彼岸島48日後ネタバレ最新話277話『明は味方のピンチに我慢する?』

higanjima-277-spoiler
スポンサードリンク
 

さて今回は、2021年3月22日発売の週刊ヤングマガジン『彼岸島48日後』の最新話277話のネタバレ・あらすじの考察・予想をご紹介していきます!

276話で、明たち一行はレインボーブリッジの本土側の関所に向かいました。

そこで血の樽を貢物(みつぎもの)として、吸血鬼たちを相手に新しく参加した北沢希と聡が交渉に向かいます。

目が普通の人間のままだからバレやすいのかと思いきや、興奮していなければ吸血鬼の中にも目が普通の奴もいるとのことで、見た目では怪しまれることなく無事に交渉が進みます。

そして吸血鬼たちは樽の中身を確認して、人間の血の味を確認。

聡は見張りの吸血鬼たちに一つの樽をワイロとして差し出して交渉を上手く進めようとします。

ただ他の樽の中身も確認すると吸血鬼たちは言い張り、樽の中に入っている明と勝次が見つからないか?

ここが大きな注目ポイントになりました。

2人とも樽の上を血の入ったお皿でフタをしていたため勝次は難なく乗り切りますが、明の樽には吸血鬼が槍を刺す行為に出ることになります。

この槍を明は無事にかわすことができ、樽の検査は無事に終了。

本土側の関所の門が開き、鉄の札5枚を入手しましたが、この先は無法地帯。

果たして明抜きで橋を渡り切ることができるのでしょうか?

彼岸島48日後は一週間の休載を挟みますが、それではここから2021年3月22日発売の週刊ヤングジャンプ『彼岸島48日後』最新話277話のネタバレ・あらすじ予想を行っていきます。

最後までお楽しみください!

 

スポンサードリンク
 

彼岸島48日後ネタバレ最新話277話予想:北沢姉弟の戦闘力は?

さてここから277話のネタバレ予想・考察をしていきますが、明たちはレインボーブリッジの本土側の関所をくぐり抜けることに成功しました。

そうなると、ここから先の注目ポイントは無法地帯をくぐり抜けられるのか?

ここにかかってきます。

さてこの無法地帯を明たちはくぐり抜けることができるのでしょうか?

 

彼岸島48日後ネタバレ最新話277話:明抜きで大丈夫なのか?

まず気になるのは明抜きで無法地帯をくぐり抜けられるのか?

この点ですが普通の吸血鬼だけが無法地帯にいるだけであれば、鮫島たちだけで何とか対処はできるのかもしれません。

気になるのは目が見えない北沢聡をかばいながらの戦いになることです。

またお姉さんの北沢希の戦闘力も未知数。

北沢希に一定程度の戦闘能力がなければ、明抜きではこの無法地帯をくぐり抜けることは難しいのではないでしょうか?

 

彼岸島48日後ネタバレ最新話277話:聡は自分の身を守れる?

または北沢聡は目が見えない一方で、周りの気配を察知して自分の身を守る程度は可能なのかもしれません。

吸血鬼が多くいる生活の中では、一定の戦闘力がなければ生き残ることも難しいはず。

その意味では新しく加わった北沢姉弟も普通の吸血鬼は倒せるぐらいの戦闘能力があると予想されます。

果たして明抜きで吸血鬼たちの群がる無法地帯をくぐり抜けることができるのか?

この点は大きな見どころの一つとなっていきます。

 

スポンサードリンク
 

彼岸島48日後ネタバレ最新話277話予想:仲間のピンチに明登場?

また強敵が現れなければ、明抜きでも無法地帯をくぐり抜けることは可能だとは思います。

ただそれでも仲間にピンチが訪れてしまえば、明は我慢できずに樽の中から出てきてしまう展開も考えられます。

果たして明は樽から出てきて戦うのでしょうか?

 

彼岸島48日後ネタバレ最新話277話:明は可能な限りガマンする?

ただここで仲間のピンチが訪れた場合でも、明は可能な限り樽から出ないようにするのかもしれません。

宮本明の存在はレインボーブリッジにいる吸血鬼たちの噂になっていました。

そこで宮本明が登場してしまうと警戒されてしまい、楽園側の関所も分厚いシャッターが降りてきて数日間は誰も入れなくなる可能性があります。

残酷ですが明たち一行の目的(ゴール)は、楽園側の関所を通り抜けて楽園の中に入ることであって、仲間の全員を助けることでは無いと思われます。

そのため明は仲間のピンチが訪れても、可能な限り樽から出ることはなく、ガマンし続けるのではないでしょうか?

樽の中から仲間の叫び声を聞くツラさ。

それを明は味わうことになってしまうのかもしれませんね。

 

スポンサードリンク

彼岸島48日後ネタバレ最新話277話予想 まとめ

ここまで、2021年3月22日発売の週刊ヤングマガジン『彼岸島48日後』の最新話276話のネタバレ・あらすじ予想をご紹介してきました!

本土側の関所を何とか無事に通ることに成功した明たち一行。

ここからはレインボーブリッジの無法地帯を明抜きでくぐり抜けられるのか?

この点が注目ポイントになってきますが、特別な強敵が現れない限りは明抜きでも無法地帯をくぐり抜けることはできるのかもしれません。

ただ気になるのは新しく加入した北沢姉弟の戦闘能力ですね。

特に聡は目が見えませんので、この聡にあまり戦闘能力が無い場合には、聡をかばいながらの戦いになってしまい、明たち一行は不利な戦いを強いられるかもしれません。

それでも吸血鬼たちの多くいる世界で生き延びてきただけに、北沢姉弟は一定の戦闘能力があることが見込まれます。

また明が樽から出てくるかどうかですが、明が出てきてしまえば楽園側に警戒されてしまい、楽園側の関所のシャッターが閉ざされてしまう可能性が高まります。

そのため明は仲間のピンチが訪れても、樽からできるだけ出ないようにガマンするのではないでしょうか?

仲間の悲鳴を聞きながら樽の中で我慢する明は心を痛めると思いますが、明はその心の痛みを楽園に入ってからの攻撃的なエネルギーに転化させていくのかもしれません。

楽園に入れるのか?

この続きが気になるところですが、それではここで週刊ヤングマガジン『彼岸島48日後』の最新話277話のネタバレ・あらすじの予想を終わります!

最後まで読んでいただいて、ありがとうございました!

スポンサードリンク