鬼滅の刃ネタバレ最新話201話『鬼滅の刃はここで終わる?!』

kimetsu-201-spoiler
スポンサードリンク

さて、今回は2020年4月6日発売の週刊少年ジャンプ掲載漫画『鬼滅の刃』の最新話201話のネタバレ・あらすじをご紹介していきます!

200話では夜明けを迎えて、ついに無惨が日の光で消滅することになりました!!

ただ鬼殺隊の払った犠牲も多大でした。

悲鳴嶼(ひめじま)と伊黒、甘露寺はここで死亡でしょうか。

そして主人公である炭治郎も、息をしておらず脈もない状態。

199話では左手が吹き飛んでいましたので心配でしたが、やはりというべきかかなりの重傷を負うことになっています。

一方では生き残るのか?と思われる鬼殺隊も明らかになってきます。

不死川(しなずがわ)に伊之助、善逸と冨岡義勇、この4人の鬼殺隊は負傷していますが何とか生き残りそうです。

また残された禰豆子(ねずこ)はどうなるのか?

そしてここで鬼滅の刃は終わるのでしょうか?

この点が大きなポイントになりますが、ここからは複数の展開が考えられると思います。

それではここから2020年4月6日発売の週刊少年ジャンプ掲載漫画『鬼滅の刃』の最新話201話のネタバレ・あらすじをご紹介していきます。

最後までお楽しみください!

 

スポンサードリンク

鬼滅の刃ネタバレ最新話201話『鬼滅の刃はここで終わる?!』

炭治郎はこのまま死亡する?!

さて200話では、悲鳴嶼(ひめじま)や伊黒、甘露寺の死と共に、炭治郎の死までが明らかになってしまいました。

199話でも左腕が吹き飛んでしまいましたので、これはかなりの重傷を負ってしまうことになると思いましたが、まさか死に至るとは。

主人公の炭治郎までが死を迎えることは正直意外ではありました。

ここからの展開ですが、まずここからこのまま炭治郎が死を迎えるという展開が考えられると思います。

そしてこのまま鬼滅の刃も終了してしまう。

大人気の漫画ですので、ここで終わって欲しくないという気持ちもありますが、すでに多くの仲間が亡くなっています。

もしも何らかの形で物語が続くとしても、仲間がこれ以上傷ついたり亡くなったりするところは見たくないという気持ちもあります。

鬼殺隊も大きな犠牲を払いましたし、生き残っている柱も不死川(しなずがわ)と冨岡の2人だけ。

伊之助と善逸も生き残っていますが、鬼殺隊も大幅に戦力を失っています。

ただこのまま炭治郎が亡くなってしまえば、残された禰豆子(ねずこ)にとっては悲しい展開になってしまう。

この点は気がかりですね。

 

禰豆子は人間に戻っていたのか?!

また無惨が日の光で消滅したにも関わらず、禰豆子は普通に走っていました。

やはり人間に戻る薬は効力があったということですね。

ただ炭治郎が死亡しただけに、禰豆子は生き残っても他の家族は誰もいなくなったという悲しい展開になってしまいます。

とはいえ善逸も禰豆子のことが好きですし、新しい家族ができるのもそう遠くない未来なのかもしれません。

しかし主人公が死亡して終わるという展開も意外ではありますが、ここからもしかすると人間に戻る薬は一時的な効力しかなかった―――

そんな展開になるかもしれません。

つまりこうです。

人間に戻る薬の効果があった今は無惨が消滅しても禰豆子は生きていますが、薬の効力が切れてしまって禰豆子も消滅してしまう―――

そして炭治郎も禰豆子も亡くなって鬼滅の刃という物語は終わる、という意外な展開が待っているのかもしれません。

 

スポンサードリンク

鬼滅の刃ネタバレ最新話201話『鬼滅の刃がここから続くなら?!』

炭治郎が鬼になる?!

またここから鬼滅の刃が続くとすれば、炭治郎が鬼になってしまうという展開もあるのかもしれません。

無惨は夜明けになって消滅するのを防ぐために、体が大きくなって炭治郎を飲み込むような形になりました。

もちろん炭治郎は吸収された訳ではありませんでしたが、こうなる前に左腕が吹き飛んだ形になっていました。

そうすると炭治郎が無惨に飲み込まれる形になったその時、無惨の血が炭治郎の体内に入っていたら―――

炭治郎が鬼になってしまうという可能性があるかもしれませんね。

そうすると炭治郎は左手も再生して死なない、という展開になっていくかもしれません。

 

炭治郎は無惨のような鬼になる?!

ただ炭治郎が鬼になってしまうとすると、無惨のような鬼になってしまうのでしょうか?

炭治郎が無惨のような鬼になってしまえば、これに対抗する鬼殺隊にとっては大打撃ですね。

何しろメンツがいない。

柱は冨岡と不死川の2人だけになっています。

対抗することが難しくなります。

そしてそうなれば禰豆子にとっても悲しい展開。

禰豆子はこれから誰かと結婚して家族を作るのだとは思いますが、同じ一族から鬼が出たということで、禰豆子一家が産屋敷(うぶやしき)家のように鬼殺隊を組織する―――

ただ柱もほとんどいなくなった今、すぐに鬼となった炭治郎を倒すことは難しいのかもしれません。

鬼となった炭治郎を倒せるのは、大正から昭和、平成に至ってから。

または令和を越えて別の元号になってから数十年後の未来のこと―――

そんな展開が待っているのかもしれませんね。

 

炭治郎は優しい鬼になる?!

または炭治郎が鬼になったとしても、禰豆子がそうだったように他の鬼とは一線を画した鬼になるかもしれません。

人を襲う鬼ではなくて、人と共存していく鬼へ。

そうして炭治郎を通して鬼が進化していく。

そして鬼となった炭治郎は、禰豆子と一緒にこれからも暮らしていく―――

そんなハッピーエンドの終わり方もあるかもしれません。

ただこれは炭治郎に死んでほしくないという点から、炭治郎が「鬼になる」という展開を考えてみました。

実際はここからどのような展開が待っているんでしょうね?

 

スポンサードリンク

鬼滅の刃ネタバレ最新話201話!ツイッターでの世間の反応は?

それでは鬼滅の刃について、世間のツイッターでの反応を見てみましょう。

一部にはもうここで終わっても良いのでは?という意見もありますね。

ダラダラ長く続くよりはその方が良いのかもしれない、という気持ちもあります。

とはいえ大人気マンガだけに、大人の事情がそれを許さないかもしれませんね。

 

スポンサードリンク

『鬼滅の刃 ネタバレ 最新話 201話』まとめ

さて、2020年4月6日発売の週刊少年ジャンプ掲載漫画『鬼滅の刃』の最新201話のネタバレ・あらすじをご紹介してきましたがいかがでしたか?

200話ではついに夜明けを迎えて無惨が消滅してしまいました。

おそらくこれで完全に無惨は消滅したとは思います。

そして悲鳴嶼(ひめじま)や伊黒、甘露寺が亡くなった模様で、鬼殺隊の柱で生き残ったのは冨岡と不死川(しなずがわ)の2人のみ。

また善逸(ぜんいつ)や伊之助は生き残った模様ですが、残念ながら炭治郎は息も脈も無いとのことでしたので、死亡してしまったものと思われます。

ここで鬼滅の刃そのものが終わってしまうのか?

その点が興味深いところですが、まずこのまま主人公である炭治郎が亡くなって鬼滅の刃も終了を迎えるというパターンもあると思います。

または炭治郎と共に禰豆子も一緒に亡くなってしまうというパターンもあるのかもしれません。

はたまた炭治郎が生き延びるとすれば鬼になることが有力ですし、そこから禰豆子が作る家庭が産屋敷家のように鬼殺隊を結成する組織となるのかもしれません。

もしくは炭治郎は鬼になってしまうとしても、禰豆子がそうだったように人を攻撃しない鬼に、人と共存できる鬼になる可能性があるのかもしれません。

さて鬼滅の刃がこのまま終わってしまうのか?

この点が非常に興味深い点ですが、それではここで週刊少年ジャンプの掲載漫画『鬼滅の刃』の最新201話のネタバレ・あらすじ予想を終わります!

最後まで読んでいただいて、ありがとうございました!!

スポンサードリンク