キングダムネタバレ最新話636話『王翦の驚くべき食糧調達方法とは?!』

kingdom-635-spoiler-latest
スポンサードリンク
 

さて!今回は、2020年3月26日発売の週刊ヤングジャンプ掲載漫画『キングダム』の最新636話のネタバレ・あらすじをご紹介していきます!

635話では、鄴(ぎょう)が完全に陥落する場面が描かれていました!

鄴に入っていた民衆が出てくるのを待つ桓騎軍。

しかしそんな中、李牧と対していたはずのゼノウが民衆の流れを無視して鄴の城内に突入しました。

圧倒的な武力を持つゼノウが城内に入り、鄴の城内の軍勢も混乱したようで、他の城門からの侵入も容易になりましたね。

一方の李牧率いる趙軍は、鄴の門が開いてしまったことで趙軍の士気も著しく低下。

さすがの李牧もこの状況に対しては打つ手は無かったようですね。

そして鄴の抱える問題点も李牧は考えていたようです。

鄴の抱える問題点―――

それはズバリ食糧問題です。

この問題を抱えた鄴を遠巻きに包囲することを李牧は考えて、そして無駄な死人を出さないために早々と撤退したのでした。

しかしこの鄴の抱える食糧問題を、王翦(おうせん)は驚くべき方法で解決する―――

それが635話のラストシーンでした。

では鄴の食糧問題を、王翦はどのように解決するのでしょうか?

それでは2020年3月26日発売の週刊ヤングジャンプ掲載漫画『キングダム』の最新636話のネタバレ・あらすじをご紹介していきます。

最後までお楽しみください!

キングダム1巻無料で読める方法は?
 

スポンサードリンク
 

キングダムネタバレ最新話636話『王翦は金銭や財宝で食料を調達する?!』

桓騎軍が奪った財宝で食料を調達?!

さて635話では、完全に鄴が陥落する場面が描かれました。

李牧率いる趙軍も、鄴の城門が内側から開いたことに対して士気を大幅に低下させていましたね。

鄴の完全陥落。

それを王翦は成し遂げることに成功しますが、しかし鄴にはある問題が残っていました。

食糧問題―――

鄴の城内の食糧は、王翦が燃やしてしまいましたので、鄴の城内の兵糧が少なくなってしまっています。

そしてこの食糧問題を、王翦が驚くべき方法で解決することが635話のラストに描かれていました。

では、その方法とはどのような方法なのでしょうか?

一つには桓騎軍が鄴で財宝を多く見つけていましたし、これまでも9つの城を落としたことで財宝を獲得しています。

この財宝で食糧を調達することが考えられますし、王翦は秦から出陣する際にも多額の金銭を持って行っていたのかもしれません。

それではどこで食糧を調達するのでしょうか?

 

邯鄲で食糧を調達する?!

まず鄴から近いのは、趙の首都である邯鄲(かんたん)ですね。

また趙の王都ですので都市としての規模も大きく、充分な食糧が市場に出回っているはずです。

ここで鄴で手に入れた財宝や秦から持参した金銭を元に、食糧を調達するのではないか?

こうした食糧調達手段も考えられますね。

 

斉で食糧を調達する?!

または他の国から食料を調達することも考えられるのかもしれません。

ちなみに秦が他の国と友好関係を築いている国があります。

それは東の大国「斉」―――

秦と斉は非公式ですが王同士で会見を行っていて、斉秦同盟を結んでいますね。

ただこの時の斉秦同盟は、あくまで斉は秦の戦いについて「静観する」という同盟です。

秦の戦いに斉が軍勢を出してくれるなど、斉が秦に協力してくれるものではありません。

ですので斉から食料を調達するとしても、金銭などとの交換になると思います。

ただ王翦率いる秦軍が占領しているのは、鄴と周辺の9つの城。

そして楊端和率いる山の民と壁将軍が橑陽(りょうよう)を占領していますが、そこから斉まではまだ趙の領内であるかもしれません。

ただ朱海平原の戦いでも閼与(あつよ)からは李牧が大規模な軍勢を率いていましたし、この軍勢は疲労の色が濃く李牧と共に退避しています。

この他に秦軍を攻撃できる軍があるとすれば、それは王都・邯鄲の軍勢ぐらいでしょう。

しかしご存知のように、趙王は暗君(あんくん)として描かれています。

鄴がピンチという時にも軍勢を動かしませんでしたので、秦軍が食糧調達のために斉へ向かったとしても邯鄲軍は動かないのかもしれません。

 

スポンサードリンク
 

キングダムネタバレ最新話636話『王翦は趙王との和睦交渉で食糧を調達?!』

王翦は趙王と和睦交渉を行う?!

または王翦は趙王と和睦(わぼく)交渉を行うのかもしれませんね。

王翦が趙の情報をどの程度収集しているか?

その点はもしかすると昌平君の方が得意分野なのかもしれませんが、昌平君に趙の情報収集を頼んだとしても、昌平君が手にした情報を秦の咸陽から鄴の王翦に伝達するには、列尾という障壁もあります。

ですので王翦は趙の情報収集を独自で行っているのではないか?と考えていますが、趙王と李牧の仲は決して良い関係ではありませんし、この情報を王翦はつかんでいるかもしれませんね。

また李牧と和睦交渉を行ったとしても、食糧を引き出すことは難しいはずです。

現時点で鄴に食糧があまりないことは李牧も熟知していますし、ここから李牧は鄴を兵糧攻めにするつもりに違いありません。

そうなると王翦は和睦の交渉相手を李牧とはせず、趙王と和睦交渉を行うことでしょう。

また趙王は政と違って、優れた王とは程遠い存在です。

戦況についても充分な理解をしないまま、重要でない一部の城を明け渡すことで、王翦側は食糧を得るという和睦交渉を行うのかもしれません。

 

趙王との和睦交渉成立の可能性は?!

ただこの和睦交渉が成立する可能性はどうでしょうか?

交渉は難しいかもしれませんが、負ける戦いはしない王翦です。

趙王に可愛がられている臣下と、すでにつながりを作っているかもしれませんし、そのことで交渉がうまく運ぶかもしれませんね。

 

スポンサードリンク
>

キングダムネタバレ最新話636話『鄴攻めが終わると信の恋愛が?!』

信は羌瘣と恋愛する?

またこの鄴攻めが終わった後の展開として、信の恋愛がいよいよ始まるかもしれませんね。

キングダム信の結婚相手は?
 

少し前には羌瘣(きょうかい)が、蚩尤(しゆう)の禁術を使って信を生き返らせたことがありましたね。

この時に羌瘣は、会ってすぐに信のことを気になる存在だったと言っていました。

信もこれまで羌瘣とは寝室を共にした時に、羌瘣を女性として意識していた場面もありました。

この鄴攻めが終わった後、何かのキッカケで二人が恋する場面も描かれていく―――

のかもしれませんね。

 

河了貂はどうなる?!

そうするともしもですが、信が羌瘣と恋愛をしていくと河了貂(かりょうてん)はどうなるでしょうか?

麃公(ひょうこう)将軍が信の背中を豪快に叩いた時、信と河了貂がキスをしたことがありましたね♪

さて河了貂は信に対する恋心があるのかどうか?

この点は定かではありませんが、河了貂に信への恋心があった場合には信と羌瘣が恋をしていくと、河了貂にとっては辛い展開になっていきますね。

信と羌瘣が仲良さそうに話しているのを、遠目に見る河了貂・・・

そんな切ない場面も描かれるのかもしれません。

またはハッピーエンドとしては、河了貂は蒙恬や王賁と恋をする。

そんな展開になってくれると良いな、と個人的には思います。

 

スポンサードリンク

キングダムネタバレ最新話636話『李牧は左遷される?!』

李牧は敗戦の責任を取らされる?!

また趙での李牧の処遇もこれからの展開で描かれるかもしれませんね。

実のところ史実では、李牧はこの鄴をめぐる戦いでは出てきていません。

ちなみにこの鄴攻めは、西暦で言えば紀元前236年のこと。

キングダムでは灼熱(しゃくねつ)の始皇11年と描かれていましたね。

そして史実では紀元前234年に、大将軍に任命されて中央に呼ばれたということになっています。

それは秦の鄴攻めから、およそ2年後のこと。

その2年後に至るまで、李牧はこの鄴をめぐる戦いでの敗戦の責任を取らされるのかもしれません。

本当の責任は邯鄲軍を出さなかった趙王であっても、その責任は問われることなく、李牧の責任とされるのではないでしょうか?

ここでもどこかやるせない場面がキングダムで描かれるかもしれませんね。

 

李牧の行く末を案じる王翦?

また王翦は朱海平原の戦いのさなか、李牧と直接対話を行って、李牧を自分の陣営に引き込むことを考えていましたね。

もしも李牧が今後の展開の中で左遷されてしまうとすれば、王翦が李牧の身を案じる場面も描かれるかもしれません。

「だからあの時に言ったのだ。」

そう李牧へ向けた一言を、王翦が言い放つ場面もあるかもしれません。

 

スポンサードリンク
 

『キングダム ネタバレ 最新話 636話』まとめ

ここまで、2020年3月26日発売の週刊ヤングジャンプ掲載漫画『キングダム』の最新636話のネタバレ・あらすじをご紹介してきましたがいかがでしたか?

635話では鄴が完全に陥落。

鄴を解放しようとした李牧達も、鄴が内側から崩壊したことで士気を完全に失ってしまいます。

また鄴の城主、季伯(きはく)も自殺する事態にまでなりました。

個人的には鄴が落ちたのは、季伯の責任だけとは言えなかったと思います。

王翦も指摘していましたが趙の国内での戦いであったにも関わらず、趙の邯鄲(かんたん)軍が動かなかったことで、趙国内での戦いの有利さを活かせなかったことは間違いありません。

もちろん秦の蒙恬、王賁、信の活躍もありましたが、趙王が暗愚(おろか者)であったことが大きな要因にもなったと思います。

責任感が大きいがゆえに賢人だと李牧にも評されていましたが、賢人であればこそ生きてすべきことがあったように個人的には思います。

また鄴の食糧問題の解決が、次の636話の主なポイントになってきますが、桓騎軍がすでに行っていたように軍馬を食べることも一部には行われるかもしれません。

ただそれだけでは足りないと思いますので、金銭や奪った財宝を元に邯鄲などの都市で食糧を調達するのも一つの方法だと思います。

または秦と同盟を組んでいる斉で調達が容易になるのかもしれません。

または和睦交渉で趙王から食糧を得る。

そんな方法も王翦は考えているかもしれませんね。

それでは以上で週刊ヤングジャンプの掲載漫画『キングダム』の最新636話のネタバレ・あらすじ予想を終わります!

最後まで読んでいただいて、ありがとうございました!

スポンサードリンク