呪術廻戦ネタバレ141話『うしろのしょうめん』

jujutsu-141-spoiler
スポンサードリンク
 

さて今回は、2021年3月8日発売の週刊少年ジャンプ『呪術廻戦』の最新話141話のネタバレ・あらすじをご紹介していきます!

140話では、虎杖(いたどり)と脹相(ちょうそう)が禪院直哉(ぜんいんなおや)と戦っているところに、乙骨憂太(おっこつゆうた)が登場。

乙骨の存在に気付いた虎杖たちは、「ぬるっ」と異様に不気味な存在が近づいたことを把握しましたが、乙骨の呪力量は尋常ならざる部類でした。

狙う乙骨、狙われた虎杖。

一気に虎杖を斬ろうとする乙骨でしたが、乙骨と同等のスピードで逃げる虎杖。

そして虎杖は室内に逃げ込もうとするものの、乙骨は入口の前に車を投げることで、虎杖の室内逃亡を阻止。

呪力量の多い乙骨の攻撃を、虎杖は凌(しの)ぎ切ることができるのでしょうか?

それではここから『呪術廻戦』最新話141話のネタバレ・あらすじをご紹介していきます。

最後までお楽しみください!

 

スポンサードリンク
 

呪術廻戦ネタバレ141話:乙骨と虎杖の戦いの行方は?

さてここから呪術廻戦141話のネタバレをご紹介していきますが、141話のタイトルは「うしろのしょうめん」

乙骨と虎杖の戦いが続いていきます。

乙骨の振るう刀が虎杖を狙いますが、素早い動きで逃げ続ける虎杖。

虎杖は逃げながら車の中に入り、その車からサバイバルナイフをゲットすることに成功。

乙骨は特殊な呪具じゃないなら怖がらなくていいと考えますが、虎杖はこのナイフに呪力をこめようとします。

しかし呪具頼りになって呪力操作がおろそかになることを心配した五条は、まだ虎杖にナイフなどに呪力をこめる方法を教えていませんでした。

やはりというべきか、呪力をナイフにこめることに意識が向いていた虎杖は、そのスキを乙骨に突かれて前蹴りを喰らってしまいます。

 

呪術廻戦ネタバレ141話:ナイフと刀を折り合う2人

その後、乙骨は虎杖を斬り伏せつつ虎杖のナイフを折ってしまいます。

直後、虎杖は乙骨の刀を踏みつけた上でその刀を蹴り飛ばすことで、乙骨の刀を折ることに成功します。

内臓が出るほどの深手ではなかった虎杖ですが、この直後に乙骨のある能力が発動することになります。

 

呪術廻戦ネタバレ141話:リカちゃん登場

jujutsu-141-spoiler-1

(引用:呪術廻戦)

ここで登場してきたのは乙骨のリカちゃんでした。

0巻に登場してきたリカちゃんとは随分と姿に違いがありますね。

そんなリカちゃんは虎杖を抑えこんでしまい、乙骨は折れた刀で虎杖の胸を突きます。

「ごめんね 虎杖君」

乙骨のこの発言からは、虎杖の命を奪うことは乙骨の真意ではないことが想像されますが、果たして乙骨の真意はどこにあるのでしょうか?

 

呪術廻戦ネタバレ141話:笑みを見せる宿儺

jujutsu-141-spoiler-2

(引用:呪術廻戦)

ただ胸を突かれたはずの虎杖に巣くっている宿儺は、ここで笑みを見せていました。

この笑みにはどんな意味が含まれているのでしょうか?

次の142話でこの意味が明らかになるのかもしれませんね。

 

スポンサードリンク
 

呪術廻戦ネタバレ141話:脹相と直哉の戦いは

また脹相と禪院直哉の戦いは、直哉の術式の種が分からないと脹相は困惑していました。

直哉は非常に優位に立っているため、直哉からの術式の開示も見込めなさそうです。

ただ直哉も脹相のしぶとさに驚いている様子。

直哉「マジで何なん 君(きみ)」

脹相「兄さ・・・10人兄弟のな」

そして最後のコマで、脹相は「赫鱗躍動・載(せきりんやくどう・さい)」を繰り出す構えを見せます。

脹相は反撃に移ることができるでしょうか?

 

スポンサードリンク
>

呪術廻戦ネタバレ141話 まとめ

ここまで2021年3月8日発売の週刊少年ジャンプ『呪術廻戦』の最新話141話のネタバレ・あらすじをご紹介してきました!

呪霊を減らすべく奮闘していた虎杖と脹相の元に、まずは禪院直哉が登場してその後に乙骨憂太が登場してきました。

禪院直哉も禪院家の当主の座を受け継ぐため、という身勝手な理由で戦いを挑んできますが、呪力量がとてつもない乙骨の登場が虎杖たちを窮地に追い込んでいます。

虎杖と乙骨の戦いはお互いのナイフ・刀を折ったものの、ここで乙骨のリカちゃんが虎杖の頭を抱える形で登場。

リカちゃんは0巻とは違う姿になっていましたが、乙骨の指示に従って虎杖の動きを封じ、そのスキに乙骨の折れた刀が虎杖の胸を貫きました。

しかしそこで宿儺が登場して、思わせぶりな笑みを浮かべていました。

ここから虎杖vs乙骨の戦いはどのようになっていくのでしょうか?

 

一方で脹相は禪院直哉のスピードに手こずっていました。

脹相には直哉の術式の種も分からず苦戦していましたが、それでも脹相は異様なしぶとさを見せていきます。

そしてラストのシーンで赫鱗躍動・載を発動する構えを見せていました。

ここから脹相と直哉の戦いの行方も見ものですね。

さて続きが非常に気になりますが、それではここで週刊少年ジャンプ『呪術廻戦』の最新話141話のネタバレ・あらすじのご紹介を終わります。

最後まで読んでいただいて、ありがとうございました!

スポンサードリンク