キングダム651話ネタバレ予想『什虎城の武将の強さが明らかに?!』

kingdom-651-spoiler
スポンサードリンク
 

それでは今回は、2020年8月27日発売の週刊ヤングジャンプ掲載漫画『キングダム』の最新話651話のネタバレ・あらすじの考察・予想をご紹介していきます!

650話では、什虎(じゅうこ)城の将軍や軍師が登場。

新しいキャラクターが登場してきましたね!

裸で登場する武将もいておかしな印象を受けましたが、楚の什虎城の将軍たちは戦争が起こることを喜んでいる様子。

攻めて来る秦の蒙武を返り討ちにするべく、什虎城の将軍たちは城を出て出陣します。

そして楚の中枢では、媧燐が久しぶりの登場!

秦の蒙武が3万で進軍してきたとの情報があったものの、媧燐は対魏の最前線に張り付いている騰軍が援軍に来るのではないか?と予想。

昌平君の真の意図を見抜けていない媧燐は、しかし様子見をすることなく、什虎城に援軍を送る決断を下しています。

一方、進軍を開始した蒙武軍には、息子の蒙毅(もうき)が軍師として加入。

その蒙毅の口からは、魏は秦からの同盟に対して返答はなく、この什虎城の戦いに参加してくるかも分からない状況となっています。

そのため蒙武軍だけで攻撃をすることを思い止まるように、蒙毅は蒙武を説得。

しかし蒙武は、今日の日付を什虎攻めの日だと昌平君は魏に送ったことから、今日が開戦の日だと戦いに踏み切ります。

そんな蒙武の進軍にほくそ笑む楚の将軍たち。

果たして蒙武軍は什虎城の将軍たちと、どのような戦いを演じていくのでしょうか?

蒙武軍に勝機はあるのか?

今後の展開が気になるところですが、それではここから2020年8月27日発売の週刊ヤングジャンプ掲載漫画『キングダム』の最新話651話のネタバレ・あらすじの考察・予想、そして今後のキングダムの展開予想をご紹介していきます。

最後までお楽しみください!

 

スポンサードリンク
 

キングダムネタバレ最新651話予想:什虎城の武将の強さが明らかに?

キングダムネタバレ最新651話予想:呉鳳明が情報収集?

それではキングダムの651話のネタバレ予想をしていきますが、まず魏の動きが気になるところで、魏は情報収集のためにこの戦場に諜報部隊を放っているはず。

そこでどのような情報を得たいかと言えば、秦が魏に伝えたことが本当なのか?

この確認を魏は取りたいと考えていると思います。

実際に伝えてきた日付に、秦は什虎城を攻めるのか?

これはつまりは秦を信頼できるのか?

このことを魏は確認したいのだと思います。

それゆえ昌平君が什虎を攻めると魏に伝えた日付通りに攻めることに蒙武はこだわったはずで、この蒙武の決断がのちの戦況に大きな影響を与えることになると予想します。

ただ戦況に影響を与えるのはすぐ後の651話ではなく、その後の話になるのかもしれませんね。

 

キングダムネタバレ最新651話予想:魏が軍を動かさなかったら

ここで昌平君の意図を考えてみますが、こうまでしているのに魏が攻めてこなければ、のちに魏の非を責めることもできます。

つまり魏を滅ぼすための戦いを仕掛ける大義名分を得ることになります。

また万が一、魏が軍を動かさずに秦が敗れることになったとしても、3万という少ない軍勢であれば被害も最小限に済む。

その上、什虎城の将軍たちの能力を探るべく情報収集を行えることも大きいのかもしれません。

この辺りが昌平君の思惑の可能性があるように思います。

 

キングダムネタバレ最新651話予想:魏は什虎城戦に参戦する?

ただまだ秦が3万の軍勢で攻めているだけでは、魏は動かないと思われます。

それだけでは什虎城は攻め落とせない。

おそらくですが楚の将軍たちの能力を魏の呉鳳明も情報として知っているはずで、これでは什虎城を攻め落とすことはできないと読むはずです。

秦は本気ではない―――

そう魏が判断すれば、魏は秦との同盟をまだ受けないかもしれませんし、魏は自軍の消耗を避けるべく魏は軍を動かさないかもしれません。

 

キングダムネタバレ最新651話予想:蒙武軍は苦戦する?

また軍勢は什虎城軍8万に対して蒙武軍は3万。

さすがの蒙武軍もこのままの状態ですと苦戦を強いられることが予想されます。

力が策を凌駕(りょうが)することを見せつけたこともある蒙武ですが、什虎城の将軍たちの自信満々な様子。

そして媧燐が送った援軍。

これから騰が援軍を率いてくるのかもしれませんが、その援軍が到着するまではさすがの蒙武も苦戦を強いられると予想します!

スポンサードリンク






 

キングダムネタバレ最新651話予想:騰の援軍が間もなく到着?

また650話では、3万の軍勢では什虎城は攻め落とせないので、援軍が来るはずだと楚の媧燐(かりん)は読んでいました。

その援軍というのは、楚の最前線に陣取っている15万の蒙武軍ではなく、対魏の最前線に陣取っている騰(とう)の軍勢だと媧燐は読んでいます。

ただ魏軍が先に什虎に対して動かなければ、騰は動くことに勇気が必要になるはずです。

先に騰が動いて秦と魏の国境が手薄になってしまえば、そこから魏が秦に攻め込んでくることも考えられます。

ですので騰が動くとすれば、魏軍が動いてからのようにも思えました。

ただ魏も軍を先に動かしてしまえば、騰に魏を攻め込まれることを疑うかもしれません。

ここはどちらが先に動くのか?

そこも今後の展開の注目ポイントになりますが、秦の昌平君はここで先に騰を動かすことを魏に伝えているかもしれませんね。

魏の信頼を得るために。

ですのでここもしっかりと日付を明記した上で、騰が什虎城に向けて進軍することを魏に伝えていることも考えられます。

そして騰も蒙武と同じように、その日付にきっちりと什虎に向けて進軍を開始すると予想します。

実際に蒙毅も、半日もすれば恐らくここに騰からの援軍が到着すると言っていました。

ですのでもうしばらくすると、什虎城に騰の援軍が訪れる展開になると思われます。

 

キングダムネタバレ最新651話予想:4郡の兵とは何か?

さて騰が什虎城攻めの援軍に訪れたとしても、楚も援軍を出しています。

それで秦は勝てるのか?

ここで紀元前235年の史実での出来事を振り返ってみますが、以下のようになっています。

「秦が4郡の兵を発して魏を助け、楚を攻撃した。」

それではこの4郡の兵とは何を意味するのでしょうか?

この4つの軍隊のことなのかもしれません。

  • 対楚の最前線に陣取っていた蒙武軍
  • 対魏の最前線に陣取っていた騰軍
  • 対趙の最前線からの軍勢(李信・蒙恬・王賁の誰か)
  • 咸陽の昌平君が自ら動く

これで4郡の兵と言えるように思います。

ただ昌平君が自ら動くかはまだ分かりませんし、咸陽からは新登場の武将が什虎城攻撃に参戦するのかもしれません。

また呂不韋亡き後、咸陽は手薄にしても今は問題は無いと言えます。

そして史実に記された出来事を見ると、ここに魏も参戦してくるはずで、これだけの軍勢を揃えることができれば什虎城を落とせる可能性が出て来るのかもしれません。

 

キングダムネタバレ最新651話予想:魏は勝てる段階で参戦する?

そして秦が4郡の兵を出陣させ、その全容が明らかになれば「ここまでするのか?」

こう魏の呉鳳明も考えるようになるはずですし、ここに呉鳳明自らが魏軍を率いて参戦すれば什虎城を取れる。

呉鳳明がそう判断すれば、魏は什虎城攻めに参戦するのかもしれません。

魏とすれば勝てる段階で参戦しても問題ないわけで、秦の領土よりも什虎城は魅力的な城であるとも思われます。

さて魏の呉鳳明が参戦するのはいつになるのでしょうか?

 

キングダムネタバレ最新651話予想:実は紀元前235年の戦いではない?

またはこの秦と楚の戦いは、史実に記載されている紀元前235年の戦いではないことも予想されます!

つまり秦が什虎城を攻め落とそうとする戦いは、「秦が4郡の兵を発して魏を助け、楚を攻撃した。」という戦いの前哨戦ということは考えられないでしょうか?

この戦いは紀元前235年の上記の戦いの伏線だった。

そんな展開も非常に興味がそそられる展開と言えます。

 

スポンサードリンク
 

キングダムネタバレ最新話651話予想:什虎城の武将の強さとは何か?

キングダムネタバレ最新651話予想:本能型の武将を知略の軍師が操る!

また651話では、什虎城の武将たちの強さが明らかになると予想されます!

武力優れた蒙武の戦いを見ても、余裕が見られる什虎城の将軍たち。

彼らはどのような強さを秘めているというのでしょうか?

ここで少し本能型と知略型という武将の型を考えてみたいと思いますが、知略型の武将は本能型の武将の行動が読めないこともありますし、逆に本能型の武将は知略型の武将の策を見切っているわけではありません。

ですのでどちらが強いか?という問題は、王騎が永遠の題目と語ったほど難しい問題です。

>>キングダム本能型と知略型はどちらが強い?<<
 

ただ李牧は一つの最強の軍の姿を示していました。

元々は知略型の李牧軍の中に、本能型の戦い方を解き明かした上で、自分の軍隊に叩き込みました。

知略型+本能型の混合型。

この李牧軍を秦の名将・王翦(おうせん)は打ち破ることになりますが、おそらく他の武将では対応が難しかったことだと思います。

これと同じような知略+本能の混合軍が、什虎城の将軍たちの強さなのではないか?と予想します!

まず一つには、什虎城の3名の満羽(まんう)・千斗雲(せんとうん)・玄右(げんう)の武将が全て本能型の武将であり、それを軍師の寿胡王(じゅこおう)が知略で操る。

敵が本能型であれば、軍師の寿胡王が知略で3人の武将を操る。

また敵が知略型であれば、本能型の3人の武将に本能のままに攻めさせて翻弄する。

こうした形で知略型+本能型の混合軍を、什虎城の4人は形成しているのかもしれません。

 

キングダムネタバレ最新651話予想:本能型の武将が知略を兼ね備えている!

または什虎城の3人の武将が本能型の武将であり、なおかつ深い知略をたたえているというケースもあるかもしれません。

李牧は知略に本能を叩き込みました。

逆に元々は本能型である3人の将軍たちはここに知略を叩き込んだ軍勢を実現させているのかもしれません。

これも知略型+本能型の一つのパターンと言えると思います。

 

キングダムネタバレ最新651話予想:本能型の第三の型が登場?

または什虎城の3人の武将が本能型の武将であり、なおかつ第三の本能型の武将として登場してくるのかもしれません。

本能型の武将としては、今のところキングダムでは2パターンが登場しています。

  • 獅子のように獲物を見つければ獰猛(どうもう)に襲いかかる麃公タイプ
  • 蜘蛛(くも)のようにからみつくような罠をしかけ、自らはただひたすら獲物が飛び込んでくるのを待つ慶舎タイプ

ここでどのようなタイプの本能型の武将が出て来るのか分かりませんが、ここで第三の本能型の武将が出て来る展開も非常に興味がそそられる展開と言えます。

 

スポンサードリンク
>

キングダムネタバレ最新話651話予想考察:まとめ

それではここまで、2020年8月27日発売の週刊ヤングジャンプ掲載漫画『キングダム』の最新話651話のネタバレ・あらすじ予想をご紹介してきました!

第650話では、まだ魏は秦との同盟に踏み込んでいないことが明らかになりました。

また蒙武将軍は、昌平君が魏に什虎城を攻めると伝えた日付こそ重要と、開戦に踏み切ります。

序盤こそ優勢に戦いを進めているように見える蒙武将軍。

しかし自信ありげな楚の将軍たちの様子や、媧燐から送られた援軍があることを考えると、このままでは蒙武軍は苦戦をまぬがれなくなることが、次の651話では描かれるのではないでしょうか?

そこに騰の援軍が到着するのかどうか?

魏はどう判断してくるのか?

昌平君の思惑や呉鳳明の判断は?

4郡の兵とは何か?

また自信満々な什虎城の将軍たちの強さとは何か?

この辺りが次の展開として気になるところですが、それではここで週刊ヤングジャンプの掲載漫画『キングダム』の最新話651話のネタバレ・あらすじ考察・予想を終わります!

最後まで読んでいただいて、ありがとうございました!

スポンサードリンク