キングダムネタバレ648話最新話『呂不韋謀反!動かすのは軍でなく人の欲?!』

kingdom-648-spoiler
スポンサードリンク

さて今回は、2020年7月16日発売の週刊ヤングジャンプ掲載漫画『キングダム』の最新話648話のネタバレ・あらすじの考察・予想をご紹介していきます!

647話では、カイネの可愛い姿が見られましたね♪

落ち込んだ李牧の後ろから抱きついてしまったカイネ!

そのことを照れて李牧の元を去ってしまいますが、それを後悔するカイネの姿も。

何とも微笑ましい光景ですが、舜水樹(しゅんすいじゅ)や傅抵(ふてい)、馬南慈(ばなんじ)が集まり、話は今後の李牧たちの行動に移っていきます。

舜水樹は言います。

一つは投降してしまい断罪されるというもの。

二つ目はこのまま逃走を続けるというもの。

三つ目は邯鄲に攻め込んで新王と郭開を抹殺。そして嘉(か)を王位につけるというもの。

その三つ目の選択肢の変化形として、邯鄲を攻め落として李牧が新王朝を開く、という選択肢も舜水樹は披露します。

舜水樹は過激な一面があるかもしれませんが、舜水樹の望みは李牧が王になることだったのかもしれませんね。

そして李牧たちの城は包囲されている中、李牧は三大天候補の司馬尚(しばしょう)のいる青歌(せいか)に行きたいと言います。

今の何倍もの力になって復帰して趙のために尽くすことを李牧は考えているようです。

そして年が変わり、紀元前235年。

舞台は秦に移り、呂不韋(りょふい)の動向に注目が注がれるようになります。

呂不韋の元に秦の朝廷をおびやかすほどの大勢力が集うようになっていき、肆氏(しし)は呂不韋の命を奪うべきという話をすることになります。

ここから秦王・政が呂不韋に会うようですが、それではここから2020年7月16日発売の週刊ヤングジャンプ掲載漫画『キングダム』の最新話648話のネタバレ・あらすじの考察・予想、そして今後のキングダムの展開予想をご紹介していきます。

最後までお楽しみください!

 

スポンサードリンク

キングダムネタバレ648話最新話予想

呂不韋の命を奪う理由は?

さて648話の予想をしていきますが、647話のラストでは呂不韋に注目が注がれていました。

肆氏(しし)の口から語られたのは、呂不韋の元に人が集まっていること。

その人物たちとは、過去に呂不韋陣営と争っていた竭氏(けつし)の残党、嫪毐(ろうあい)毐国(あいこく)の残党、そして政争に敗れた呂不韋派の残党。

それは現政権からはじき出された人たちのうごめきです。

そして647話で肆氏が言う「そうならぬようずっと以前から水面下で手を打ち続けていた」

しかし「もはや限界 根本を断つ時が来た」

”そうならぬ”ようにするためには「呂不韋の命を奪う」必要がある。

そこから考えられる「そうならぬよう」というのは、呂不韋謀反のことを指していると思われます。

呂不韋は謀反を起こすのかどうか?

それを確かめるためか、秦王・政と呂不韋の対談が648話で描かれることは間違いないようです。

 

秦王・政と呂不韋は何を話す?

kingdom-sikaku

(引用:キングダム)

では秦王・政と呂不韋は何を話すのでしょうか

秦王・政が呂不韋と会う目的としては、呂不韋の謀反の可能性を探ることが挙げられると思います。

また王であれば、諜報部隊や刺客を活用することは当然と言えば当然。

上記の写真は、嫪毐(ろうあい)と太后の間に子供が生まれているのを朱凶らしき刺客が探っていて、ムタと同じベッサ族と見られる刺客がその朱凶を吹き矢で抹殺している時のことです。

(単行本37巻 第403話「太后の狙い」)

この時は誰が朱凶を雇って、誰がベッサ族を雇っていたのか?

それは定かではありませんが、ベッサ族は信と政を狙って現れたことがありましたので、秦王・政の陣営ではない勢力が雇っていたと見るべきでしょう。

それはともかくこのような刺客が情報収集も行っていると考えると、こうした人材も政の護衛を装(よそお)って、政と呂不韋との会談に同行するのかもしれません。

また呂不韋は秦王・政が訪れるとなると、このことを祝って数日は宴を催すことも考えられますし、この数日のうちに政の資格たちは情報収集のために動き出すのかもしれません。

はたまた政は呂不韋殺害を考えて、刺客を同行されるのか―――

しかしキングダムの中では秦王・政は光ある王として描かれていますので、その可能性はほとんどないのかもしれません。

 

呂不韋が刺客を放つ?

または相手を殺害するために刺客を放つなら、それは呂不韋側なのかもしれませんね。

秦王・政の殺害に成功した場合、おそらく呂不韋はその犯人を別の人間を仕立て上げることでしょう。

そして秦王を殺害した逆賊と言える犯人を、呂不韋陣営が捕らえて殺害。

そうなると呂不韋は秦王の仇を討った人物として、再度中央への返り咲きが可能になるという絵を描いているのかもしれません。

それは呂不韋の元に集まってきた人物の誰かが、呂不韋の耳元でささやいたことなのか?

そして放たれるのはベッサ族なのか、朱凶なのか、それとも号馬など別の刺客集団なのか?

呂不韋側の刺客と政側の刺客の、裏で起こった争いが648話では描かれるのかもしれません。

スポンサードリンク






 

呂不韋と政は天下に関する話をしない?

また政と呂不韋は、以前に天下について語り合ったことがありました。

ご存知の通り、政は武力での中華統一を目指しています。

一方の呂不韋は戦争は無くならないものと考え、秦なくして経済の回らない世の中を目指して、お金や豊かさで全体を包み込むという中華の統治を考えていました。

この呂不韋の考えの根底には、人の世から「戦争はなくなることはない」―――

そんな考えが横たわっていました。

また呂不韋の頭には戦争は人の本質の表れであり、人の世の営みの一部であるという考えがあったわけです。

しかし政は呂不韋のこの考えに「否(いな)」を突きつけます。

政は凶悪性や醜悪さを持つのも人の持つ側面であることは認めつつ、しかしそれは決して人の本質ではないと言い切ります。

そして戦争がなくならないと思い込むこと。

それは「人へのあきらめだ!」と喝破(かっぱ:物事の本質を明言すること)します。

そして政は人の持つ本質が光であることを明言することになっていきます。

その後、この議論が終わった後で、呂不韋はお互いの出発地、前提とするものが違いすぎるため、語り合っても結論に至らないだろうと告げることになります。

(単行本39巻 第423話「天下の起源」~単行本40巻 第427話「決意の言葉」)

そうなると、ここで政と呂不韋が天下について語ることはないと思われます。

 

呂不韋の人間の大きさが描かれる?

kingdom-648-spoiler-ryohui

(引用:キングダム)

また気になるのが、以前にキングダムの中で描かれていた上記の場面。

長年付き従っていた昌平君でさえも理解できていないという呂不韋の底の知れない器。

この呂不韋の器の大きさが、648話以降で描かれていくようにも思います。

(単行本39巻 第421話「二の舞」)

要するに上記の場面が呂不韋の器の大きさを伺わせる伏線で、この伏線が今後の展開で回収されるというところですね。

しかし呂不韋という人物の大きさがどのように描かれるのか?

この点はのちほど書くことにしますが、これまでのキングダムにヒントがあったと言えます。

 

スポンサードリンク

呂不韋謀反!味方する武将は誰?

王翦が呂不韋の味方になる?

また呂不韋が謀反を起こすとすれば軍が必要になるはずですが、どの武将が呂不韋陣営に味方するでしょうか?

一つ考えられるのは、自身も王になりたいと願う王翦(おうせん)。

この王翦に呂不韋が近づくことが考えられます。

しかし史実での王翦(おうせん)は裏切ることなく、秦の将軍として中華統一に貢献しています。

ですので個人的には、キングダムの中でも王翦が政を裏切ることはないと思います。

また王翦が呂不韋陣営の味方につかない理由としては、王翦は負ける戦は興味を持っていませんので、呂不韋敗北と王翦が読めば、王翦は呂不韋陣営の味方につくことはないと思われます。

呂不韋敗北と王翦が読むのは、もしかすると信が政に付いているから、なのかもしれません。

敵の決め手をことごとく粉砕することのある信。

あの龐煖(おうけん)を倒した今、信を敵に回すと厄介であることを王翦は認識しているかもしれませんね。

 

樊於期が呂不韋陣営の味方につく?

または嫪毐(ろうあい)反乱の時に反乱軍を指揮した樊於期(はんおき)が、ここでも呂不韋陣営に加担していくでしょうか?

嫪毐(ろうあい)の反乱の時には、樊於期は息子の樊琉機(はんるき)が処刑されたのを目に焼き付けていました。

つまり樊於期はこの時には処刑されずに生き残っています。

息子の恨みを抱えた樊於期(逆恨(さかうら)みには違いありませんが)が、ここで再び呂不韋と手を組むことを考える。

しかし樊於期だけでは、秦の名だたる名将たちと戦うには心もとなさがあるはず。

それでは呂不韋はどの武将を手なずけようとするでしょうか?

 

呂氏四柱の蒙武が味方に?

考えられるのは呂氏四柱として呂不韋を支えてきた蒙武が、呂不韋謀反の時に呂不韋側につく。

そういう展開は考えられますが、しかし蒙武は当初六大将軍の復活を秦王・政に上奏した時にこう言っていました。

見くびるな

俺の生き様に謀反などと下らぬものはない

蒙武のこの発言を素直に受け止めれば、蒙武は秦王・政に対して謀反をすることはなく、ゆえに呂不韋の謀反に加担することはないと考えられます。

秦は鄴攻めを成功させて領土拡大に成功しており、勢いづいている状態でもあります。

普通に考えれば秦の武将がここで秦を裏切ることは考えにくいのかもしれません。

そうすると呂不韋はどうやって謀反を起こすのでしょうか?

スポンサードリンク






 
 

楚の武将を手なずける?

呂不韋が接近を図るのは、何も秦国内の武将とは限らないかもしれません。

秦と敵対する国にとっても、中華統一を公言している政がいなくなるのは好都合。

ついでに秦の領土をもらうことができるのであれば、楚や魏、趙など諸国の武将が呂不韋と手を結んでも不思議はないと言えます。

楚の媧燐(かりん)がその話に乗るのか?

それとも魏の呉鳳明(ごほうめい)が呂不韋と手を結ぶのか?

各国と連携するかもしれない呂不韋の動きも今後の注目ポイントですね。

 

呂不韋が動かすのは軍ではなく人の欲?

または呂不韋は軍を動かして謀反を起こす、という方法を取らないのかもしれません。

この伏線になるかもしれない話が、以前にキングダムの中で描かれていました。

私が気になるのは、政と呂不韋が天下について語り合っている時、その途中で呂不韋は師匠の人物と語り合っている回想シーンがありました。

その中で呂不韋はこう言います。

御すのは金でなく人の”欲望”です

金を使って”欲望”を操り 国を大きくするのです

そして呂不韋は政との問答の中で、秦を最も富に満ちた国に成長することを目指しており、その結果として秦なくして経済の回らぬ世にすることを目指していました。

これを呂不韋は河南の地で実践に移そうとする―――

つまり呂不韋なくして秦の経済が回らないようにしてしまう。

これが呂不韋の謀反のやり方なのかもしれません。

ただしかし、この方法が呂不韋の謀反であれば、呂不韋が何をしていても簡単にはそれが謀反だとは気づかれないように思います。

それを肆氏は見抜いて政に報告をしたのか?

この点は疑問と言えますが、この方法が呂不韋の謀反の姿であるなら、それは呂不韋の器の大きさと感じさせるかもしれませんね。

 

スポンサードリンク

紀元前235年の出来事とは?

keika-kingdom-assassination-4

(引用:photoAC)

また年が変わって紀元前235年。

この年には中華の驚く予想外の戦いが三国間で起こると647話では記されていました。

この三国間の予想外の戦いとは何か?

記録には秦が魏を助けて、楚を攻撃したと残されています。

どのような経緯でそうした展開が訪れるのか?

この点が見どころになっていきますが、例えば楚と魏の間で何か揉め事が発生。

その時に秦は軍総司令の昌平君の考えなのかもしれませんが、楚の弱体化を図るために、魏を助けて楚を攻撃するという展開があるのかもしれません。

その他の展開も考えられるのかもしれませんが、秦は秦にとって得をする方を正確に選んだ。

その結果として秦は魏を助けて楚を攻撃する、という展開になるのかもしれません。

 

スポンサードリンク

司馬尚登場か?

本能型の武将として登場か?

または秦側から趙側に再び舞台が戻るとすると、司馬尚がようやく登場することも考えられますね♪

髪型の雰囲気からするとハンサムに描かれることでしょうが(ハンサムって古い!)、どのような姿でどのような能力なのかは興味深いところ。

また武将のタイプとしては知略型と本能型がキングダムでは描かれていますが、第一印象だと知略型に思える司馬尚が本能型の武将として描かれると意外性が高まる気がします。

さて司馬尚がどのような武将としてのキャラ設定なのか?

今後の展開が楽しみですね♪

 

李牧との話し合いで決まるのは何?

また司馬尚と李牧はどのような話し合いがなされるでしょうか?

まず中央嫌いの司馬尚は、王族のドロドロした戦いに対して、だから「中央は嫌なのだ」

そんな話をするのかもしれません。

また趙の中央では、ここから遷が趙王になって郭開が実権を握ることになります。

郭開が李牧から聞いた戦略を実行に移してその効果が出ている間は、李牧たちが中央に戻されるという展開にはならないはず。

そうなると李牧が雌伏(しふく:実力を養いながら活躍の機会を伺う)すると言っていたように、しばらく司馬尚のいる青歌に滞在して、情報収集しながら練兵を続けていくのだと思われます。

まさかここで李牧と司馬尚が他国とつながりを持とうとするか?

趙に対して愛着の深い李牧であれば、ここで他国の助けを借りることは考えにくいところですが、もしも李牧たちが他国とのつながりを持つという展開になっていけば、史実通りに「李牧・司馬尚に謀反の疑いあり」という展開につながってしまうと思われます。

さてここからどんな展開になるのか?

興味深いところです。

 

趙王の即位式が描かれる?

または次の648話ではないかもしれませんが、趙王に遷(せん)が即位する式典が行われるかもしれませんね。

新たに王となる遷は即位してから幽繆王(ゆうぼくおう)と呼ばれることになりますが、この豪華な即位式の様子と得意げな郭開がそこに描かれると予想します。

ここに遷の母親である江姫(こうひ)も登場して、ほくそ笑む姿も描かれるかもしれません。

そしてその笑みは、悼襄王を上手く殺害できたという笑みであることが描かれるのかもしれません。

 

悼襄王毒殺の犯人が明かされる?

また悼襄王が毒殺だったのか?

そして毒殺であれば犯人は誰なのか?

この点がそろそろ明らかになっても良い頃合いだとは思います。

個人的には悼襄王の夫人で、遷(せん)の母親である江姫(こうひ)が犯人なのではないか?と予想しています。

悼襄王が亡くなって得をするのは誰なのか?

この点から考えていくと、自分の子供である遷(せん)が次の王になることを知っていれば、悼襄王を亡き者にすることは自分の子が王になる早道です。

そして自分の子供が王になれば、後宮での自らの地位も高まって威張り散らすこともできるでしょう。

権力欲に取りつかれた人であれば、その自らの欲望を満たすために手段は選ばないのかもしれません。

 

スポンサードリンク

まとめ

さてここまで、2020年7月16日発売の週刊ヤングジャンプ掲載漫画『キングダム』の最新話648話のネタバレ・あらすじ考察・予想をご紹介してきました!

647話では消耗していた李牧も、カイネのおかげなのか精神的に復調の兆しが。

そこから舜水樹や傅抵、馬南慈と合流して、李牧は司馬尚のいる青歌を目指して逃亡を続けることを決断。

気たるべき趙のピンチに備えて、李牧一派は雌伏の時を過ごす決断を下すことになります。

そして舞台は秦に移り、呂不韋の不穏な情勢が伝えられます。

呂不韋に謀反の疑いあり。

647話では「明確に」ではありませんでしたが、史実に記録が残されているように呂不韋に謀反の気配があることが肆氏の口から伝えられることになります。

そこで秦王・政がじきじきに呂不韋に会いに行こうとするところで647話は終わりましたが、政と呂不韋はどのような話し合いが行われるでしょうか?

またどちらの陣営も刺客を使った情報収集を行うはずで、殺害のための刺客を放つことからそれぞれの刺客同士の戦いが描かれることも予想されます。

そして呂不韋が謀反を起こすなら、呂不韋側につくのはどの武将なのか?

ここも気になるところですが、自らが王になりたいという王翦を呂不韋が誘うこともあり得ると思いますが、負ける戦には興味のない王翦ですので、ここに至っては政陣営が強いと判断して、呂不韋側では戦わないことも考えられます。

その他、諸国との連携も呂不韋は模索するはずですが、楚の媧燐や魏の呉鳳明、または史実にその記録が残されている楚の項燕(こうえん)将軍が出て来るのか?

または呂不韋の謀反の姿は、軍勢によるものではなく、お金で人の欲望を操ること。

そして呂不韋なくしては経済の回らない世の中にすることなのかもしれません。

これが実際にキングダムの中で描かれるとすると、どのような描写になっていくのか?

非常に興味の尽きない展開のように思います。

次号の648話を早く見たいと思いますが、それではここで週刊ヤングジャンプの掲載漫画『キングダム』の最新話648話のネタバレ・あらすじ考察・予想を終わります!

最後まで読んでいただいて、ありがとうございました!

スポンサードリンク