キングダムネタバレ最新634話『李牧の鄴解放戦略が明らかに?!』

kingdom-634-spoiler
スポンサードリンク

では今回は、2020年3月12日発売の週刊ヤングジャンプ掲載漫画『キングダム』の最新634話のネタバレ・あらすじをご紹介していきます!

さて633話では鄴に舞台が移りました。

鄴の城内も食糧が不足していて民衆の不満が高まっていましたね。

鄴を包囲している桓騎軍も、城を明け渡させるために一般人を殺さないことを城内に伝えていましたし、城内では火事も起こりました。

そろそろ鄴の城内から異変が起こるかというその時、李牧の南下という悪いニュースが伝えられました。

慌てる摩論(まろん)に対して落ち着くように諭(さと)す桓騎でしたが、李牧の南下に続いて王翦の南下も伝えられることになります。

そして王翦(おうせん)の李牧追撃戦略が明らかになりました!

その追撃の方法は「十の二」―――

十人のうち二人が李牧を追撃するという戦略で、残りの八人は朱海平原に残るというものでした。

信も李牧追撃軍に参加することになり、ここから王翦たち秦軍の李牧追撃が始まることになりますが、一方の李牧も鄴(ぎょう)解放に向かっています。

あの李牧ですので鄴解放のために十分な戦略を描いていると思いますが、では2020年3月12日発売の週刊ヤングジャンプ掲載漫画『キングダム』の最新634話のネタバレ・あらすじをご紹介していきます。

最後までお楽しみください!

キングダム1巻無料で読める方法は?
 

スポンサードリンク

キングダムネタバレ最新634話『李牧の鄴解放戦略が明らかに?!』

李牧の狙いは桓騎一人?!

さて633話では鄴に舞台が移って、王翦の「李牧追撃戦略」が明らかになりました。

次の634話では鄴を解放しようとする李牧率いる趙軍に焦点が当たることが予想されます。

そして今後は李牧の「鄴解放戦略」が明らかになるのではないでしょうか?

ちなみに李牧率いる趙軍は、騎馬隊の歴史も長く北方の匈奴(きょうど)との戦いもあるためか騎馬隊は中華一と評されています。

それは李牧が麻鉱を討った後で飛信隊に追われたにも関わらず、馬の脚だけで飛信隊を引き離したことにも表れていました。

ですので李牧軍の方が秦軍よりも行軍スピードは速いと思われます。

そして李牧が鄴を解放しようとするなら、鄴を取り囲む桓騎軍を倒す必要がありますが、李牧は桓騎軍を倒すために狙いを桓騎一人に絞るかもしれません。

王翦の第二将、麻鉱(まこう)を葬(ほうむ)った時のように―――

李牧は李牧自身がそういう手を使うと知らない相手には、この手は必ず成功すると言っていました。

桓騎軍に朱海平原の戦いの様子がどの程度伝わっているかは分からないですが、兵糧に限りがあるという中で李牧も時間との戦いを意識しているはず。

そうなると桓騎一人を狙って李牧が戦いを進めることが考えられるかもしれません。

 

桓騎は李牧に討ち取られない?!

とはいえ桓騎も自ら危険を冒して、敵将の首を自らはねたことがあります。

桓騎は自らが危険を冒して敵将を狙う、という手を使いますし、敵の嫌がることをすることが得意な桓騎。

「桓騎一人を狙う」という李牧の狙いを、桓騎は読めている可能性が高いと思います。

そうなると桓騎は自らを守る手を取れば良いことになり、李牧の桓騎狙いという手は不発に終わると予想します。

 

スポンサードリンク

キングダムネタバレ最新634話『李牧は鄴への兵糧を搬入を考えている?!』

一時的に桓騎軍は趙軍の挟撃にあう?!

では李牧が桓騎を討てないとすれば、あとは李牧が鄴を解放するためには桓騎軍との戦いに勝利する必要が出てくることになります。

実際にこの戦いが始まる前に、王翦はこの王都圏の戦いの全容を秦軍全体に説明した場面がありました。

この時、鄴を一撃で解放する力があると王翦が言ったのが、閼与(あつよ)と橑陽(りょうよう)の二城でした。

このうち橑陽は楊端和が制していますが、李牧率いる閼与の軍が朱海平原の戦いで一定程度は軍勢を減らしたとはいえ、この軍が桓騎軍に迫れば鄴の城内の軍との挟撃で桓騎軍はピンチに陥ることが予想されます。

李牧にとっては王翦軍が背後から迫ってくるまでが勝負の時。

この時間で李牧一人で桓騎を狙うことは難しいかもしれませんが、それでも桓騎を討ち取れば戦局は大きく趙にとって有利になります。

ですので李牧は、桓騎本陣への集中砲火を狙って前後からの挟み撃ちを狙うのかもしれません。

 

李牧兵の強みを活かす?!

また李牧兵の強みを桓騎軍との戦いで活かすことを、李牧は考えているかもしれません。

李牧兵は”虚脱”を使い、「起こり」を察知して返し技を繰り出すことで、戦局を優位に進めていきます。

それは知略型の戦いに、本能型の戦いを取り入れたものでしたね。

この戦い方に対して王翦はすぐに対策を取りましたが、桓騎軍にとっては初見の相手。

すぐに対応することが難しければ、徐々に桓騎軍が削られていくのかもしれません。

スポンサードリンク






 

李牧は桓騎の弱点を突けない?!

また黒羊の戦いで、李牧は桓騎の弱点を見つけたと言っていました。

この鄴解放戦で、李牧は桓騎の弱点を突くのか?

この点も見どころの一つだとは思います。

ただ個人的には桓騎の一番大きな弱点は、城攻めで現れることになるのではないか?と考えています。

キングダム桓騎(かんき)の弱点とは?
 

つまり桓騎が城攻めをする時にこそ、桓騎はその最も大きな弱点を露呈(ろてい)することになるのではないか?と考えています。

ただ今回は李牧は野戦で桓騎と対戦しますので、桓騎の弱点は野戦ではあまり出ないのではないか?

個人的にはそう予想しています。

 

李牧の狙いは鄴への食糧搬入?!

また李牧が鄴を解放するために打てる手としては、鄴の城内に食糧を搬入することが考えられます。

朱海平原での戦いでも趙軍は食糧を持っていたはずで、一定の食糧を鄴の城内へ搬入できれば、あとは秦軍の食糧が尽きるのを待てば良いことになります。

そこで考えられるのは、李牧たち趙軍が鄴の城内の軍と一緒に桓騎軍を挟撃。

趙軍は桓騎軍を撃破できないとしても、その戦いのスキに趙軍の兵糧を鄴の城内に搬入。

その後、李牧たち趙軍は王都・邯鄲(かんたん)へ向けて逃亡を開始。

李牧軍が鄴に入ってしまえばそれだけ人数が増えてしまって兵糧が余計に減ってしまいますので、李牧軍は鄴には入らないでしょう。

ただ王翦は李牧率いる趙軍を、鄴の城内に入れて兵糧の減少を早めたいはず―――

そんな駆け引きが王翦と李牧の間で繰り広げられるのかもしれません。

 

鄴が落ちた後の兵糧攻めを考えている?!

または李牧は鄴が落とされた後の兵糧攻めを考えているかもしれませんね。

趙の王都圏の入り口にある列尾は、楊端和と対戦していた趙軍が向かいました。

楊端和が攻め落とした橑陽(りょうよう)とこれから鄴が落とされた後に、秦軍が兵糧を確保できない状況に追い込むこと―――

李牧はそれを狙って行動していくのかもしれません。

それでは王翦の鄴奪取戦略ははどのようなものでしょうか?

 

スポンサードリンク

王翦側の動きはどうなる?!

鄴は攻め落とせない城

では王翦の鄴奪取戦略を考えていきますが、王翦が鄴を奪取するとしてもまだ先のことになると思います。

次の634話ではないでしょうね、きっと。

それで王翦が鄴を落とすとすればですが、まず鄴を力で攻め落とすということはしないでしょう。

王翦も鄴を最初に見に行った時に、こう言っていました。

「完璧な城だ あの城は攻め落とせぬ」

ですので王翦が攻撃して攻め落とすということはないはずで、そのために王翦はこの戦いを兵糧攻め合戦に持ち込むことにしています。

そして桓騎軍を討とうとする李牧軍を、王翦は背後から襲うことを狙っています。

また橑陽にいる楊端和にも援軍を要請するかもしれませんが、その上で李牧軍を桓騎軍、楊端和軍と共に撃破することを狙うことでしょう。

まず鄴周辺で李牧軍を打ち破る。

これを王翦は狙っているでしょう?

 

鄴を攻め落とすのは王翦?!

また鄴が落ちる時には兵糧攻めで落ちることになるのだと思いますが、そこでこれまで王翦が落としてきた鄴の周りの9つの城のことが関係してくると思います。

みなさん覚えていると思いますが、王翦は鄴の周りの9つの城を落とした時には、秦軍に城内にいた民衆には手出しを許しませんでしたね。

娘たちも乱暴されることなく城の外に逃げることができたことは、攻められた側にいた民衆にとっては非常にありがたいことで、このことを人々が忘れているはずがありません。

一方、鄴を取り囲んでいる桓騎軍は、凄惨(せいさん)な戦い方をすることでも知られています。

城を取り囲んでいるのが桓騎から王翦に代わったその時、飢えに苦しんでいた鄴の城内の人々は心に大きな変化が訪れるのではないでしょうか?

桓騎よりも王翦なら信頼できる。

そしてあっけないまでに鄴は城の内部から崩壊していくと予想します。

 

信は王翦の戦い方に共感する?!

また王翦が城を落としてから人々に対して一切手を出すことを禁じたことが、鄴が落ちることに大きな影響を及ぼすことがあるとすれば、それを見た信は何を思うでしょうか?

桓騎の戦い方に批判的だった信。

また信は桓騎の戦い方に批判的だっただけでなく、これまでも信は戦(いくさ)での虐殺や略奪などを忌(い)み嫌っていて、子供の頃から想い描いていたキラキラした大将軍像を色あせさせるつもりは全くないと言い切っていました。

そんな信が王翦のこの戦い方を見て何を思うでしょうか?

「俺の考えは間違っていなかった。」

そう感じて自分の戦い方に自信を深めていくことも考えられますね。

もしもこんな展開が見られるなら、名場面の予感もします。

 

閼与(あつよ)に残った十の八の軍勢が向かう?!

また李牧追撃のための「十の二」の戦略。

残りの八で閼与(あつよ)に向かうことも考えられます。

李牧率いる軍勢が閼与から出てきてそのまま鄴の解放に向かいましたので、閼与の軍勢は手薄のはず。

閼与の兵糧は李牧軍がほとんどを持って行ったかもしれませんが、周辺の集落から兵糧をうまく調達することを田里弥(でんりみ)が考えているかもしれません。

また周囲に趙の軍勢がいないとはいえ、閼与の城内に入ってしまえば軍勢に安心感がもたらされるはず。

その意味でも残った十の八の軍勢が閼与に向かうことも予想されますね。

 

スポンサードリンク

『キングダム ネタバレ 最新 634話』まとめ

ここまで、2020年3月12日発売の週刊ヤングジャンプ掲載漫画『キングダム』の最新634話のネタバレ・あらすじをご紹介してきましたがいかがでしたか?

633話では舞台が鄴に移り、王翦の李牧追撃戦略が明らかになりました。

十人のうち二人を李牧追撃軍に入れて、残りの八人はこの場に残るというもので、李牧たち趙軍の騎馬隊のスピードや食糧の問題を考えてもスピード重視が必要な局面。

一方の李牧はどのような鄴解放戦略を立てているのか?

次の634話ではそんな李牧の「鄴解放戦略」が明らかになると予想します!

普通に考えれば桓騎軍との戦いに勝利する必要がありますので、李牧率いる趙軍と鄴の城内軍が桓騎軍を前後から挟撃。

特に桓騎狙いで李牧率いる趙軍が攻め立てることが予想されます。

または最低限、鄴の城内に食糧を搬入するという手を李牧は考えているかもしれません。

秦軍にも食糧の問題がありますし、鄴に食糧を搬入して鄴の民衆を抑えることができれば、あとは秦軍の自滅を待つのみ。

そんな戦略も李牧は描いているのかもしれませんが、もっと幅広く鄴が落とされて列尾が封鎖されている状態での兵糧攻めを考えているかもしれませんね。

果たして挟撃を受けるであろう桓騎軍はどうなるのか?

王翦率いる李牧追撃軍は間に合うのか?

実際に鄴が落ちる時はどうなるのか?

この辺りの展開がどうなるのかが楽しみなところですが、以上で週刊ヤングジャンプの掲載漫画『キングダム』の最新634話のネタバレ・あらすじ予想を終わります!

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

スポンサードリンク