バッハ会長の歓迎パーティーの費用はいくら?オリンピックは特別?

IOC バッハ会長 歓迎パーティー なぜ いくら
スポンサードリンク
 

東京オリンピックの開催が近づいていますが、ここでIOCバッハ会長の歓迎パーティーが行われることが明らかになりました。

このバッハ会長の歓迎パーティーの開催には疑問や怒りの声が上がっていますが、なぜこのバッハ会長の歓迎パーティーは行われるのでしょうか?

またこの歓迎パーティーは税金が投入されると思われますが、その費用はいくらなのでしょうか?

こちらではIOCバッハ会長の歓迎パーティーの費用や開催理由などを見ていきたいと思います。

 

スポンサードリンク
 

バッハ会長の歓迎パーティーはなぜ開催される?


さてバッハ会長の歓迎パーティーが、これが赤坂迎賓館で行われることが報道されていました。

通常であれば重要人物を迎賓館でもてなすことは当然だとは思いますが、世間では反発の声も上がっています。

それもそのはずで、日本では東京で4度目の緊急事態宣言が発令され、飲食店では自粛が要請されている状態です。

自粛を要請しているのは政府や東京都なのですが、しかしバッハ会長の歓迎パーティーは菅総理が参加する形で行われ、自粛される様子はありません。

ではなぜこの歓迎パーティーは行われるのでしょうか?

その理由として橋本会長は「延期前から決まっていた」という理由を挙げています。

それ以外にも歓迎パーティーを開催する理由として「対策は十分に取っている」とのことでした。

う~ん、これだけを聞いてもやはり納得できないものがありますね。

 

東京都の自粛要請は?

ちなみに東京都では主に以下のような自粛要請が出されています。

  • 日中も含めた不要不急の外出・移動の自粛要請
  • 休業の要請
  • 営業時間短縮の要請
  • 催物(イベント等)の開催制限

引用元:東京都における緊急事態措置等

 

また飲食店でも2人以下での会食に制限されるという報道もありました。

これと同様の自粛を、政府やIOC関係者も行うべきなのではないでしょうか?

バッハ会長は「IOCは皆様方と一緒に、一つの船に乗っているようなもの。」と発言していました。

バッハ会長が言うこの「皆様方」というのは、ここでは東京都の小池都知事など政治家など一部の方のことを指すのでしょう。

もしもバッハ会長がこれを東京都民や日本国民と考えているなら、歓迎パーティーを断れば良いはずですが、そうした報道はされていません。

また「対策は十分に取っている」という理由も橋本会長は言っていましたが、それなら対策を十分に取っているお店やお客の飲食を認めるべきではないでしょうか?

国民・都民には自粛を求めながら、自らは自粛する様子を見せることはない。

これでは世間の納得を得られないのは当然のことではないでしょうか?

 

歓迎パーティーの費用はいくら?

また歓迎パーティーの費用はいくらなのでしょうか?

この点はまだ詳細が不明です。

分かり次第、この記事にアップしていきますが、この歓迎パーティーは日本が開催しますので、費用は国民・都民の税金から支払われることになると思われます。

このお金をコロナ対策に回せば良いのに、と思うのは私だけではないはずですが、いかがでしょうか?

 

歓迎パーティーの参加者は誰?

またこの歓迎パーティーに参加するのは誰なのでしょうか?

IOCのバッハ会長以外では、以下の人物が参加する予定となっています。

  • 菅総理
  • 東京都 小池都知事
  • 大会組織委員会 橋本会長
  • 森元会長

その他、合計で40名以上が参加する予定となっています。

このメンバーは自粛できない人たちなのは確かですね・・・

 

バッハ会長はいつまで日本に滞在?

ちなみにIOCのバッハ会長は、いつまで日本に滞在するのでしょうか?

この点はまだ詳細が不明です。

分かり次第、こちらの記事にアップしていきます。

 

スポンサードリンク
 

バッハ会長の歓迎パーティーに疑問の声が続出

それではここからツイッターに寄せられたバッハ会長の歓迎パーティーへの疑問の声を見ていきますが、こうした意見が出るのも当然だと思いますね。

人々には自粛を要請していながら、政治家やIOC関係者は「自分たちは特別だ」とでも思っているのか、歓迎パーティーを自粛する様子も見られません。

自分たちができないことを人々に要請するなよ、とも思いますが、これでは緊急事態宣言を発令してもその話を聞かない人が多く出てくるのも仕方ないと思います。

またツイッターでも言われていたように、歓迎パーティーの開催が人々に誤ったメッセージを与えるはずです。

しかし税金を使われてこんな政治をさせられると、どうにも納得できない気持ちが高まる気がしてきます。

 

スポンサードリンク
>

バッハ会長の歓迎パーティーの疑問!なぜオリンピックは特別なのか? まとめ

ここまでIOCのバッハ会長の歓迎パーティーに関する疑問の声を見てきました。

疑問や怒りの声が続出している印象ですね。

オリンピックが行われる東京で緊急事態宣言が発令されている中で、政治家やIOC関係者だけは自粛要請とは無縁という形で歓迎パーティーが行われるのですから、多くの人たちの怒りや疑問は当然だと思います。

ちょっと我慢すれば良いだけなのにな~、とも思いますが、政治家やIOC関係者はそれができないのですから非常に疑問や不満を感じます。

また私自身は現時点での東京オリンピックの開催に疑問を持っていましたが、このようなところにも税金や人手が使われると思うと、そのお金や人手をコロナ対策に回せば良いのに、と思ってしまいます。

まだ苦しんでいる人たちが多い中で開催されてしまう東京オリンピック。

東京オリンピックを喜んで見る人が少なくなると思うのですが、果たしてどのようになるのでしょうか?

それではここでIOCのバッハ会長が招待される歓迎パーティーに関するご紹介を終わります。

スポンサードリンク