呪術廻戦154話ネタバレ最新話考察『星綺羅羅の術式が判明?!』

呪術廻戦 154話 ネタバレ 確定 星綺羅羅 術式
スポンサードリンク
 

さて今回は、2021年8月10日発売の週刊少年ジャンプ・呪術廻戦の154話ネタバレ考察をご紹介していきます。

1か月休載明けの153話では、真希ちゃん無双から一転、虎杖・伏黒コンビが高専3年の秤金次に協力してもらうために移動していきます。

そこで秤が賭け試合の胴元をしていることが分かり、その秤と接触するために虎杖と伏黒は動きますが、その賭け試合で虎杖はパンダ先輩と対戦。

また153話の最後には、初めて秤金次の顔が読者に明かされることになりました!!

そして秤の隣には、もう1人高専の3年生がいて、その名は「星綺羅羅(ほしきらら)」と言いました。

さてここからどんな展開を見せるのか?

それが気になりますが、それでは呪術廻戦最新154話のネタバレ考察をご紹介していきます。

最後まで読んでもらえたら嬉しいです。

 

スポンサードリンク
 

呪術廻戦154話ネタバレ:秤の勧誘のために動き出すパンダ先輩たち

さて秤の気を引くため、虎杖は賭け試合に参加していましたが、その裏で伏黒とパンダが合流していました。

秤に接触するため、パンダ先輩と伏黒は秤がいる駐車場跡地の屋上のモニタールームに近づく作戦を立てていました。

ただこれまでパンダ先輩が調査した限りでは、そのモニタールームに近付けないことが分かりました。

それはどんな理由だったのでしょうか?

 

呪術廻戦154話ネタバレ:星綺羅羅の術式?

さてパンダ先輩は秤のいるモニタールームに向かおうとしたことがありましたが、パンダ先輩は次のようにモニタールームに近付けないと話していました。

「屋上に出てからドアに近づいても距離が縮まらないんだよ。

歩いても走ってもダメ、感覚としては悟の術式と近い気がする。」

しかも綺羅羅は男で、その綺羅羅の術式のせいで秤がいる屋上のモニタールームには近づけないようです。

またパンダ先輩は星綺羅羅の術式の感覚は、あの五条悟の術式に近いとも言っていますが、無限に近い感覚とはどんな感じなのでしょうか?

それは重力や磁力などが関係しているのでしょうか?

 

呪術廻戦154話ネタバレ:隠密行動開始!

またパンダのかわりに、客寄せパンダとなり(?)賭け試合で優勝した虎杖。

見ている観客のことも考えて戦う虎杖のパフォーマンスに惚(ほ)れた秤は、自分のいるモニタールームに虎杖を呼び出します。

それは伏黒たちにとって好都合ですし、虎杖のネアカで人たらしの性格は秤と相性が良いだろうとパンダ先輩は考えます。

ただ問題は虎杖の正直すぎる性格で、嘘をつくという発想が出にくいタイプ。

そのため虎杖が高専関係者であることを、秤に見抜かれる場面があるかもしれません。

そうなると虎杖は秤先輩とろくに話もできないか、または仲間に割って入られてしまう可能性があって、こうなると虎杖たちは秤先輩の勧誘に失敗することになってしまいます。

そこでパンダ先輩は、虎杖がモニタールームに入った時点でアジトの立体駐車場を制圧。

秤と虎杖の2人が話し合う時間を作ろうという作戦です。

パンダ先輩はカメラの位置と死角を把握していますし、見張りの人数もそう多くない。

これはイケると伏黒もパンダ先輩の作戦に賛成しました。

そしてパンダ先輩と伏黒は、虎杖が秤と話す時間を稼ぐために行動を始めることになっていきます。

 

スポンサードリンク
 

呪術廻戦154話ネタバレ:綺羅羅vs伏黒

さて伏黒・パンダ先輩は、計画通りに立体駐車場にいる見張りたちを倒していきます。

このことが後で秤たちとのモメ事にならないかを気にする伏黒でしたが、パンダ先輩は楽観的な様子を見せていました。

そしてモニタールームの扉の前を固めようとするパンダ先輩たちでしたが、ここでパンダ先輩たちは星綺羅羅にバッタリと姿を見られることになってしまいます。

星綺羅羅はここで頭を働かせます。

パンダ先輩=高専の人間で、伏黒がパンダ先輩の手引きでここにいるということは、伏黒=高専側の人間で、虎杖は伏黒と一緒に訪ねてきましたので、虎杖=高専の人間だと星綺羅羅は考えます。

そして星綺羅羅は、このことを秤先輩に携帯で伝えようとしましたので、ここで伏黒はとっさに玉犬で攻撃しますが、なぜか玉犬は伏黒自身の元に戻されてしまいます。

この時の伏黒は玉犬が吹っ飛ばされたと錯覚しますが、これは綺羅羅の術式で近づけなかったと気づきます。

その間に、綺羅羅・パンダ・伏黒・玉犬の頭上がチカッと光り、「マーキング済みだもんね」と綺羅羅は考えながら、秤がいるモニタールームの方に逃げていました。

パンダ先輩と伏黒は綺羅羅の行く手を阻もうとしますが、今度は玉犬の元に伏黒が吸い寄せられることになります。

この時の伏黒は綺羅羅に近づけないだけでなく、玉犬からも離れられない状態になってしまいましたが、星綺羅羅の術式はどのようなものなのでしょうか?

 

呪術廻戦154話ネタバレ:星綺羅羅の術式とは?

さて星綺羅羅の術式が描写されましたが、この星綺羅羅の術式はどのようなものなのでしょうか?

ツイッターでは磁石のような性質の術式ではないか?という意見もありました。

確かにと思える内容ですし、マーキングした相手の距離を自在に操れる術式かな?とも思いました。

ただ現時点では星綺羅羅の術式から考えると、星綺羅羅自身には強力な攻撃手段はないのかもしれませんね。

 

パンダ先輩のお尻のImaiの文字は?

またパンダ先輩のお尻辺りには、星のマーキング★Imai の文字がありました。

個人的にはそこから考えると、星綺羅羅の術式はマーキングされた時の星や★マークから【万有引力】が関係しているのではないかと予想しました。

★は座標を記し、【imai】これは星座のみなみじゅうじ座デルタ星の名前で、さらにみなみじゅうじ座は十字を形作る4つの星で、【imai】はその中で最も暗い3等星のことです。

他にアクルックス (Acrux)・ミモザ (Mimosa)・ ガクルックス (Gacrux)があります。

ですのでこの場面では、パンダが【imai】なら綺羅羅・伏黒・玉犬はアクルックス (Acrux)・ミモザ (Mimosa)・ ガクルックス (Gacrux)のどれかにマーキングされてるのではないでしょうか?

ちなみにこの【万有引力】について詳しく調べたところ、次のように書かれていました。

ある点における万有引力は、適当な座標系をとればつねに無重力状態にできる。

しかし、場所ごとの無重力状態となる座標系は互いに加速度運動をしている座標系となる。

したがって、ある点での無重力系で別の点に着目すれば重力の作用している状態になっている。

なのでパンダがモニタールームに近づけないのは、すでに座標としてマーキングされているパンダが進みたい方向とは反対側に、加速度運動が働いているからなのかもしれませんね。

また伏黒と玉犬が離れられないのは、重力が作用している状態になっているということだと予想しましたが、無重力状態というのが作中でどんな描かれ方になるのか、引っかかるポイントですね。

ただ他にも磁力だったり斥力だったりと、星綺羅羅の術式の可能性はまだまだありますね。

次週に術式の謎が明かされるといいですが、星綺羅羅の術式が分かるのはいつのことになるのでしょうか?

 

呪術廻戦154話ネタバレ:秤vs虎杖?

またモニタールームでは虎杖が秤と接触することに成功していましたが、ここから秤先輩は虎杖に「1日1時間あることをするだけで月収100万円に!!って言われて信じるか?」と問いかけていました。

この問いに対する虎杖の答え次第で、今後の展開が変わってくることでしょう。

人たらしな性格の虎杖と相性がいいとパンダは言っていましたが、秤は東堂・脹相に続く虎杖の3人目のブラザーになるのでしょうか?

 

スポンサードリンク

呪術廻戦の154話最新話ネタバレ考察 まとめ

さてここまで呪術廻戦154話ネタバレ・考察をご紹介してきました。

星綺羅羅はまさかの男という衝撃の展開でしたね!

また星綺羅羅の術式の謎も気になりますが、五条先生の術式と近いものがあると言うのが恐ろしいですよね。

星綺羅羅の術式の謎については、皆さんの予想も聞いてみたいです。

また星綺羅羅は秤と常にくっついているそうなので、秤の術式もさらに気になるところです!

それではここで、呪術廻戦154話のネタバレ考察を終わります。

最後までお付き合いありがとうございました。

ホント毎週毎週楽しませてくれますね。次の話も早く読みたい!!!

スポンサードリンク