呪術廻戦ネタバレ149話最新話『真希と真依の死亡が確定する?』

呪術廻戦 ネタバレ 149話 最新話
スポンサードリンク
 

 

さて今回は、2021年5月24日発売の週刊少年ジャンプ『呪術廻戦』の最新話149話のネタバレ・あらすじの考察・予想をご紹介していきます!

148話では、禪院真希と真依の2人が父親に倒されてしまっている様子が描かれていました。

展開もスピーディーですが、夜蛾学長も死亡したところといい、虎杖たちの味方にとって不利な状況になっていると言えます。

これは五条悟が封印されていることで、力関係が崩れてきたこともあるのでしょうか。

また禪院扇は実の子供の禪院真希たちが出来損ないだから、自分が当主になれなかったと言っていました。

しかしそれは扇が当主になれなかった本当の理由ではないと思います。

扇は当主になれなかった無念さを抱えながらも、それを自分のせいだと認めたくなくて、子供たちのせいにしたいだけだという気がします。

それはさておき、禪院家は真希と真依、そして伏黒恵を五条悟の解放を企てた謀反者として誅殺するつもりです。

ここで禪院真希が倒されてしまうと、禪院家は伏黒恵を狙うと思われますが、伏黒恵はどうなるのでしょうか?

それではここから2021年5月24日発売の週刊少年ジャンプ『呪術廻戦』最新話149話のネタバレ・あらすじ予想を行っていきます。

最後までお楽しみください!

 

スポンサードリンク
 

呪術廻戦ネタバレ149話:禪院真希と真依は死亡する?

さて149話のネタバレ予想を行っていきますが、禪院真希が実の父親である扇に倒されるという展開になりました。

ここで気になるのは真希と真依が死亡したのか?

この点ですね。

禪院家は真依と真希、そして伏黒恵も誅殺するという作戦を考えています。

そのことで禪院家は、総監部からの信頼もより強固になると考えています。

また禪院扇は、子供たちについて出来損ないだと言っていました。

それは自分のせいにしたくない扇の深層心理のように思えますが、子供を出来損ないという扇だと、真希と真依を手にかける可能性が高いように思います。

ここで真希や真依に死んでもらいたくないと思いますが、この2人の命はここで途絶えてしまうのでしょうか?

 

呪術廻戦ネタバレ149話:パンダが真希・真依を助けに来る?

真希や真依が助かる可能性があるとすれば、誰かがここで助けに来ることが必要になるはずです。

また真希は呪具を回収した後で、パンダを探して合流する予定でした。

そのパンダが真希と真依を助けにくるしょうか?

そういえば0巻では、壁をぶちやぶって夏油傑(げとうすぐる)の前に登場したパンダ。

そんなパンダは禪院家の家の壁をぶちやぶって、真希と真依を救いに登場するのでしょうか?

またはその他の人物が、真希と真依を救いに来るのでしょうか?

 

呪術廻戦ネタバレ149話:真希・真依の母親が2人を助ける?

またはもしかすると真希と真依は、お母さんに助けられるのかもしれません。

というのも148話では、真希のお母さんは真希に忌庫(きこ)に入らないように言っています。

「戻りなさい!!」

お母さんのその言葉は非常に強い口調でしたが、それだけ強い口調だった理由は忌庫への立ち入りが禁止されているからではなく、お母さんは真希に危険が及ぶことが分かっていたからなのかもしれません。

真希のお母さんがこのタイミングで真希を心配していたとすれば、お母さんは真希や真依を守るために禪院家を裏切る意図があるのかもしれません。

ただお母さんは呪術や呪具を使えるのでしょうか?

この点は定かではありませんが、扇とお母さんが戦って真希や真依を救うというよりも、息が絶え絶えになっている真希と真依をお母さんが上手くかくまうのかもしれませんね。

真希や真依が助かる可能性を探りましたが、2人の運命はどうなるのでしょうか?

 

スポンサードリンク
 

呪術廻戦ネタバレ149話:直毘人と伏黒恵の関係が明らかに?

また148話では、前の当主だった禪院直毘人(なおびと)が伏黒恵「には」禪院家の財産を全て譲ると言っていたことが明らかになりました。

なぜ直毘人は伏黒恵「には」禪院家の財産の全てを譲ると考えたのでしょうか?

一つには禪院家の内部が、同じ一族内でもドロドロした関係であることも影響しているのかもしれません。

呪術界の御三家という名門の家柄の禪院家は、その当主の座を狙ってうごめく人たちの集団になっていたことでしょう。

そして直毘人は当主になってからも、禅院家内部からの妬みを受けることも多かったのかもしれません。

そうすると直毘人は禪院家の誰とも仲が良くなかったかもしれず、仲の悪い禪院家の人たちに財産を少しも与えたくないと考えたのかもしれません。

そこで禪院家のドロドロした関係とは無縁な伏黒恵に、全財産を渡したいと考えた。

その様子が回顧シーンとして149話で描かえるのかもしれません。

ただしかしそんな直毘人の考えが、禪院家の人々を真希・真依・伏黒誅殺に向けて動かしてしまいます。

果たして3人の運命はどうなるのでしょうか?

 

スポンサードリンク
>

呪術廻戦ネタバレ149話:虎杖たちの味方がまた死亡する?

また最近の呪術廻戦は、五条悟の封印から不穏な空気が漂っているように感じます。

夜蛾学長が殺害され、真依や真希は父親の扇に倒される。

虎杖たちの味方に刃が向けられている点が気になるところで、149話ではまた別の人物が死亡する展開が待っているのかもしれません。

果たしてそれは誰になるのでしょうか?

 

呪術廻戦ネタバレ149話:日下部が殺される?

もしかすると命を狙われるのは、日下部(くさかべ)なのかもしれません。

日下部は夜蛾学長が殺された147話で、夜蛾学長をおびき出すために捕まっていたパンダを助けていました。

この件がバレてしまい、日下部も総監部に反逆の意志ありとして命を狙われてしまう。

自らの保身だけに必死になっている総監部の人たちにとって、少しの反逆の兆しであっても摘み取ってしまおうと躍起(やっき)になっているのかもしれませんね。

 

スポンサードリンク

呪術廻戦ネタバレ149話 まとめ

ここまで2021年5月24日発売の週刊少年ジャンプ『呪術廻戦』の最新話149話のネタバレ・あらすじの考察・予想をご紹介してきました!

148話では禪院真希が実の父親の扇に倒される、という衝撃の展開となってしまいました。

まずここで気になるのが真希と真依の2人の生死ですが、149話で2人の生死が明らかになるのかもしれません。

父親の扇は2人の息の根を止めてしまうのか?

それとも誰かが2人を助けに登場するのか?

できれば2人の命が助かって欲しいと思いますが、主人公側の人物に悲劇が訪れることもよくありますので予断は許さないところですね。

 

また148話では、直毘人は伏黒恵「には」全財産を渡す意向を示していました。

なぜ直毘人は伏黒恵「には」全財産を渡そうとしたのか?

この点が149話で明らかになるのかもしれません。

 

また最近では、虎杖たちの味方の人間に悲劇が訪れています。

この流れからすると149話でも、虎杖たちの味方の人物の誰かにまた悲劇が待っているのかもしれません。

考えられる可能性としてはパンダを救った日下部も考えられますが、果たしてどんな展開が待っているのでしょうか?

今後の虎杖たちの動向も気になるところですが、それではここで週刊少年ジャンプ『呪術廻戦』の最新話149話のネタバレ・あらすじの考察・予想を終わります。

最後まで読んでいただいて、ありがとうございました!

スポンサードリンク