キングダムネタバレ646話最新話予想『呂不韋が謀反を起こすのか?!』

kingdom-646-spoiler
スポンサードリンク

さて今回は、2020年7月2日発売の週刊ヤングジャンプ掲載漫画『キングダム』の最新話646話のネタバレ・あらすじの考察・予想をご紹介していきます!

645話では李牧処刑が間近に迫った中、王翦(おうせん)が各将軍を呼んで邯鄲攻略の作戦を伝えようとする場面から始まりました。

そこに密偵からの報(しら)せが届くことになります。

李牧が処刑されたかと思いきや、しかし伝えられたのは悼襄王の休止の報せ。

一方、趙の邯鄲(かんたん)では悼襄王が毒殺されたのでは?ということになり、李牧一派に疑いのまなざしが向けられることになります。

そこで郭開(かくかい)は、李牧派を全員捕らえて拷問して白状させようと試みますが、王の近衛兵は郭開の言うことに耳を貸しません。

王の近衛兵が仕えるべき相手は王であって、郭開お前ではない。

そんな態度で郭開の指示を突っぱねる王の近衛兵。

そして現れたのは太子・嘉(か)。

これまでも趙に光をもたらすであろう名君の予感がバリバリだった嘉が現れ、手始めに地下牢に閉じ込められていた賢人たちを解放することから始めていきます。

そしてここでついに李牧も解放!

解放された李牧の元に心配していたカイネが駆け寄っていきます。

そこに嘉も現れ、李牧になすべきことを聞き、王都軍を動かしていくことになります。

対する王翦たちは、嘉が王になれば趙は生まれ変わると考え、軍隊を引いて戦略の練り直しに迫られることになります。

嘉を中心に生まれ変わろうとしていた趙。

しかしそこに暗雲が立ち込めることになります。

悼襄王が644話で英書記官を呼んだ場面がありましたが、そこで悼襄王は次の王位を嘉ではなく、末子の遷(せん)に継がせることを正式な遺書に記したことが明らかになります。

何と道を踏み外したことか―――

史記の著者である司馬遷(しばせん)はこのことをこう評していましたが、さてここから趙はどのようになるでしょうか?

それではここから2020年7月2日発売の週刊ヤングジャンプ掲載漫画『キングダム』の最新話646話のネタバレ・あらすじの考察・予想、そして今後のキングダムの展開予想をご紹介していきます。

最後までお楽しみください!

>>キングダムを無料で読む!<<
 

スポンサードリンク

キングダムネタバレ646話最新話予想

悼襄王は毒殺か?

では646話のネタバレ予想ですが、まだ悼襄王の死因が明らかにされていませんので、この点が646話で明らかになると予想します!

悼襄王のあの死に方。

あれは病死だったのか?毒殺だったのか?

キングダムではまだこの点が明らかにされていませんが、おそらくは毒殺の線が強いのだと思います。

ただそうなるとどのような形で毒を盛られていたのか?

その毒はどこからもたらされたのか?

そうした点も646話では明らかになるのかもしれませんね。

 

毒はどこから入手した?

ちなみにキングダムで毒と言えば、何を思い浮かべるでしょうか?

私は函谷関の戦いの韓の成恢(せいかい)を思い出します。

彼は毒の使い手でしたが、そこで桓騎の策もあったとはいえ秦の張唐将軍に討たれることになってしまいました。

しかし毒の知識は誰かが受け継いでいた可能性はあるのかもしれませんし、毒は韓から入手した―――

キングダムのこれまでの流れからは、そんな想像をしたくなります。

 

毒を盛ったのは誰?

また毒を実際に盛ったのは、もしかすると悼襄王の近くにいた子供たちという可能性があると思います。

悼襄王の最後に侮蔑(ぶべつ)の笑みを見せていた子供たち。

悼襄王の異変にも医師を呼ぼうともしていませんでしたし、彼らがお酒に毒を盛った可能性があるようには思います。

スポンサードリンク






 

悼襄王毒殺の首謀者は?

ただ悼襄王毒殺の首謀者が子供たちだったのか?

この点は疑問も感じます。

やはり子供ですので、そこまでの知識や知恵は備えていなかったとは思います。

それでは悼襄王毒殺の絵を描いたのは誰だったのか?

この点も646話では明らかになるかもしれませんが、悼襄王毒殺の首謀者は王位を継ぐことになった遷(せん)の母である江姫(こうひ)という可能性が高いのかもしれませんね。

その理由としては、自分の子供を早く王にさせたかったというものです。

これは悼襄王が亡くなって一番得をするのは誰か?

この点から考えていけば、この江姫に行きつくのが自然という気がします。

ただ悼襄王から直接、または英書記官からかもしれませんが、悼襄王の次の王を遷が継ぐことを江姫が聞き知っていなければ、江姫が悼襄王毒殺の首謀者ということは成立しないと思います。

遷が次の王になることを江姫が知っていなければ、「自分の子供を早く王にさせたい」という理由が成立しなくなることになるのがその理由ですね。

しかしもしも悼襄王が次の王位を遷に継がせることを決め、悼襄王本人が江姫にそのことを告げたことで、江姫が悼襄王毒殺を実行に移したのだとすれば、悼襄王の決断こそが悼襄王の死期を早めることになった―――

悼襄王の最後は、周りにいた子供たちからも軽蔑されていたことが分かるという何とも哀しい最後でしたが、その最後にさらに憐(あわ)れさを付け加えるエピソードとして、江姫が悼襄王毒殺の首謀者だったということが次の646話で描かれるのかもしれませんね。

 

遷の人間性が明らかに!

また645話で、遷は他の人を裸にした上で自分は馬乗りの状態で、王の交代の場面に登場してきました。

この一事を見ても遷の異常さは充分に伝わったかと思いますが、さらに詳しい遷のことが646話では描かれると予想します。

その遷の異常性が趙に暗雲をもたらすことになる。

遷の情報が各国に伝われば、王翦は趙についてそう予想するかもしれませんね。

 

スポンサードリンク

嘉や李牧はどうなる?

李牧は再び幽閉される?

また次の王となると思われた嘉や李牧たちはどうなるでしょうか?

遷が王になると李牧はまた捕まってしまうのでしょうか?

645話の最後の方で、遷は他の人たちに目隠しをして奴隷のような扱いをしていました。

また遷はまだ子供であることから、遷が新たな王になったとしてもすぐに遷が実権を握って政治を動かすということはないと思われます。

まだ子供である遷は、まだ自分の遊びに夢中であることが予想されます。

ではその時に、誰が王を補佐して政治の実権を握るのか?

ここはやはり遷を連れてきた郭開や江姫が実権を握る、と考えるのが自然だと思います。

そこで郭開は再び李牧を処刑しようとするのか?

嘉や李牧たちはどう抵抗するのか?

この点が646話では描かれるのではないかと思います。

 

嘉や李牧たちは遠ざけられるだけ?

ただしかし、嘉は李牧を含めた賢人たちを牢から解放して、国を立て直そうとしていました。

ここで李牧派を含めた嘉陣営は、一定の勢力を持っていたと思われます。

そうなると郭開も邯鄲に嘉陣営に手出しをできなかったと思われますし、王の近衛兵たちも王自身が子供であり王が自分の遊びに夢中で指示を出さないのであれば、郭開の言いなりにならないという選択肢をここでも選ぶ可能性はあるのかもしれません。

そうなると王に近い郭開たちが政治の実権を握るものの、嘉陣営を追い詰めるまでには至らず、単に李牧を含めた嘉陣営は政治の中枢から遠ざけられるだけ、ということもあり得ると思います。

実際に史実では、嘉は趙の王にはなれなかったものの、趙が滅びた後で嘉は代という国の王になることになります。

この代という国は、嘉を慕う賢人たちがそろった良い国になることが予想されますが、ただ時代はすでに秦の元に中華が統一されようとしていた時。

さすがに賢人たちがそろった代であっても秦に対する抵抗は難しくなることが予想されます。

 

嘉や李牧たちは雁門に逃げる?

または李牧は嘉を引き連れて、雁門(がんもん)に逃げるのかもしれません。

遷が王となってしまいましたので、さすがに王の近衛兵たちも遷の意向を聞かざるを得なくなっています。

ただ遷はまだ子供でしたので、郭開はそのことを利用して自分が実権を握るようにうまく王に取り入ることでしょう。

そうなると近衛兵たちは王の代わりに実権を握った郭開の指示によって、嘉や李牧、その他の賢人たちを捕まえようとすることも考えられます。

こうなると嘉や李牧たちは逃げ切ることができるのか?

この点が注目ポイントになってきます。

また元々李牧は、匈奴(きょうど)という異民族から趙を守ることに功績のあった武将でした。

李牧を知る人の多い北方では、李牧を助けようとする人たちが多いかもしれません。

李牧は嘉や牢獄から解放した賢人たちを含めて、北方に移動することも考えられます。

 

李牧は扈輒将軍亡き後に切り札に?

また史実では、趙は扈輒(こちょう)将軍が秦の桓騎に敗れて10万人の兵士を失うことになりますが、その後に李牧は再び趙の切り札として登場することになります。

この時まで李牧は冷や飯を食うことになることも予想されます。

暗愚な王の遷に従うよりも、名君・嘉に付き従って日の当たらない境遇に身を置く李牧。

しかし李牧はそれでも心は満たされるのかもしれません。

いつの日か、嘉の時代が訪れれば―――

その希望を胸に李牧は情報収集を怠らず、研鑽(けんさん)を努めるかもしれませんね。

そして扈輒将軍が討たれてしまい、秦の攻勢を止められない郭開は李牧に頼らざるを得なくなる。

そんな展開が待っているのかもしれません。

 

スポンサードリンク

秦での動きはどうなる?

王翦の邯鄲攻略作戦が披露される?

また趙王が問題児と言われていた遷になったことは趙にとっては暗雲が立ち込めることになるものの、趙が弱体化することは秦やその他の国にとっては好都合と言えます。

そうなると秦の王翦はどう動くのか?

この点が気になりますね。

邯鄲攻略の作戦を口にしようとした瞬間、悼襄王急死の報せが入り「趙は生まれ変わる」と読んだ王翦。

そして趙の王都軍が来たことで王翦たちは第二線まで退却することを余儀なくされます。

しかしここから王翦は王都軍の動きに異変を感じるかもしれず、そこで何かあったことを察知することでしょう。

そして密偵から嘉ではなく遷が趙王になったという報せがもたらされると、王翦は再び邯鄲攻略の絵を描き始めるかもしれません。

個人的にはお蔵入りになった邯鄲攻略の作戦を見てみたい!

そんなことは思いますね。

ただ状況は変わりましたので、新たな作戦を練り直す必要は出てきたはずで、王翦の作戦が出てくるとしても当初の作戦とは別の作戦ということになると予想されます。

 

桓騎の趙攻めは約1~2年後

また史実をひも解いてみると、秦が邯鄲を占領するのは紀元前228年。

現在の645話は秦の鄴攻めから5カ月後あたりですので、紀元前で言えば236年~235年です。

ですのでまだ秦が邯鄲を攻略するのには7~8年は時間があります。

ですので趙がぐらついているとしても、秦はすぐには邯鄲攻略まではできないでしょう。

次に秦が趙を攻め込むのは、史実では桓騎が趙の扈輒(こちょう)将軍を破った紀元前234年のこと。

645話からすると約1~2年先の話になります。

そこまでの間で秦が趙を攻められない何かが起こるのかもしれませんし、秦は趙攻略の準備期間に入るのかもしれませんね。

 

呂不韋が謀反を起こす?

また秦が趙を攻められなくなる事態が起こるとすると、呂不韋(りょふい)の謀反(むほん)の可能性があるのかもしれません。

史実をひも解くと、秦の鄴攻めは紀元前236年。

そして呂不韋自殺が紀元前235年のことになっています。

 
 

史実では呂不韋は相国(しょうこく)の職を解かれてからも、声望が衰えることをしらず、列国からの使者や賓客が呂不韋との会見を求めて列をなしていたと言われています。

そんな呂不韋の声望を見て呂不韋の謀反を恐れた秦王・政は、呂不韋に対して蜀に移り住むように伝えるに至ります。

その時の秦王・政からの文面は呂不韋を責める内容も含まれており、もはやこれまでと悟った呂不韋は自殺したことになっています。

ただこれは史実での話。

キングダムではこの辺りはどのように描かれるでしょうか?

個人的な予想ですが秦王・政は光ある指導者として描かれていますので、政が呂不韋の謀反を恐れたというよりも、呂不韋が実際に謀反を起こすと予想します。

有力な武将は楚や趙、魏と対峙(たいじ)していますし、内側の武将は手薄と判断すれば、政を倒してしまえば謀反が成立する可能性を呂不韋は考えるかもしれません。

そして呂不韋謀反に対して、秦国内では飛信隊などが鎮圧に向かう。

そのことで秦は趙に攻め入ることができなくなると予想します。

また趙でも王が遷になりましたので、秦の内乱状態を突いて攻め込んでくるほどの機敏さはないでしょう。

もし嘉や李牧たちが趙の中心であれば、この機に乗じて秦に攻め込んできたかもしれませんけどね。

こうして秦では呂不韋謀反が起こり、その対応に追われる展開になることが予想されます。

 

呂不韋討伐に飛信隊が派遣される?

またもしも呂不韋が謀反を起こすとすれば、そこにはやはり飛信隊が派遣されると予想します。

政はいつも「ここぞ」という場面で李信を派遣していました。

当初は味方の少なかった政にとって、信はそれだけ信頼関係が厚かったことはもちろんですし、相手の決め手を打ち砕く強さを李信は備えているのは確かだと思います。

>>キングダム信の討ち取った武将は?<<
 

結果を出すという意味でも、政からの信頼の厚かった李信。

ここでも呂不韋率いる反乱軍を打ち破るという武功を上げると予想します。

 

スポンサードリンク

まとめ

さてここまで、2020年7月2日発売の週刊ヤングジャンプ掲載漫画『キングダム』の最新話646話のネタバレ・あらすじ考察・予想をご紹介してきました!

645話では嘉を中心に賢人たちが集(つど)い、趙が新しく生まれ変わるかと思われましたが、最後に悼襄王が嘉ではなく遷に王位を継がせるという暗愚な決断を下したことが判明します。

嘉が父の悼襄王を過ちを指摘した直後に英書記官に嘉ではなく遷に王位を継がせることを伝えたようですので、嘉の李牧処刑を思いとどまらせようとする発言は、悼襄王の逆鱗に触れたことだったということかもしれません。

ただもしもではありますが、悼襄王が遷に王位を継がせることを直接遷の母親の江姫に伝えたとして、そのことで遷の息子を早く王位につかせたいと考えた江姫が悼襄王を毒殺したのであれば、悼襄王の決断は自らを追い詰める結果をもたらしたという、これまた暗愚な決断だったことが646話で判明するのかもしれません。

良い方向に生まれ変わろうとした趙でしたが、ここで遷に王位が移ることで趙がどうなるのか?

これが秦の動きにも関係してくると思いますし、秦が攻勢を強めてくるのかもしれませんが、しかし秦内部では趙を攻められない事情が出てくるのかもしれません。

それは呂不韋の謀反という可能性もあるかもしれませんが、さてどのような展開が待っているでしょうか?

それではここで週刊ヤングジャンプの掲載漫画『キングダム』の最新話646話のネタバレ・あらすじ考察・予想を終わります!

最後まで読んでいただいて、ありがとうございました!

スポンサードリンク