キングダムネタバレ最新話637話『ほくそ笑む介億の策とは?!』

kingdom-637-spoiler
スポンサードリンク

さて今回は、2020年4月2日発売の週刊ヤングジャンプ掲載漫画『キングダム』の最新637話のネタバレ・あらすじをご紹介していきます!

636話では、「十の二」の作戦で残っていた八の軍勢が鄴(ぎょう)に到着しましたね。

再会を喜ぶ飛信隊でしたが、鄴には充分の兵糧がないことが判明!

王翦(おうせん)や桓騎、それに主だった武将が軍議を開いていましたが、そこで結論が出る前に舞台は李牧率いる趙側の動きに移っていきます。

まず李牧たち趙側は鄴への補給路を断つべく、楊端和(ようたんわ)のいる橑陽(りょうよう)の包囲を厚くしました。

これで橑陽→鄴への補給は無くなり、あとは秦から補給するとなれば列尾越え。

ここを抑えに李牧は画策していきます。

一方、秦側でも王都・咸陽(かんよう)では、鄴が食糧問題に陥っていると考えて、昌平君が補給軍を送ります。

その補給軍を率いるのは介億。

列尾に迫った介億は、邯鄲の守護者・扈輒将軍の出方をうかがっていましたが、背後から舜水樹が兵糧の焼き討ちに攻めてきました。

しかし焼いたと思われた兵糧は、俵を開けると空になっていました。

ニヤリと笑う介億でしたが、そこには昌平君の策があったのかもしれません。

ここからどのような展開を見せるか気になるところですが、それでは2020年4月2日発売の週刊ヤングジャンプ掲載漫画『キングダム』の最新637話のネタバレ・あらすじをご紹介していきます。

最後までお楽しみください!

キングダム1巻無料で読める方法は?
 

スポンサードリンク

キングダムネタバレ最新話637話『介億の補給部隊はおとり?!』

昌平君の送った補給軍は?!

さて636話では、介億(かいおく)率いる補給部隊が列尾に到着!

舜水樹に兵糧を焼かれたものの、兵糧の俵の中身は空っぽになっていました。

ニヤリと笑う介億。

介億に策が…?

と書かれてもいましたので介億も単純に兵糧を送っただけではないと思いますが、これは昌平君の授けた策だったのかもしれませんね。

さて空の兵糧を送った介億は、これからどのようにして鄴(ぎょう)に兵糧を送るのでしょうか?

 

空の俵を運ぶ部隊をおとりにする?!

一つ考えられるのは、この介億率いる兵糧部隊が「囮(おとり)」だった可能性です。

この兵糧部隊に注目させておき、別ルートで鄴への補給を狙う。

その可能性が高いと思います。

またこの秦の鄴攻めの際に、「金安(きんあん)」という城で兵糧を偽装して黒羊に送ったことがありましたね。

もしかすると介億は、この金安という城に再び兵糧を置いているのかもしれません。

そして別ルートで兵糧を送る。

それが昌平君や介億の策なのかもしれません。

とはいえ秦から鄴に至るルートはそれほど多くはありません。

列尾から以外のルートとしては何があるでしょうか?

 

閼与から食糧を運ぶ?!


鄴の周辺の地図を見てみると、北西には橑陽(りょうよう)が、その少し北よりに閼与(あつよ)がありますね。

この閼与の軍は李牧が率いていた軍勢で、この閼与の軍勢を率いて李牧は鄴を解放しようとしていましたので、閼与自体には軍隊は少ないと思われます。

ですので、秦はこの閼与から鄴へ向けて兵糧を送ろうとしているかもしれません。

ただ地図をよく見てみると閼与と鄴の間には、趙の王都・邯鄲(かんたん)が存在しています。

またこの閼与と鄴のルートと橑陽も近い距離と言えるようには思いますし、この橑陽の周辺には趙の軍勢も多くいますよね。

趙王は、邯鄲の軍は趙王を守るためにあると言っていましたので、この邯鄲の軍が動くことはないとしても、橑陽を囲む趙の軍勢は秦の兵糧部隊を攻撃してくるかもしれません。

ただこの閼与ルートさえも、さらに囮(おとり)にする―――

こちらに趙軍を引き付けておきながら、何か別の手を打ってくるのかもしれません。

 

スポンサードリンク






 

水軍で黄河から兵糧を運ぶ?!

また陸上で兵糧を運ぶ以外で考えられる方法としては、水軍で黄河を下る方法があるかもしれません。

地図を改めて見てみると、秦から鄴へは黄河が流れていて、さらに鄴は黄河の近くにあります。

もしかすると金安から別の部隊が黄河に向かって進軍。

そこから水軍で黄河を下って、鄴へ兵糧を送ることを考えているかもしれません。

しかしこの方法には問題もあります。

黄河を渡る水軍は誰の目にも明らかですので、趙側に確実に知られてしまうだろうことです。

そうなると鄴と黄河の間に、趙側は軍隊を配置。

鄴への兵糧の搬入を阻止するはずです。

 

一夜で黄河を下り切る?!

ただ可能性があるとすれば、夜の間に鄴まで黄河を下り切る。

しかも一夜のうちに―――

「黄河の一夜下り」と呼べる作戦かもしれませんが、それができれば趙の目を盗んで、黄河を下って鄴まで兵糧を送ることができるのかもしれませんね。

それが可能なのは月が出ていない天気が悪い日が望ましいかもしれませんが、果たして一夜で黄河を鄴まで下り切ることができるのか?

もしも黄河で兵糧を送るのであれば、その点が見どころになっていくかもしれません。

 

諜報合戦が描かれる?!

また鄴攻めを起こす時、秦軍は金安から進路を変更しましたが、その道中でも秦軍の中には趙軍の間者(かんじゃ:スパイ)が潜んでいました。

この黄河の一夜下りを実施する時、秦軍の実行部隊の中に趙側の間者がいるかもしれない―――

この作戦は趙側に秦軍の動きを察知されては終わりますので、趙側の間者を秦軍が捕まえることができるのか?

そんな緊迫した場面が描かれるのかもしれません。

または黄河にも趙軍がやはりいて監視をしていて、黄河を下る水軍が趙側に見つかってしまい、ここで趙軍と秦軍の戦いが描かれるのかもしれません。

このように作戦が成功するまでの紆余曲折(うよきょくせつ)が、637話で描かれる可能性もありますね。

 

スポンサードリンク

キングダムネタバレ最新話637話『介億は王翦をアシストしただけ?!』

昌平君は王翦の策をアシスト?!

また昌平君は王翦(おうせん)の軍略の才能を信頼しているかもしれません。

桓騎も知っているように、王翦は負ける戦いには興味を示すことはありません。

このことは昌平君ももちろん、政も知っていることだと思います。

鄴を落としたとしても、そこから先に兵糧問題が発生することは明らかだったはずで、そこに王翦が気づかないはずはありませんし、そこに何の策もなしに王翦が鄴攻めを行うはずがない―――

そう信じていたとすれば、介億率いる補給部隊は王翦を動きやすくするためのアシストだった、という可能性もあると思います。

それでは王翦の策というのは、どのような方法なのでしょうか?

 

斉から食糧を調達する?!

それでは王翦の策とは何か?

それを考えていきたいと思いますが、他の国からの食糧調達―――

それも方法の一つだと思います。

秦からお金を持って行ったと思いますし、これまで攻め落とした城や鄴でも桓騎軍が財宝をゲットしています。

この財宝を元に食糧を調達する方法もあるでしょう。

ではどこから食糧を調達するでしょうか?

636話で趙軍の配置を見てみると、秦からの食糧補給を封じるべく、趙の軍勢が秦と鄴の間をふさいでいますよね。

そうすると趙の軍勢が手薄なのは東です。

そして趙の東には大国「斉」が鎮座(ちんざ)しています。

この斉王・王建は、以前に政と会談を行って斉秦同盟を結んだ関係になっています。

とはいえこの同盟では斉が秦の戦いに協力するものではなく、斉は秦の戦いに対して静観するものでした。

ですので兵糧を斉から送ってくれるはずはなく、食糧を調達するとしても財宝などとの交換になることでしょう。

あとは王翦のその動きに対して、邯鄲(かんたん)からの軍勢が動くかどうか?

その点ですが、趙王は愚かで邯鄲の軍は王を守るためにあるという考えの持ち主です。

そして趙王は病弱で自ら戦場に行くことは考えにくいところ。

邯鄲の軍は王翦の動きに対して行動を起こす可能性は低いと思います。

 

李牧軍が食糧調達部隊に襲い掛かる?!

ただ王翦が鄴から東に向けて食糧を調達する部隊を送っても、李牧率いる趙軍がそれを見逃すかどうか?

鄴の東側は趙軍が少ないとしても、この東側の動きに全く気付かないとは思いませんし、李牧のことですから鄴の東に兵は置いていなくても、情報網は築いていると考えるべきでしょう。

そうすると王翦が食糧調達部隊を斉に向けて送っても、趙軍と秦軍の衝突は避けられないはず。

趙軍も疲労の色は濃いとはいえ、秦軍も空腹の部隊。

どちらに優位に働くのか?

それはどちらが士気を高く維持できるのか?

この戦いはその点が重要になるかもしれませんね。

 

王翦は趙王との交渉で食糧を得る?!

もしくはこのタイミングで、王翦は趙王と和睦(わぼく)を行う可能性もあるかもしれません。

そして鄴やこれまでの城で得た財宝と引き換えに、趙王から食糧を得る―――

李牧が相手ではこの交渉が成立することはないでしょうが、愚かな趙王であればどうでしょうか?

もちろんこの和睦交渉を李牧が聞けば確実に反対するはずですが、趙王と李牧の関係は決して良いものではありません。

むしろ趙王は李牧の言葉には耳を貸さずに、鄴を失った李牧の責任を追及するかもしれません。

また王翦は趙王に関する情報収集をしっかり行った上で交渉がうまく進むように事を運ぶはずですが、王翦は誰を交渉役に立てるのか?

その点も見どころになると思いますね。

そしてこの和睦交渉が成功すれば、李牧は悔しがりながら軍隊を引きあげざるを得ないという状況になるかもしれません。

 

スポンサードリンク

キングダムネタバレ最新話637話『鄴を失った李牧の処遇は?!』

李牧は処刑される?!

また鄴の食糧問題については、王翦が驚くべき方法で解決することになるはずで、こうなると鄴を失うことになる李牧の処遇が気になります。

鄴攻めが始まったころに李牧は趙王から、鄴を失えば李牧だけでなく、李牧に付き従う人たちも皆殺しにすると言われていました。

実際に鄴を失ってしまえば、李牧に厳しい処罰が下されてしまうだろうと思います。

ただ史実では李牧が亡くなるのは、紀元前229年の始皇18年のこと。

一方で鄴攻めは紀元前236年で始皇11年のことです。

まだ李牧が亡くなるまでは7年の猶予があります。

鄴が落とされたことは趙にとっても厳しい状況ですし、李牧も三大天を称するほどの人物。

李牧を切り刻むほどの処罰はこの段階ではできないだろうと思います。

 

李牧は左遷される?!

それでも鄴を失った責任を李牧は取らされてしまうだろうと思います。

元々李牧は、趙の北方の守備を任された人物で、匈奴(きょうど)という異民族から趙を守るために「雁門(がんもん)」という土地に赴任していた長官でした。

馬南慈(ばなんじ)は雁門の鬼人(きじん)と言われていますが、この雁門というのはこの地名に由来しているんでしょうね。

話が少しそれましたが、李牧は再び北方の守備を任される。

つまり中央から地方へ左遷されてしまうということも考えられるかもしれませんね。

 

スポンサードリンク

『キングダム ネタバレ 最新話 637話』まとめ

ここまで、2020年4月2日発売の週刊ヤングジャンプ掲載漫画『キングダム』の最新637話のネタバレ・あらすじをご紹介してきましたがいかがでしたか?

635話のラストでは、王翦が驚くべき方法で食糧問題を解決することが描かれていました。

ただ636話では、まだその具体的な方法は示されることはなく、昌平君と介億の動きが描かれましたね。

ですので637話では、まだ昌平君と介億の動きが描かれると思われます。

ただ昌平君たちが王翦の軍略の才能を信じていれば、そして負ける戦いには興味を示さない王翦の性格を考えれば、王翦のアシストをしただけという可能性もあったかもしれません。

そして王翦の策が示され、それは李牧を出し抜くような驚くべき手法だとは思いますが、どんな策が示されていくでしょうか?

それでは以上で週刊ヤングジャンプの掲載漫画『キングダム』の最新637話のネタバレ・あらすじ予想を終わります!

最後まで読んでいただいて、ありがとうございました!

スポンサードリンク