キングダムネタバレ最新633話『秦軍は李牧を捕まえられない?!』

kingdom-633-spoiler
スポンサードリンク

では今回は、2020年2月27日発売の週刊ヤングジャンプ掲載漫画『キングダム』の最新633話のネタバレ・あらすじをご紹介していきますね。

632話では信が生き返ってキョトンとしている中で、羌瘣(きょうかい)がいまだに意識を失っているところから話が始まりました。

意識を失っていた羌瘣は、まだ天地の間(はざま)の門戸でどこに行けば良いのかが分からず、さまよっていましたね。

そして羌象(きょうしょう)と信について話をする中で、羌瘣が信のことを気になっていたのは、割と会ってすぐくらいだったことが分かりました。

これは信と羌瘣の恋の予感か?!

という発言でしたね。

そこからこの術を使ったことで、羌瘣の寿命が縮んでしまったことが分かりました。

ただ二つのいいことについては内容が分からず、これが何なのか?気になるところ。

そして生き返った信と目が覚めた羌瘣と共に、飛信隊は李牧を追撃しようとしますが、李牧には逃げられた可能性が高くなりました。

趙軍の全軍退却が分かってきたものの、これで朱海平原での戦いが秦側の勝利となったことも確定!

そしてここから秦軍が李牧の追撃を開始すると思われますが、秦側は李牧を討ち取ることができるのか?

鄴(ぎょう)を解放しようとする李牧達を桓騎軍はどう迎え撃つのか?

朱海平原の戦いの勝利を喜んだのもつかの間で、ここからの展開も楽しみですが、では2020年2月20日発売の週刊ヤングジャンプ掲載漫画『キングダム』の最新632話のネタバレ・あらすじをご紹介していきます。

最後までお楽しみください!

キングダム1巻無料で読める方法は?
 

スポンサードリンク

キングダムネタバレ最新633話『秦軍は李牧を捕まえられない?!』

李牧追撃はならない?!

さて632話では李牧に逃げられた可能性が高まり、それに伴い趙軍の全軍撤退が明らかになったため、朱海平原の戦いが秦側の勝利で確定したことになりました。

そしてここからは当然ながら、李牧の追撃が開始されることになることが予想されますね。

ただ趙軍の退却は訓練されたものでもあり、秦軍は軍形が整っていないまま。

そのために秦軍は追撃がうまくできていないことになっています。

この時間のロスが李牧に味方するように思います。

また史実でも李牧が死亡するのはまだ先の話。

今のキングダムは始皇11年のことですが、李牧の死亡は始皇18年。

ですのでここで李牧が捕まることはないのかもしれません。

 

亜花錦がピンチに?!

また李牧をいち早く追っていた亜花錦(あかきん)にピンチが訪れるのかもしれません。

李牧が鄴の解放に向かって本陣退却を開始してから、残された趙軍が一斉に退却の動きを見せていたことが分かってきました。

そうなるといち早く追っていた亜花錦が、背後から趙軍の攻撃を受けてしまうかもしれません。

同じようにバラバラに李牧を追撃する秦軍が、趙軍による前後からの挟撃を受ける形になってしまい、個別に撃破されてしまう可能性があるかもしれません。

そしてそれは李牧の退却戦略でもあるのかもしれませんね。

 

王翦は李牧を捕まえることを諦める?!

李牧率いる趙軍が、訓練された退却の仕方を見せており、一方の秦軍は軍形が整っていないまま。

そして亜花錦など李牧をいち早く討とうとする軍勢が危機に陥っていることから、王翦(おうせん)は李牧を捕まえることは諦める可能性が出てきたかもしれません。

もちろんここで李牧を討てれば、趙側にとって大きな損失。

それは秦にとっては趙の戦いを有利に進められることを意味しています。

ただこの戦いは兵糧との戦いという一面もあり、王翦としては李牧を討ち取ることにこだわることで、もっと大きなものを失うことも考えられるのかもしれません。

李牧も朱海平原の戦いの勝敗から、そもそもこの戦いは鄴の攻防戦であるとして考え方を切り替えました。

同じように王翦も、鄴をどのようにして奪い取るのか?

この点に焦点(しょうてん)を当てるようになっていると思います。

また李牧にとっても自分自身に狙いが集まるのは願ってもないことかもしれませんし、自分自身をおとりにして秦軍を叩くという戦略さえ考えているかもしれません。

そういえば楊端和(ようたんわ)も自らをおとりにするという戦略で戦っていたことがありましたが、同じような戦略を李牧が考えていても不思議はないと思います。

 

スポンサードリンク

キングダムネタバレ最新633話『桓騎軍に襲い掛かる李牧軍?!』

桓騎軍と李牧軍の戦いが始まる?!

また李牧はこの戦いを鄴の攻防戦と位置付けて、鄴の解放に向かいました。

そうなると李牧率いる趙軍が鄴を囲んでる桓騎軍に襲い掛かる場面が描かれるかもしれません。

李牧は桓騎の弱点を見抜いたということになっていましたが、この場面でその弱点を突いて李牧が桓騎軍を倒すのか?

その点も見どころの一つだと思います。

ただ史実をひも解くと、李牧が直接桓騎軍を撃破するのは始皇14年の宜安での戦いになっています。

個人的にはこの戦いで、李牧は桓騎の弱点を突いて桓騎軍を撃破するのかな?と思います。

 

桓騎軍が挟撃を受ける?!

また鄴を取り囲む桓騎軍も少しずつ出てくる敵には対応出来ていていても、李牧本軍が迫ってきたらひとたまりもないことが以前に描かれていました。

李牧本軍が迫ってくれば、桓騎軍にはピンチが訪れるかもしれません。

また鄴の城内から李牧本軍に合わせて軍が出てくるかもしれず、そうなると桓騎軍は李牧軍と鄴からの軍勢の挟撃を受けてしまう可能性もあると思います。

 

軍形を整えて王翦?!

そんな桓騎軍のピンチに対して、王翦は冷静に対処することでしょう。

桓騎軍をおとりにした戦略を描いているかもしれませんし、軍形を整えて李牧率いる趙軍を背後から叩きながら趙軍に迫ることでしょう。

ただ食糧の問題もありますし桓騎軍のピンチも考えられる中で、あまりゆっくりしている時間はあまりないはず。

ここから急いで軍形を整えて趙軍の背後を追い、桓騎軍との挟撃を考えるかもしれません。

 

スポンサードリンク

『キングダム ネタバレ 最新 633話』まとめ

ここまで、2020年2月27日発売の週刊ヤングジャンプ掲載漫画『キングダム』の最新633話のネタバレ・あらすじをご紹介してきましたがいかがでしたか?

632話では信が生き返り羌瘣も意識を取り戻しましたが、秦軍は李牧を取り逃がしたことが分かってきました。

ただ趙軍は朱海平原から完全に撤退していき、朱海平原での戦いは秦側の勝利が確定。

これから戦いの舞台が鄴に移っていくと思われます。

また李牧の追撃戦を開始していく中で、亜花錦にはピンチが訪れることも考えられますし、亜花錦がどうなるか?というところも見どころになるかもしれません。

そして桓騎軍と李牧軍の戦いがどうなるのか?

李牧軍を追撃する王翦は、どのような追撃戦略を立てていくのか?

おそらく乱れた軍形を整えることから始めていき、急いで李牧を追撃すると思いますが、桓騎軍にもピンチが訪れる可能性も出てきたと思います。

ここからの展開は秦軍にとってもハラハラドキドキする局面になると思いますが、ここで週刊ヤングジャンプの掲載漫画『キングダム』の最新633話のネタバレ・あらすじ予想を終わります。

最後まで読んでいただいて、ありがとうございました!!

スポンサードリンク