呪術廻戦ネタバレ146話『来栖華の術式で獄門疆に何が起こる?』

呪術廻戦 ネタバレ 最新話 146話
スポンサードリンク
 

さて今回は、2021年4月19日発売の週刊少年ジャンプ『呪術廻戦』の最新話146話のネタバレ・あらすじの考察・予想をご紹介していきます!

145話は様々な謎が解明された回となりました。

  • 144話のラストに登場した全知の術師が天元であること
  • 夏油傑の肉体に宿っている術師の正体が「羂索(けんじゃく)」であること
  • 天元は星漿体との同化に失敗して天元の個としての自我は消えていること
  • 天元は人間より呪霊に近くなっており、呪霊操術の術式対象となったこと。
  • 羂索(けんじゃく)の目的が人類への進化の強制であること
  • 死滅回游(しめつかいゆう)の管理者が羂索ではないこと
  • 獄門疆(ごくもんきょう)の裏があること
  • 獄門疆・裏をこじ開けるには、天逆鉾(あまのさかほこ)

 

などなど・・・

内容が盛りだくさんになった145話でしたが、五条悟を獄門疆から解放する手段として、天元は死滅回游に参加している千年前の術師「来栖華(くるす はな)」に触れました。

さてここからの展開が気になるところですが、それではここから2021年4月19日発売の週刊少年ジャンプ『呪術廻戦』最新話146話のネタバレ・あらすじ予想を行っていきます。

最後までお楽しみください!

 

スポンサードリンク
 

呪術廻戦ネタバレ146話:来栖華の術式で獄門疆に何が起こる?

呪術廻戦 ネタバレ 最新話 146話 1

(引用:呪術廻戦)

さて145話では、五条悟を解放するために必要な獄門疆(ごくもんきょう)・裏が登場しました。

とはいえこの獄門疆・裏の開門の権限も、表の所有者・羂索(けんじゃく)が持っています。

そしてこの獄門疆・裏をこじ開けるには、天逆鉾(あまのさかほこ)か黒縄(こくじょう)という呪具が必要であるものの、この2つとも五条悟自らが破壊したり消してしまったりしています。

ただ他にも手があるようで、ここで天元は死滅回游(しめつかいゆう)に参加しているプレイヤーの名前を挙げることになりました。

それが「天使」を名乗る千円前の術師・来栖華(くるす はな)という人物でした。

そして彼女の術式は、あらゆる術式を消滅させるということでしたが、この来栖華の術式によってどのように五条悟が解放されるというのでしょうか?

この点が146話で明らかにされると思われますが、その方法をここから考察・予想していきます。

 

呪術廻戦ネタバレ146話:獄門疆は術式で開く?

五条悟を解放するために、天元は来栖華の名前を挙げました。

そしてこの来栖華の術式が、あらゆる術式を消滅させるものであることも判明しました。

ここから考えられるのは、獄門疆は術式によって封印するものであるという点です。

獄門疆は術式によって人を封印するものであれば、術式がそもそも無くなってしまえば、獄門疆は封印する能力そのものを失うのかもしれません。

そうなると獄門疆・裏から五条悟を解放させることができるのかもしれません。

ただそうなると、気になるのは来栖華の術式の届く範囲ですね。

来栖華の術式はどの範囲で効果があるのでしょうか?

 

呪術廻戦ネタバレ146話:来栖華の術式は近距離にだけ効果あり?

来栖華の術式。

その届く範囲は、目の前にいる相手にしか効果を発揮しないのかもしれません。

または術式の届く範囲は近距離のみという可能性が高いのではないでしょうか?

というのも、ここで来栖華の術師が広範囲に及ぶものであるとすると、獄門疆の持ち主である羂索(けんじゃく)の術式をいとも簡単に無くしてしまうことになります。

そうなると五条悟は解放されることになりますが、五条悟があっさりと解放される展開になると物語の面白みは欠けることでしょう。

ストーリーの面白さ。

その点を考慮すると、津美紀に危機が迫っているのに五条悟の解放がなかなかできない―――

そんな展開になるはずです!(多分!)

となると来栖華の術式の届く範囲は近距離のみという可能性が高いと思います。

 

呪術廻戦ネタバレ146話:来栖華の術式が遠距離に効果があったら?

または来栖華の術式は、遠距離まで効果があるのかもしれません。

そうなると死滅回游でこの来栖華が術式を使うと、他の人たちの術式の多くが失われることになってしまいます。

となると死滅回游での勝負は、単純な肉弾戦になってしまいます。

それは羂索の望む展開なのか?

この点は少し疑問と言えるのかもしれません。

 

呪術廻戦ネタバレ146話:来栖華は虎杖たちの味方?

またこの来栖華が虎杖たちの味方になるのか?

この点は定かではありません。

来栖華の術式が広範囲に及ぶものであるとしても、来栖華が虎杖たちとは違う考えの持ち主である可能性は否定できません。

来栖華は虎杖たちの味方なのか?

それとも虎杖たちに敵対するのか?

はたまた敵対はしないけれども中立の立場であり、虎杖たちの頼みを聞いてくれないのか?

さて来栖華は虎杖たちの味方になるのでしょうか?

 

スポンサードリンク
 

呪術廻戦ネタバレ146話:九十九由基と天元の話が続く?

呪術廻戦 ネタバレ 最新話 146話 3

(引用:呪術廻戦)

また146話では、九十九由基と天元の話が続くのかもしれません。

145話では、九十九由基は天元の護衛に残ることを決断。

それは九十九由基は天元と話したりないためだと語っていました。

ですので146話では九十九由基と天元の話の続きが描かれるのかもしれませんが、それではどんな話を2人はするのでしょうか?

 

呪術廻戦ネタバレ146話:九十九由基と天元は以前に会った時の話をする?

九十九由基と天元の会話。

その内容として考えられるのは、九十九由基が天元に最初に出会った時の話という可能性です。

というのも九十九由基はまだ謎の多い人物です。

この九十九由基は特級呪術師であるにも関わらず、まだ術式も分かっていません。

また今回の虎杖たちが天元に会いに行ったのも、伏黒の姉である津美紀の危機という状況の中で天元に聞きたいことがあったからでした。

ですので九十九由基が以前に天元に会いに行ったのも、九十九由基にとって何か危機的な状況があったからなのではないか?と思います。

そんな九十九由基の危機的状況が回想シーンとして描かれる中で、九十九由基の術式や強さが明らかになるのかもしれません。

または九十九由基はその危機的な状況の時に、大切な味方を失った過去があるのかもしれません。

それは九十九由基の恋人だった―――

そんなドラマチックな展開が描かれるのかもしれませんね。

 

スポンサードリンク
>

呪術廻戦ネタバレ146話 まとめ

呪術廻戦 ネタバレ 最新話 146話 2

(引用:呪術廻戦)

ここまで2021年4月19日発売の週刊少年ジャンプ『呪術廻戦』の最新話146話のネタバレ・あらすじの考察・予想をご紹介してきました!

145話では天元の姿や獄門疆・裏の存在が明らかになるなど、内容の豊富な回となりました。

また145話のラストでは、来栖華という人物が登場しました。

この人物は「天使」を名乗る千年前の術師とのことで、また来栖華の術式はあらゆる術式を消滅させるものであることも判明しました。

この来栖華が五条悟の解放に、どのような関係があるのか?

この点が146話で明らかにされると予想されますが、個人的には獄門疆の開閉が術式で行われていて、術式が消滅することで獄門疆の封印の能力が失われてしまうのではないか?と思います。

またこの来栖華の術式がどの程度の範囲で効果を発揮するのか?

この点も気になるところで、遠距離まで効果を発揮するとしても、来栖華がそもそも虎杖たちの味方なのかどうか?

この点はまだ予断を許さないと言えます。

さて五条悟は解放されるのか?

来栖華は虎杖たちの味方になるのか?

様々な点が気になってきますが、それではここで週刊少年ジャンプ『呪術廻戦』の最新話146話のネタバレ・あらすじの考察・予想を終わります。

最後まで読んでいただいて、ありがとうございました!

スポンサードリンク