キングダムネタバレ最新話638話『王翦が昌平君へ行った頼み事とは?!』

kingdom-638-spoiler
スポンサードリンク

さて今回は、2020年4月9日発売の週刊ヤングジャンプ掲載漫画『キングダム』の最新638話のネタバレ・あらすじをご紹介していきます!

637話では、列尾(れつび)に向かった介億(かいおく)の補給部隊はおとりだったことが判明!

鄴へ兵糧を送る本命スジは、黄河を渡る青忠(せいちゅう)水軍という大補給船団でした。

しかし李牧はこれを先読み。

舜水樹(しゅんすいじゅ)も裏をかいて列尾からの兵糧部隊が本命の線かと思ってつぶしに来ただけでした。

お互いが列尾をおとりだと判断しての黄河での水軍勝負になりましたが、黄河での水量は下流の方が多いことから、水軍の熟練度は水量の多い下流の趙に軍配が上がるとの説明もありました。

黄河での水軍の戦いは趙が勝ちそうな様子でしたが、この大事な時になって趙王の「王印の騎士団」が李牧を王都・邯鄲(かんたん)へ連れ戻そうとします。

拒もうとする李牧。

しかし王印の騎士団はすさまじい戦闘能力の持ち主たちのようで、カイネたち李牧の側近の背後をいとも簡単に取ってしまい、針での殺害をほのめかして李牧を脅迫します。

王印の騎士団、怖ぇ。

それはともかく、ここぞという場面での趙王からの召還(しょうかん)命令。

李牧の胸騒ぎはこのことだったのかもしれません。

しかし黄河での水軍の戦いは趙側が有利に進めていて、秦から運ぼうとしていた兵糧は海に投げ込まれてしまい鄴へは到達しない見込みになりました。

そんな敗戦の知らせを聞いていた昌平君は、鄴攻めの前に王翦(おうせん)から聞いていた話を思い出します。

そして昌平君はこう思います。

「王翦… お前は…」

このセリフ。

以前に李牧も言っていたことがありましたね。

王翦が混沌(こんとん)を生みながらも、秦軍だけが陣形を整えたあの場面。

あの時、李牧も同じセリフを思いました。

これは昌平君が王翦の考えに驚愕(きょうがく)して、のちの裏切りに繋がることかもしれませんね。

キングダム昌平君は裏切る?
 

それはともかくとして、王翦が鄴攻めの出陣前に昌平君へ行った頼み事。

この内容が638話で判明してくることと思いますが、その内容は何だったのでしょうか?

それでは2020年4月9日発売の週刊ヤングジャンプ掲載漫画『キングダム』の最新638話のネタバレ・あらすじをご紹介していきます。

最後までお楽しみください!

キングダム1巻無料で読める方法は?
 

スポンサードリンク

キングダムネタバレ最新話638話『王翦の狙いは趙王?!』

さてまずは637話を振り返っていきますが、介億(かいおく)が率いる列尾の補給部隊はおとりだったことが判明しました!

鄴への食糧の補給路線。

その本命は黄河を渡る青忠(せいちゅう)水軍でした。

しかし李牧はこの黄河での食糧調達も読んでいて、趙は大規模な水軍を配備。

趙の甲鬼(こうき)水軍がこの秦の青忠水軍を迎え撃ったのでした。

秦からも水軍のほぼ全軍を出陣させていましたが、趙側も持っている水軍の全てを注ぎ込む総力戦。

趙側にとってはここさえ抑えてしまえば、鄴への食糧調達ルートをつぶすことができる戦い。

そして趙にとっては王都・邯鄲(かんたん)のすぐ近くにある鄴を取り返せる戦いであり、必死の抵抗を見せています。

ただ637話のラストシーンでは、王翦が鄴攻めの前に昌平君に行った頼みごとのシーンが描かれていました。

この王翦が行っていた頼み事とは何だったのでしょうか?

これが638話で明らかになると思われます。

 

趙王との和睦交渉で食糧を得る?!

一つ考えられるのは、王翦は趙王に狙いを定めたという方法です。

キングダムファンならご存知のように、現在の趙の悼襄王(とうじょうおう)は愚かな暗君として描かれています。

鄴が攻められるという時にも王都・邯鄲の兵を出すことをせず、戦況を悪化させた張本人でもあります。

李牧が相手では和睦交渉で食糧を得ることができないとしても、愚かな悼襄王が相手ではどうでしょうか?

王の可愛がっている臣下とつながりを持ち、その臣下から王に進言をさせることができれば、趙王から食糧を得るという和睦交渉が成立するかもしれません。

その場合には対価として、戦って得た一部の城を明け渡すのか?

それとも鄴など、これまで落としてきた城で得た財宝を渡すことになるのか?

それは定かではありませんが、王翦は鄴攻めに関して単に戦場での戦いを描いていたわけではなく、王も含めた鄴攻めの絵図を描いていたのかもしれませんね。

実際に史実では、紀元前229年。

始皇18年に王翦が趙を攻めた時、李牧は「謀反(むほん)の疑いあり」というありもしない悪口で趙王に捕まえられて、ありもしない謀反の罪で殺害されてしまいます。

キングダム李牧の最後はどうなる?

キングダムの現在が始皇11年のことですので、それはまだ7年も先の話。

とはいえ今回も李牧は朱海平原の敗戦の責任を問われて、邯鄲に送られることになりました。

これが王翦や王翦の意図を汲(く)んだ昌平君の仕掛けだったとしたら―――

その可能性も無くはないのかもしれません。

また過去には趙の悼襄王(とうじょうおう)のそばに「郭開(かくかい)」という人物も描かれていましたが、史実でものちにこの郭開が王に李牧の謀反の疑いを伝えています。

この郭開とのつながりを持つように王翦が昌平君に伝えた可能性もあるのかもしれません。

 

秦の水軍は出陣する必要があったのか?

ただそうすると疑問点も出てきます。

わざわざ秦の水軍を出す必要があったのか?

しかも趙の大規模な水軍に敗れてしまっていますし、大量の兵糧も失うことになっています。

もしも趙の悼襄王に狙いを定めて、王が可愛がっている郭開という人物とのつながりを持ったとして、そこから和睦交渉と食糧を得ることを考えていたのであれば、これだけの犠牲を伴うことを実践する必要はあったのか?

この点は疑問と言わざるを得ません。

 

スポンサードリンク

キングダムネタバレ最新話638話『王翦の頼み事は斉からの食糧調達?!』

秦の水軍もおとりだった?!

また秦は最初は列尾から鄴へ食糧を運ぼうとしていて、実はこれはおとり。

本命として黄河から鄴へと食糧を送ろうとしていましたが、実はこの秦の水軍の全てさえも「おとり」だった―――

そんな可能性があるのかもしれません。

それでは他にどのような方法で鄴への食糧を調達しようというのでしょうか?

 

食糧調達の本命は斉?!

先ほど書いたように、黄河での食糧調達もおとりにする―――

それが王翦の作戦だったのかもしれません。

それでは黄河での秦の水軍と大量の食糧をおとりにして、どこから食糧を調達するのか?

それは東の大国「斉」の可能性があると思います。

この斉から食糧を運んでもらうように、王翦は昌平君に頼みごとをした。

その可能性があるのではないでしょうか?

ご存知のように秦と斉は、同盟を組んでいる間柄です。

しかしこの同盟はそれほど強い同盟ではなく、斉は秦の戦いに血を流すなどの協力をするわけではありませんし、あくまで秦の戦いを静観するというものでした。

ですので斉の軍勢の犠牲が出るような協力までは、斉に要求できないとは思います。

ただしっかりと金銭を払って、斉の軍勢に犠牲が出ない形を整えれば、斉から食糧を調達することができるのかもしれません。

つまり斉から水軍を出してもらい、鄴に食糧を運び込んでもらう―――

そのため秦はほぼ全軍と言える水軍を出して、趙の持っている水軍の全てを鄴から西の秦側に引っ張り出すことに成功しています。

そうすれば東の斉の水軍は、ほぼ無傷で食糧を鄴へ運搬することができるのではないか?

これが王翦の考える本命の食糧調達ルートではないか?と予想します。

 

水軍の熟練度も斉に軍配が上がる?!

また637話の中で、水軍についての記述がありました。

上流と下流では河の水量が違う。

それがそのまま水軍の熟練度の差に出てくると。

そして「力の差を見せてやる」と趙の水軍の将軍は言っていました。

つまり下流であるほど河の水量が多く、そのため水軍を訓練して強くさせることが可能だということなのだと思います。

そしてそうなると東の斉の方が黄河の下流に位置していますので、趙の水軍よりも斉の水軍の方が強いことになります。

戦いを終えた趙の水軍が戻ってくるかもしれませんが、戦いを終えた趙の水軍とまだ疲労度のない強い斉の水軍が戦うことになったとしても、斉の水軍の方が有利に戦いを運べることになるのかもしれません。

 

スポンサードリンク

キングダムネタバレ最新話638話『邯鄲での李牧の処分が明らかに?!』

李牧の処分はどうなる?!

または638話では、李牧の処分にスポットライトが当てられるかもしれません。

王印の騎士団によって邯鄲(かんたん)に連れていかれた李牧。

この李牧は朱海平原の戦いの敗戦の責任を問われるという展開になってもいます。

そして以前に趙王の悼襄王(とうじょうおう)は李牧に対して、鄴を失えば切り刻むと言っていました。

ですので638話では、この李牧の処分について描かれるのかもしれません。

この場合、王翦の驚くべき策や昌平君へ行った頼み事については、次回の639話以降で描かれる可能性もあると思います。

 

趙の悼襄王が死去?!

また史実では趙の悼襄王(とうじょうおう)は、この秦の鄴攻めの年に崩御(ほうぎょ:国王や君主などの死亡のこと)することになっています。

そして李牧が実際に趙王に捕まって処刑されてしまうのは、先ほど書いたように紀元前229年。

秦の鄴攻めから7年も先の話ではあります。

キングダム李牧の最後はどうなる?
 

ですので、ここで李牧が朱海平原で敗戦の責任を問われるとしても、死罪となるほどの処分が下されることはないと思います。

または李牧に処分が下りそうなその時に悼襄王が亡くなる展開になっていき、李牧の処分どころではないという様子が描かれるのかもしれませんし、それで李牧は処分を免(まぬが)れるのかもしれません。

または次の趙王が即位するにあたって、恩赦(おんしゃ:王の特権で刑罰が軽減されること)が行われて李牧の罪も軽くなるのかもしれません。

それでも李牧は今の地位を失うほどの処分は下されてしまうかもしれませんね。

そういえば趙の太子・嘉(か)は以前にキングダムで描かれていましたが、この太子・嘉は状況判断も的確で名君になりそうな雰囲気で描かれていました。

ただ今の悼襄王の次の王は、実はこの太子・嘉(か)ではありません。

この太子・嘉(か)の弟が幽繆王(ゆうぼくおう)として即位しています。

何故そうなったのか?

それは定かではありませんが、太子・嘉は悼襄王に嫌われていたのかもしれず、太子・嘉の弟の方を可愛がっていたのかもしれません。

またはのちに李牧を陥(おとしい)れた郭開(かくかい)が、自分にとって扱いやすい人物を王にしようと画策をしたのかもしれません。

この辺りの趙の王位継承のゴタゴタ劇が、638話で描かれることも予想されます。

 

太子・嘉が即位しないことに失望する李牧?!

またそうなると李牧にとっては辛い展開が続くことになりますね。

嘉太子の時代が来た時 趙に真の光がさす……

李牧は太子・嘉に会ってそう思っていましたので、悼襄王が亡くなった後に太子・嘉が即位する訳ではないという事態に、李牧は心を痛めるのかもしれません。

 

スポンサードリンク

『キングダム ネタバレ 最新話 638話』まとめ

ここまで、2020年4月9日発売の週刊ヤングジャンプ掲載漫画『キングダム』の最新638話のネタバレ・あらすじをご紹介してきましたがいかがでしたか?

637話では、介億の率いる兵糧部隊がおとりであり、黄河を下る秦の水軍が兵糧部隊の本命だということが分かりました。

しかしこの線も李牧は先読み。

秦もほぼ全軍の水軍を出動させましたが、趙側も全軍の、しかも秦よりも多い水軍で返り討ちすることに成功します。

鄴の城内も兵糧が無く、ここからは時間の勝負になってきますし、ここで趙に攻め込まれたらひとたまりもないタイミング。

しかしここで趙王は李牧を邯鄲に呼び戻す行動に出ます。

胸騒ぎがしていた李牧。

そして鄴攻めの前に王翦が昌平君に行った頼み事のシーンが描かれていましたが、次の638話でこの頼み事の内容が明らかになりそうです。

こちらの記事では斉からの食糧調達を本命だとしましたが、他にも有力な策があるかもしれませんし、王翦の驚くべき策を楽しみに待ちたいと思います。

または趙での李牧の処罰の行方が638話では描かれるのかもしれませんし、趙王の交代劇とそのゴタゴタが描かれるかもしれませんね。

そうなると王翦の策は、638話ではまたお預けということになるかもしれません。

様々な展開が予想されますが、それではここで週刊ヤングジャンプの掲載漫画『キングダム』の最新638話のネタバレ・あらすじ予想を終わります!

最後まで読んでいただいて、ありがとうございました!

スポンサードリンク