鬼滅の刃ネタバレ最新話199話『無惨は日の光を浴びても消滅しない?!』

kimetsu-199-spoiler
スポンサードリンク

さて、今回は2020年3月23日発売の週刊少年ジャンプ掲載漫画『鬼滅の刃』の最新話199話のネタバレ・あらすじをご紹介していきます!

198話では炭治郎に加えて、伊之助、善逸(ぜんいつ)と同期の3人組が無惨に対して攻撃を繰り返していました。

善逸は片方の足がつぶれ、炭治郎も伊之助もかなりの傷を負っています。

ここで無傷で戦える鬼殺隊員がいれば良いですが、さすがにそうもいかず。

手負いの鬼殺隊員が無惨を倒すべく、無惨に連続攻撃を仕掛けていきます。

ここまでの犠牲を思えば、ここで何とか無惨を倒して欲しい。

それは物語を見る人たち、全員の想いかもしれません。

「夜明けだ!!」

無惨と戦い続ける鬼殺隊がやっとこの時が来た!と心の奥底で思っていたと思いますが、ここで無惨は倒れるでしょうか?

鬼滅の刃のラストも近いのでしょうか?

様々な展開が考えられますが、それではここから2020年3月23日発売の週刊少年ジャンプ掲載漫画『鬼滅の刃』の最新話199話のネタバレ・あらすじをご紹介していきます。

最後までお楽しみください!

 

スポンサードリンク

鬼滅の刃ネタバレ最新話199話『無惨は日の光を浴びても消滅しない?!』

無惨は夜明けと共に消滅する?!

さて、198話では炭治郎をはじめ、伊之助や善逸が無惨に連続攻撃を仕掛けていき、甘露寺や不死川(しなずがわ)も攻撃に参加。

伊黒も炭治郎を助けるような動きをしていました。

今動ける鬼殺隊全員での総攻撃。

そして炭治郎が壁に無惨を刀で縫い止めていき、夜明けを迎える寸前まで無惨を追い詰めていくことになりました。

さてここからどんな展開を見せるでしょうか?

まず考えられるのは、太陽に弱い鬼の無惨。

夜明けと共に日の光を浴びて消滅してしまうことが考えられますね。

また無惨が倒れてしまえば、現存する鬼は全て消滅するとされています。

ただ少し前に禰豆子(ねずこ)は人間に戻ることに成功しています。

ですので今は無惨が倒されても、炭治郎と禰豆子にとっては問題のないタイミングと言えます。

こうなると禰豆子が人間に戻ったのは、無惨が倒されるために必要な一コマだったとも言えることになると思います。

 

無惨に日の光が当たるのが少し遅れる?!

または炭治郎が無惨を縫い止めることができた場所。

ここが夜明けと共に、すぐに日の光が当たる場所だったのか?

その点は抜かりはないかもしれませんが、もしかすると激戦のさなかで炭治郎が無惨を縫い止めることができた場所は、すぐには日の光が差し込まない場所だったという可能性もあるかもしれません。

そうなると夜明けと共に無惨が消滅してしまうと考えていた鬼殺隊にとっては非常に残念な事態になります。

早く!日の光が無惨に当たってくれ!!

炭治郎や不死川などがそう叫ぶ場面が描かれるのかもしれません。

またここで無惨を仕留めることができる!

そう考えていた鬼殺隊員は、無惨に日が当たらない状況になってしまうと、確実に心にスキが出来てしまうことでしょう。

そこで誰か鬼殺隊員が亡くなるのではないか?

悲しいことですが、そんな展開が待っているのかもしれません。

亡くなる可能性が高いのは、変形した無惨にかみつかれた伊黒か?

はたまたその他の鬼殺隊員が犠牲になってしまうのか?

こうした展開を考えると、まだまだ予断を許さないことになりますね。

 

無惨は日の光でも消滅しない?!

または無惨は日の光を浴びても消滅しない可能性もあるかもしれません。

その理由としては、珠代の薬です。

珠代の薬は以下のような効果がありましたね。

1つめ・・・人間に戻す薬

2つめ・・・老化の薬

3つめ・・・分裂阻害

4つめ・・・細胞破壊

このうち1つめの「人間に戻す薬」が無惨の体に何らかの影響を与えてしまい、日の光を克服してしまう可能性もあるのかもしれません。

または無惨が薬を分析する中で、日の光を克服するヒントを得てしまうのかもしれません。

そうなると無惨を倒せるのは、炭治郎の日の呼吸のワザになると思われます。

ただやはりこうした展開になれば、もう無惨を倒せると考えていた鬼殺隊員にはスキができてしまい、新たな犠牲者を生み出してしまう展開も考えられますね。

 

スポンサードリンク

鬼滅の刃ネタバレ最新話199話『禰豆子はまだ人間に戻っていなかった?!』

禰豆子は人間の戻っていない?!

また禰豆子は196話で人間に戻ったかに思えました。

ただもしも禰豆子が人間に戻っていなかったらどうでしょうか?

人間に戻っていない可能性としてはいくつかの可能性があるかもしれませんが、珠代の薬が完全なものではなかった。

または爆血など鬼の能力を使う必要性から、人間に戻らないことを禰豆子自身が選択するのかもしれません。

禰豆子が鬼のままでいることの方がストーリーは様々な展開が生まれるように思いますし、無惨が倒されてしまえばこの鬼滅の刃という漫画そのものが終了になります。

できれば漫画がもっと続いて欲しい。

そう思う私としては、禰豆子がまだ人間に戻らないのではないか?と考えています。

 

禰豆子が鬼のままであれば無惨を倒せない?!

また禰豆子が何らかの理由で人間に戻らずに鬼のままであったなら、無惨を倒すことはできるでしょうか?

もしも禰豆子が鬼のままであったなら、無惨が倒れれば鬼は全てが消滅するとされていますので、禰豆子も消滅してしまうことになってしまいます。

それを炭治郎が受け入れられるでしょうか?

(もしかすると善逸も受け入れられないかもしれませんね。)

そこで炭治郎は他の鬼殺隊員に対して、無惨を倒すことをやめるようにお願いする場面があるのかもしれません。

ただここまで多くの犠牲を払っている鬼殺隊。

炭治郎の願いと言えども、この願いを聞き入れることは難しいと思われます。

 

スポンサードリンク

『鬼滅の刃 ネタバレ 最新話 199話』まとめ

ここまで、2020年3月23日発売の週刊少年ジャンプ掲載漫画『鬼滅の刃』の最新199話のネタバレ・あらすじをご紹介してきましたがいかがでしたか?

198話では炭治郎や伊之助、善逸が無惨に対する連続攻撃を仕掛けていきました。

無惨も何度も立ち向かってくる鬼殺隊員に精神的に追い詰められてきていて、またあいつぐ鬼殺隊員の攻撃に疲労の色も見えてきています。

ただ炭治郎は197話で無惨からの攻撃を受けてしまっていて、善逸も片足がつぶれた状態。

鬼殺隊員の誰もが怪我を負った万全ではない状態での戦いです。

そこで炭治郎は壁に無惨を縫い止めることにして、甘露寺や不死川も無惨との戦いに参戦。

夜明けを迎えて無惨がどうなるか?

これが199話での主な見どころになると思いますが、ここで無惨が日の光を受けて消滅していくのか?

それとも日の光をすぐには受けずに、少し時間の猶予(ゆうよ)ができてしまって鬼殺隊員に犠牲者が出てしまうのか?

はたまた無惨自身が日の光を克服してしまっている可能性もあるのかもしれません。

また無惨を倒すことができるかどうかは、禰豆子が人間に戻っていることも必要になります。

禰豆子は完全に人間に戻っているのか?

この点も199話の見どころになることでしょう。

今後の展開が楽しみですが、ではここで週刊少年ジャンプの掲載漫画『鬼滅の刃』の最新199話のネタバレ・あらすじ予想を終わります!

最後まで読んでいただいて、ありがとうございました!!

スポンサードリンク