも魏の呉鳳明が参戦してきました。

引き返すことが難しくなっていた蒙武軍は、これで何とか息を吹き返すと思われますが、それでもまだ楚軍には余裕がありそうな様子。

また魏の軍勢がどの程度かにもよりますが、もし魏軍が7万の軍勢であれば、秦・魏連合軍12万vs楚軍11万となりますが、この後で什虎城攻めが残っていることを考えると、まだ兵力は不足していると言えます。

そして紀元前235年の出来事としては、「秦が4郡の兵を発して魏を助け、楚を攻撃した。」という記述がありますので、秦からはあと2つの地方の軍勢が什虎城に差し向けられると予想されます。

そうなって初めて秦・魏の連合軍は城攻めまで充分な兵力を有することになりますし、そうなると李信たち趙の最前線からの援軍が到着すると思われます。

またそうなると白麗と弓矢兄弟の弓の射撃合戦が始まるかもしれませんが、果たしてどのような展開が待っているでしょうか?

ここからの什虎城攻略戦の展開が気になるところですが、それではここで週刊ヤングジャンプの掲載漫画『キングダム』の最新話653話のネタバレ・あらすじ考察・予想を終わります!

最後まで読んでいただいて、ありがとうございました!

スポンサードリンク