キングダムネタバレ647話最新話予想『遷と江姫の愚かな人間性が明らかに?!』

kingdom-647-spoiler
スポンサードリンク
 

さて今回は、2020年7月9日発売の週刊ヤングジャンプ掲載漫画『キングダム』の最新話647話のネタバレ・あらすじの考察・予想をご紹介していきます!

646話では、悼襄王(とうじょうおう)の遺言が本物なのか?

それが疑われているところからスタートしていきますが、郭開たち趙王・遷(せん)の一派の動きは素早いものがありました。

刺客を放って嘉や李牧の殺害を狙う。

李牧には多額の褒賞金が賭けられていたようです。

しかし李牧は単なる軍師にあらず。

李牧は信の刃を跳ね返すほどの武の持ち主でもあります。

そんな李牧は何とか嘉を救うべく、嘉の逃走戦略を実行に移していきますが、嘉は趙の未来に絶望していました。

そして李牧も疲れの色を見せる中で、李牧は何を思ったか?

もしかすると朱海平原の戦いでの王翦(おうせん)の「私と一緒に来い」という言葉を思い出していたのかもしれません。

さてここからの展開が見ものですが、それではここから2020年7月9日発売の週刊ヤングジャンプ掲載漫画『キングダム』の最新話647話のネタバレ・あらすじの考察・予想、そして今後のキングダムの展開予想をご紹介していきます。

最後までお楽しみください!

 

スポンサードリンク
 

キングダムネタバレ647話最新話予想

李牧は自殺をほのめかす?

では647話の予想をしていきますが、646話のラストでの李牧の落ち込みぶりはかなりのものがありました。

嘉の王位継承はもう無理だと李牧は予想。

嘉が王位につきさえすれば、趙に光がもたらされると考えていた李牧にとって、こうした展開になると李牧の気持ちはなかなか立ち直れないかもしれません。

そうなると李牧は自害することさえ頭をよぎることも予想されます。

そんな気持ちを吐露(とろ)する李牧。

必死に止めようとするカイネ。

そんな図式が647話で描かれる可能性もあるのかもしれません。

 

李牧が向かうのは雁門?

またここから李牧がどこに向かうのか?

この点が647話で明らかになることも考えられますね。

李牧は史実では、元々は北方の匈奴(きょうど)という異民族との戦いで名をはせた将軍でした。

そこから秦との戦いにおいて李牧に白羽の矢が立って、桓騎を敗走させるに至ります。

 

そこから考えると、李牧は再び匈奴との戦いの地である雁門(がんもん)まで戻ることも予想されます。

そうして郭開(かくかい)たちが秦との戦いで歯が立たなくなった時に、李牧は再び表舞台に登場してくると予想します。

それまで李牧は趙国内で日の目を浴びない形で過ごしていくのかもしれません。

 

雁門で傅抵や馬南慈たちと今後を話し合う?

また雁門まで戻って、李牧に付き従ってきた将たちと今後を話し合うことが予想されます。

李牧・嘉の邯鄲(かんたん)脱出作戦では、傅抵や馬南慈も協力していました。

他にも舜水樹も李牧救出をしようとしており、この3人と李牧が合流して次の展開を模索するということが考えられます。

ただ遷が趙王になり、その庇護者(ひごしゃ)となったのは奸臣(かんしん:邪悪な家来)・郭開。

王宮がこの体制では、李牧達にできることは限られてくることが予想されます。

 

李牧は青歌に向かう?

または李牧は青歌(せいか)に向かうかもしれません。

なぜ青歌なのか?

ご存知の方も多いと思いますが、この城には趙の三大天候補である司馬尚がいます。

その司馬尚と李牧はおそらく気が合う仲だと思いますが、そんな気の合う司馬尚に李牧は会いたくなった。

それだけ李牧でも、どっと疲れの出る展開だったと思われます。

ただ司馬尚と会ったとしても、玉璽(ぎょくじ:王の印章)を郭開たちに抑えられている中で、情勢を挽回することはたやすいことではないはず。

ただしかし李牧の心には、司馬尚に会うことで一筋の光が見えてくるのかもしれませんね。

 

李牧とカイネの恋愛が始まる?

また疲れの見えた李牧を支えるカイネを見ていると、この2人の恋愛が始まって欲しいな、なんて思います。

雁門にいた時には、ケンカばかりだったという李牧とカイネ。

しかし李牧を慕うカイネは、戦場でも李牧の身近で李牧を守っていましたし、李牧が牢獄から救出された時にも真っ先に李牧に向かって行きました。

そして今回も李牧の顔にも絶望や疲労の色が見え隠れして、カイネにそばに居て欲しいと伝える李牧。

ここから惹かれ合う二人の熱い口づけが描かれるのかどうか?

展開的にはまだ先のような気もしますが、少し期待したいところです♪

 

スポンサードリンク
 

遷の人間性が明らかに?

遷と母親・江姫の人間性が描かれる?

また647話では、遷(せん)と母親の江姫(こうひ)の人間性が描かれると予想します!

遷は645話の登場の時にも、他人を裸にして目隠しをした状態でその上に乗るという行為を見せていました。

それはおよそ王としてはふさわしくない登場の仕方で、これからの趙に垂れ込めるであろう暗雲を示すには充分でした。

また645話のラストでも、遷の行いが悪かったことが史記に記載されていることも描かれていました。

そして646話では遷について嘉は、「父王を越える暗君になるであろうあの遷」とまで酷評しています。

それでは遷はどのような人物なのか?

この点は647話以降の注目ポイントの一つと言えます。

また遷の母親である江姫の人間性も、647話以降のどこかで描かれることが予想されます。

この遷の母親である悼倡后(とうしょうこう)は、史実では最初に嫁いだ相手の家族を混乱させて離婚させられるという問題も起こしています。

またこの悼倡后は、父親の悼襄王の兄の春平侯と男女の関係になったこと、そして秦からワイロを受け取っていたことも判明していくことになります。

それは李牧殺害の紀元前229年のことと記録されていますが、そこに至る伏線になるような江姫の人間性が647話以降で描かれると予想します!

 

悼襄王毒殺の首謀者は江姫?

また悼倡后の人間性が明らかになるその時、夫だった悼襄王の毒殺の首謀者として描かれる可能性があるのかもしれません。

自分の息子を早く次の王にしたかった。

もしも悼倡后が悼襄王毒殺の犯人だとすれば、その辺りの理由が考えられますが、夫の悼襄王の兄である春平君との関係が悼襄王にバレそうになったために毒殺に及んだ―――

そんな可能性もあるのかもしれませんね。

いずれにせよ江姫は遷の母であるだけに、優れた人間性を望むべくもなく、悪い意味でさすがに遷の母親だと納得されるような人間性が描かれると予想します。

しかしああ何ということか。

趙にとって最悪の展開が待っていたという結末には、さすがに同情したくなりますね。

 

スポンサードリンク
>

邯鄲軍の北上と共に秦軍が動く?

王翦が邯鄲攻撃を開始する?

また李牧一派を追うために王都・邯鄲軍が北上すると、その空白をとらえて秦軍が侵攻を開始する展開もあり得ると思います。

太子・嘉が実権を握ってから、李牧の言(げん)によって邯鄲軍を動かした太子・嘉。

その様子を見た王翦(おうせん)たちは、趙の攻略の戦略を練り直すことを迫られることになりました。

しかし再び様子は変わり、趙の邯鄲軍が秦軍の前から姿を消す事態になれば、再び王翦たち秦軍にとってはチャンス到来。

次の趙王となった遷の人となりが647話で描かれていき、この様子が王翦たちに伝わると、趙は滅びの道に進むと王翦は予想。

ここから再び王翦は邯鄲攻略の絵図を描くのかもしれません。

 

昌平君も邯鄲戦略の絵図を描き始める?

また咸陽にいる昌平君も忙しくて邯鄲攻略の戦略を練ることができない状態でしたが、この趙の混乱が伝わると他の用事は差し置いて邯鄲攻略を考え始めるかもしれません。

趙を単独で攻撃するのか、または合従軍を起こすのか・・・

趙と接しているのは魏・斉・燕がありますが、この3か国と合同で趙を攻める。

こうした構想を組み立てて、各国との連携を図り始める昌平君。

趙はこれに対抗するよりも李牧や嘉を亡き者にしようとする内乱を続けていれば、あるいは趙は一気に滅亡への道を進んでいくのかもしれません。

 

スポンサードリンク

まとめ

さてここまで、2020年7月9日発売の週刊ヤングジャンプ掲載漫画『キングダム』の最新話647話のネタバレ・あらすじ考察・予想をご紹介してきました!

646話では嘉や李牧を襲うべく、遷・郭開陣営が刺客を放っていたことから描かれていました。

しかし李牧も優れた武勇の持ち主でもあり、嘉を李牧の知人が納めている城に連れ出すことに成功します。

そこから李牧は後方にいた馬南慈たちと合流しましたが、太子であった嘉も絶望し、王族の愚かさを李牧にわびるに至ります。

嘉も絶望し、疲労の色の濃い李牧。

そんな李牧はまずどこに向かうのか?を予想すると、この地で戦いに身を投じる必要に迫られるかもしれませんが、李牧が元々いた雁門(がんもん)という土地に移動することが予想されます。

そこに馬南慈や舜水樹たちと共に移動すると思いますが、意外な展開としてはここで李牧が司馬尚に会いに行くという展開も考えられるのかもしれません。

そして李牧と司馬尚が組めば、もしかすると何とか遷・郭開陣営に張り合える可能性も出てくることも予想されます。

また、まだ詳しくは描かれていない遷の人間性も647話で描かれると予想します!

その時には遷の母親である江姫(こうひ)の人間性も明らかになると思いますが、江姫が悼襄王殺害の黒幕であることも647話以降で明かされるのかもしれません。

次の展開が待ち遠しい限りですが、それではここで週刊ヤングジャンプの掲載漫画『キングダム』の最新話647話のネタバレ・あらすじ考察・予想を終わります!

最後まで読んでいただいて、ありがとうございました!

スポンサードリンク