鬼滅の刃ネタバレ最新話202話『禰豆子に待ち受ける運命は?!』

kimetsu-202-spoiler
スポンサードリンク

さて、今回は2020年4月13日発売の週刊少年ジャンプ掲載漫画『鬼滅の刃』の最新話202話のネタバレ・あらすじをご紹介していきます!

201話のオープニングでは、無惨(むざん)の産まれた時のことが描かれていました。

そして産屋敷(うぶやしき)の言葉に無惨が感動する姿がそこにありました。

生き物は例外なく死ぬ

想いこそが永遠であり不滅

実際に想いは受け継がれていき無惨を倒した事実。

このことに無惨は感動して震えていました。

ただ一方で、この言葉から邪(よこしま)な考えを無惨は宿すことになります。

取り込んでいた炭治郎を鬼にする―――

日の光を克服した禰豆子(ねずこ)と兄弟であり、日の呼吸を使いこなした炭治郎を無惨は最強の鬼の王となるだろうと無惨は予言しています。

そして炭治郎は実際に目を覚まし、左手は回復。

隠(かくし)を攻撃して殺害しようとする炭治郎の悲しい姿がそこにありました。

鬼になってしまった炭治郎が人を殺す前に、あのままの炭治郎で死んで欲しいと願う冨岡でしたが、何と炭治郎は無惨の予想通りに日の光を克服していました。

続けて鬼殺隊の生き残った面々を攻撃してくる炭治郎を、道を踏み外した炭治郎を亡き者にしようと攻撃する伊之助でしたが、炭治郎を斬ることができないシーンが201話のラストシーンとなりました。

ここから炭治郎は、無惨の想いを受け継いで鬼殺隊を攻撃し続けてしまうのでしょうか?

そうなると禰豆子はどうなってしまうのでしょうか?

炭治郎が鬼になるという悲しい出来事からどのような展開が待っているのでしょうか?

辛い展開が待っているかもしれませんが、それではここから2020年4月13日発売の週刊少年ジャンプ掲載漫画『鬼滅の刃』の最新話202話のネタバレ・あらすじをご紹介していきます。

最後までお楽しみください。

また鬼滅の刃の単行本を5巻無料で読む方法があります!

それを知りたいという方は、以下のリンクを参照してください。

鬼滅の刃5巻を無料で読むには?
 

スポンサードリンク

鬼滅の刃ネタバレ最新話202話『炭治郎は無惨の想いを受け継ぐ?!』

鬼になった炭治郎は無惨の想いを受け継いでしまう?!

驚きの201話となりましたが、炭治郎は無惨(むざん)に血も力も注ぎ込まれて鬼になってしまいました。

無惨が言うには炭治郎は禰豆子(ねずこ)の兄だから、日の光を克服するだろうこと。

そして日の呼吸を使うことができたことから、最強の鬼の王となるだろうとのことでした。

しかし本当にそうなってしまえば、どうやって鬼の王となる炭治郎を殺せるのか?

この点は非常に難しくなると思いますが、ひとまず鬼になった炭治郎がここからどうなるのか?

この点が202話での注目ポイントですが、一つには無惨が言ったように、無惨の想いを引き継いでしまう展開が考えられます。

無惨の想いとは、鬼狩りを滅ぼすこと。

この想いを炭治郎が引き継いでしまった場合、まず201話のラストシーンで炭治郎と戦った伊之助を炭治郎が攻撃し続けることになります。

伊之助は炭治郎を殺せない。

しかし鬼となった炭治郎は・・・

炭治郎の姿からは伊之助を覚えているとは考えづらく、攻撃できない伊之助を炭治郎がアッサリと殺害してしまうかもしれません。

次にターゲットになるのは善逸(ぜんいつ)なのか、冨岡なのか?

はたまた不死川に狙いを定めるのか?

炭治郎は目の前にいる鬼殺隊の面々に攻撃を仕掛けていくという展開が考えられます。

 

鬼狩りを全滅させた後の炭治郎はどうなる?!

しかしふと思います。

無惨が炭治郎に受け継いだ想いは、鬼狩りを滅ぼすこと。

そうなると鬼狩りである鬼殺隊をここで全員亡き者にしてしまえば、その後の炭治郎はどうなってしまうのでしょうか?

あくまで私の希望ですが、鬼狩りを全て滅ぼしてしまえば無惨の想いは叶うことになるわけですので、そこで炭治郎は他の人に対する攻撃をやめてしまうのではないか?

あの優しい炭治郎の性格を宿(やど)した鬼に変わっていくのではないか?

そんな予想をしたくなる自分がいます。

ただ炭治郎が鬼殺隊を殺害したこと、それを隠(かくし)たちは見ています。

そして禰豆子も見ています。

その事実を拭(ぬぐ)い去ることはできませんし、禰豆子も炭治郎を許すことができないという展開になるかもしれません。

そして私は鬼滅の刃がここで終わることを想定してこうした希望的な観測を考えてみましたが、考えてみると後味の悪さが残ってしまうと思います。

そう考えるとこうした展開にはならないようにも思えます。

 

鬼狩りを全滅させて無惨のように人の世に紛れ込む?!

それではあくまで炭治郎が悪い鬼になってしまうという展開で考えてみたいと思います。

まず鬼殺隊の面々はみんなが怪我を負っています。

善逸もみんなボロボロだと言っていましたが、一方の炭治郎は無惨から鬼の血と力を受け継いで間もない状態です。

戦闘力を普通に考えてみれば炭治郎に軍配が上がることは間違いないでしょう。

伊之助も善逸も、冨岡も不死川もここで命を落とす可能性が高いと思います。

またはこのうちの誰かを鬼にしてしまう―――

その可能性もあるかもしれませんが、無惨は太陽を克服するために増やしたくもない同類を増やし続けたと語っていました。

鬼となった炭治郎自身が太陽を克服した今、鬼を増やす必要はないと言えるのかもしれません。

 

無惨の生い立ちが描かれる?

そして202話では、無惨の詳しい生い立ちが描かれるかもしれません。

201話では無惨が生まれる前、そして生まれてすぐの生い立ちが描かれていました。

その続きの無惨の生い立ちが描かれて、炭治郎との身体能力の違いが浮き彫りになるのかもしれません。

そしてその身体能力の違いは、鬼となった炭治郎のすさまじい戦闘力をイメージさせるのに充分なのかもしれません。

 

スポンサードリンク

鬼滅の刃ネタバレ最新話202話『禰豆子が炭治郎を倒す?!』

禰豆子はどうなる?!

そして禰豆子はどうなってしまうのでしょうか?

鬼になった炭治郎に殺されてしまうのか?

または鬼になった炭治郎に食べられてしまうのかもしれません。

禰豆子は人間に戻ってしまっていて鬼の力をすでに失っています。

もしも炭治郎が悪い鬼の王になってしまえば、禰豆子に待っているのは悲惨で哀(かな)しい運命なのかもしれません。

 

禰豆子は産屋敷家のような一族を作る?!

しかし無惨と産屋敷(うぶやしき)家は同じ一族で、同じ一族から鬼を出したということで、産屋敷家は無惨を倒す戦いを主導していました。

そう考えると同じ一族から鬼を出したという意味では、炭治郎が鬼となった今、禰豆子が産屋敷家と同じ立ち位置になります。

ですので禰豆子は鬼殺隊の誰かに助けられるなどの形で生き残り、そこから家族を作っていき、そこから炭治郎を倒す戦いを繰り広げるのかもしれません。

第二の鬼殺隊を組織しながら―――

 

禰豆子が炭治郎を倒す?!

または禰豆子が炭治郎を倒してしまう可能性はないでしょうか?

もしも禰豆子が人間に戻り切っていなかったら・・・

もしも人間に戻る薬が一時的なものに過ぎなかったら・・・

禰豆子は再び鬼に戻っていき、炭治郎を倒すために戦いを続けるのかもしれません。

そして禰豆子は鬼を燃やす爆血(ばっけつ)という血鬼術を持っています。

この爆血で炭治郎が焼かれてしまうという展開があるかもしれません。

または冨岡の持っている刀を爆血刀にして、その刀が炭治郎を亡き者にするという展開があるのかもしれません。

この展開は、鬼滅の刃が終わることを想定しているんですが、しかし守ろうと必死になっていた禰豆子に炭治郎が殺されてしまうなら、それは炭治郎にとって残念で哀しい最期と言わざるを得ません。

 

縁壱並みの剣士の登場が待たれる?!

または禰豆子の一家が産屋敷家のように、鬼殺隊を結成して炭治郎という鬼の王を倒そうとするとして、冨岡や不死川がここで生き延びることができれば柱としての役割を担うことになると思います。

そして伊之助や善逸もこの新・鬼殺隊の柱になるのかもしれません。

ただ鬼となった炭治郎を倒すことは至難のワザだと思われますし、炭治郎を倒せるとすれば縁壱(よりいち)並みの剣士の出現が待たれると思われます。

 

スポンサードリンク

鬼滅の刃ネタバレ最新話202話『炭治郎は無惨の想いを受け継がない?!』

炭治郎は優しい鬼になる?!


また鬼滅の刃が終わるという想定ですが、炭治郎がここから優しい鬼になる可能性はないでしょうか?

つまり無惨の想いを受け継がないという展開です。

そもそも禰豆子も最初は炭治郎を襲おうとしていました。

しかし禰豆子は炭治郎を攻撃する中で涙を流していきました。

そして冨岡が炭治郎を攻撃するようになると、禰豆子は炭治郎を守ろうと行動します。

炭治郎は禰豆子と同じ兄弟です。

禰豆子が日の光を克服できたから、炭治郎も日の光を克服しています。

それなら禰豆子が炭治郎を守ったように、炭治郎は禰豆子を守る行動を取るようにならないでしょうか?

 

冨岡が禰豆子を攻撃して炭治郎は禰豆子を守る?!

また禰豆子が鬼になってすぐは炭治郎を攻撃したものの、冨岡が炭治郎を攻撃した時には禰豆子が炭治郎を守ろうとしていました。

そうなるともしも誰かが禰豆子を攻撃していけば・・・

今度は炭治郎が禰豆子を守ろうとはしないでしょうか?

ただこの状況で誰が禰豆子を攻撃していこうとするか?

この状況でそんな機転が利く人はいないかもしれませんが、可能性があるとすればその場に居合わせていた冨岡義勇―――

彼であれば禰豆子が炭治郎を守ろうとした場面をそもそも知っています。

またこの時のために冨岡義勇はここで生き残るという設定になっているのかもしれませんね。

そして炭治郎は優しい鬼となって禰豆子と一緒に暮らしていく―――

そんな鬼滅の刃のラストシーンが待っているのかもしれません。

 

スポンサードリンク

鬼滅の刃ネタバレ最新話202話『炭治郎は鬼にはならない?!』

炭治郎は鬼にならない体質かも?!

または炭治郎が鬼にならない可能性はまだ無いものでしょうか?

無惨から血をもらっても稀に鬼にならない体質の者も存在するとのことでしたね。

もしかすると炭治郎は鬼にならない体質の者ではないか?

ただ炭治郎は失った左腕が復活しました。

これは鬼の体質を受け継いだものだと思われますね。

それでも禰豆子が人を守る鬼だったように、炭治郎も普通の鬼とは違う鬼になる可能性はあるのかもしれません。

できれば優しい鬼になってもらいたい。

そう願いますが・・・

 

人間に戻る薬が効いてくる?!

または珠代(たまよ)が命をかけて無惨に送り込んだ薬が、炭治郎に効き始めることはないでしょうか?

ただ珠代が無惨に送り込んだ薬には、以下のような4つの効果がありました。

①人間に戻す薬

②老化の薬

③分裂阻害

④細胞破壊

無惨が薬を分解してしまったのかもしれませんが、太陽の光を克服したかった無惨にとって、①の人間に戻す薬は太陽の光の克服に有効な成分があったかもしれず、これは分解を遅らせていた可能性があるかもしれません。

そうすると炭治郎は遅れて人間に戻っていく―――

そんなことが起こるかもしれませんね。

 

スポンサードリンク

『鬼滅の刃 ネタバレ 最新話 202話』まとめ

さて、2020年4月13日発売の週刊少年ジャンプ掲載漫画『鬼滅の刃』の最新202話のネタバレ・あらすじをご紹介してきましたがいかがでしたか?

201話では、無惨が炭治郎に血と力を注ぎこんで、炭治郎は鬼になってしまいました!

隠(かくし)に攻撃する炭治郎。

そんな炭治郎に人を殺させまいとする冨岡。

優しいあのままの炭治郎で死んで欲しいと願う冨岡は、日の光で炭治郎を消滅しようとするも、やはり鬼になった炭治郎も日の光を克服していました。

そして伊之助に襲い掛かる炭治郎。

道を踏み外した炭治郎を自分が止める、自分が斬ると心に決めた伊之助でしたが、炭治郎の首を斬れるというその時、それができないというところで201話は終わりました。

ここから炭治郎はどのような鬼になっていくのか?

まずはその点がポイントですが、優しい鬼になるのであれば鬼滅の刃も終わりが近いという展開になると思います。

優しい鬼のまま禰豆子と一緒に暮らしていく、という鬼滅の刃の終わり方もあると思います。

または炭治郎が人を攻撃する悪い鬼の王となっていくのであれば、鬼殺隊にとっては危機的な状況です。

そして禰豆子がどうなってしまうのか?

この点も202話では気になるところで、鬼に戻って爆血で炭治郎を燃やしてしまうことも考えられるのかもしれません。

様々な展開が考えられますが、果たして炭治郎は禰豆子は、鬼殺隊はどうなっていくでしょうか?

それではここで週刊少年ジャンプの掲載漫画『鬼滅の刃』の最新202話のネタバレ・あらすじ予想を終わります!

最後まで読んでいただいて、ありがとうございました!!

スポンサードリンク