鬼滅の刃ネタバレ最新話198話『禰豆子にピンチが訪れる?!』

kimetsunoyaiba-198-spoiler
スポンサードリンク
 

今回は2020年3月16日発売の週刊少年ジャンプ掲載漫画『鬼滅の刃』の最新話198話のネタバレ・あらすじをご紹介していきます!

196話では禰豆子(ねずこ)が人間に戻り、珠代(たまよ)の4つの薬が鬼舞辻無惨(きぶつじむざん)を追い詰めていくかに思えました。

しかし197話では無惨は激しい攻撃を見せることになります。

それは目の前にいた炭治郎だけでなく、産屋敷(うぶやしき)邸にまで及んでいました。

敵が遠くにいてもそれを察知することができたのか?

どこか無惨自体が薬でピンチに陥ったために、生き延びようという生存本能から進化したのか?と思える場面でした。

そしてこの無惨の攻撃で炭治郎も呼吸ができない状況に陥ることになります。

無惨が逃げ切ってしまうか?

そう思われたその時、伊之助が無惨の前に現れましたが無惨の攻撃の前に傷を深める結果になりました。

ただその間に時間を稼いだことで悲鳴嶼(ひめじま)と冨岡義勇が傷を負いながらも、打倒無惨のために再び立ち上がろうとしています。

さてここから鬼殺隊は無惨を倒すことができるのか?

禰豆子はどうなるのか?

鬼滅の刃自体はここで終わりを告げるのか?

相手はあの無惨ですのでまだまだ予断を許さない展開が続きますが、それでは2020年3月16日発売の週刊少年ジャンプ掲載漫画『鬼滅の刃』の最新話198話のネタバレ・あらすじをご紹介していきます。

最後までお楽しみください!

 

スポンサードリンク
 

鬼滅の刃ネタバレ最新話198話『悲鳴嶼と冨岡義勇は無惨を倒せない?!』

悲鳴嶼と冨岡義勇が無惨に再び戦いを挑む?!

さて197話では無惨が薬の影響で弱っていましたが、無惨の体に変化が訪れていました。

ただ無惨にも疲労の色は濃く鬼殺隊もボロボロですが、無惨に対して勝機を見出すことができるのか?

198話ではそうした展開が予想されますが、197話のラストで悲鳴嶼(ひめじま)が立ち上がっていましたので、まずこの悲鳴嶼が無惨に立ち向かってどうなるか?

そして冨岡義勇も立ち上がっていましたので、手負いのこの2人が無惨に同時に立ち向かっていくことが予想されます。

 

2人同時に攻めることができるのか?

ただ無惨に対抗するとしても、2人で同時に攻めることができるのか?

この点も重要になってくるように思います。

また2人が連携できるかは、2人の状況によるかもしれませんね。

お互いがお互いを認識できる距離にいるとすれば、2人が協力体制を築くことができると思います。

ただお互いの距離が離れていれば連携を取ることができず、運が悪ければ一人一人が個別に無惨に相対(あいたい)してしまうことも考えられますね。

どちらも手負いのボロボロの状態。

まだ2人で連携して無惨を攻撃することができれば勝機を見出しやすくなると思いますが、個別に対峙(たいじ)してしまえば・・・

ここで個人的な予想ですが、無惨はまだしばらく死なないと思いますので、ここはもしかすると悲鳴嶼と冨岡義勇は個別で無惨に攻撃を仕掛けるのかもしれない、と思います。

 

悲鳴嶼と冨岡義勇はやはり無惨を倒せない?!

ただ悲鳴嶼と冨岡義勇の2人は、やはり無惨を倒すまでに至らないのではないか?と思います。

単純に無惨を倒すのは主人公であり、あの「日の呼吸」を使いこなす炭治郎ではないか?

そう予想しているからです。

そうでなければ縁一(よりいち)さんが、炭治郎の先祖の炭吉さんに日の呼吸を伝えていた意味も無くなってしまう気もしますからね。

縁一さんの伝えた「日の呼吸」が無惨を倒す。

いや倒してもらいたい。

個人的にはそんな気持ちがあります。

また悲鳴嶼は足を、冨岡義勇は腕がちぎれた状態です。

疲労の色の濃い無惨ですが、柱であるこの2人でもこれだけ重傷では無惨を倒すことは難しいことでしょう。

 

無惨の変化は新たな覚醒?!

また先ほどの繰り返しになりますが、二人の状況としては悲鳴嶼は足が、そして冨岡義勇は腕がちぎれている状態です。

無惨も薬の影響があり疲労の色が出ているとしても、この2人の負傷の度合いはかなりの重傷です。

また無惨の体にも大きな変化がありました。

そして産屋敷家にまで届くような攻撃を繰り出せたのは、ここにきて防衛本能からなのか、無惨が進化してしまったかのようにも思えた変化でした。

ですので、まだ無惨には余力があると思います。

ただし何度も立ち上がってくる鬼殺隊に対して、精神的な面で追い詰めていることも確かなはず。

悲鳴嶼と冨岡義勇の2人は直接無惨を倒せなかったとしても、2人の粘り強い攻撃は最後に無惨を倒すためのアシストになることは間違いないことだと思います。

それはきっと伊之助たちの攻撃についても同じことが言えると思います。

倒せないとしても彼らの戦いは決して無駄ではない。

私はそう思います。

 

スポンサードリンク
 

鬼滅の刃ネタバレ最新話198話『禰豆子にピンチが訪れる?!』

禰豆子が炭治郎を追って無惨に近づく?!

また198話では禰豆子にも変化が訪れるかもしれません。

禰豆子は少し前に人間に戻ったかに思えました。

このことで禰豆子は鬼の力を失ったのでは?とも推測されていますね。

この禰豆子が無惨のいる場所の近くに来てしまえば、禰豆子はどうなることでしょう?

おそらく無惨の攻撃を受けてしまい、ここで鬼の力を失っているのであればかなりの重症を禰豆子も負ってしまうかもしれません。

そんなピンチが禰豆子に訪れると予想します!

 

炭治郎の怒りが頂点に!?

また禰豆子が無惨に攻撃を受けてしまう―――

そんな展開になったとすれば、それを見た炭治郎はどうなるでしょうか?

おそらく炭治郎の怒りは頂点に達することでしょう。

それが炭治郎に力を与えて炭治郎が無惨を追い詰めていくことになるのかもしれませんね。

ただこの展開は198話ではなく、まだ先のことかもしれません。

 

善逸の怒りも頂点に?!

また禰豆子が無惨の攻撃を受けて怒るのは、何も炭治郎だけではないかもしれませんね。

女好きの善逸(ぜんいつ)が禰豆子が攻撃を受けたことに対して、炭治郎以上に激怒!

善逸も力を発揮して炭治郎と共に無惨を追い詰める―――

なんてことになるかもしれません。

 

スポンサードリンク
>

『鬼滅の刃 ネタバレ 最新話 198話』まとめ

ここまで、2020年3月16日発売の週刊少年ジャンプ掲載漫画『鬼滅の刃』の最新198話のネタバレ・あらすじをご紹介してきましたがいかがでしたか?

197話では珠代さんの薬が無惨を追い詰めたかに思えました。

ただそこで覚醒なのか産屋敷家にまで通じる攻撃を仕掛けることに無惨は成功することになります。

この変化は何なのか?

追い詰められた無惨の進化した姿だったのかもしれません。

それはともかく198話では、まず悲鳴嶼と冨岡義勇の2人が無惨を攻撃するところから始まることでしょう。

ただしこの2人は足や腕がちぎれたという重傷を負っています。

ですので疲労の色の濃い無惨と言えども、この2人はまだ無惨を倒せないのではないかと予想します。

しかし2人を含めたこれまでの無惨たちへの攻撃は、最終的に無惨を倒すのに間接的に影響を与えることでしょう。

また禰豆子の動向も気になるところで、禰豆子は炭治郎のいる場所の近くに現れるのかもしれません。

その時に禰豆子が無惨に攻撃を受けたとしたら、そこから炭治郎と善逸も怒りが沸き上がってきて無惨への攻撃が強くなるかもしれません。

果たして今後、無惨はどこで倒されるのか?

その時、鬼滅の刃は終わってしまうのか?

まだ終わらずに別の展開が待っているのか?

興味が尽きないところですが、ここで週刊少年ジャンプの掲載漫画『鬼滅の刃』の最新198話のネタバレ・あらすじ予想を終わります!

最後まで読んでいただいて、ありがとうございました!!

スポンサードリンク