キングダムネタバレ最新622話『信が激怒し龐煖を圧倒?!』

キングダム-ネタバレ-622-最新
スポンサードリンク

今回は、2019年11月21日発売の週刊ヤングジャンプの掲載漫画『キングダム』の最新622話のネタバレ・あらすじをご紹介していきます。

621話では、羌瘣(きょうかい)が命を投げ出すほど呼吸の深い境地に達していました。

ここまで羌瘣が深い呼吸を必要としたのも、龐煖(ほうけん)が武の極(きわ)みに達していればこそ。

この深い呼吸で優位に戦いを進めていた羌瘣は、左手の指を切り落とすところまで龐煖を追い詰めていました。

しかしここで呼吸が途切れてしまった羌瘣。

そして羌瘣は龐煖の反撃を受け始めるようになり、龐煖は羌瘣の足をつかんで地面に叩きつけることになります。

土に還(かえ)れ

とばかりに地面に羌瘣を叩きつける龐煖でしたが、飛信隊が突撃しようとしたその時、龐煖は羌瘣の身を飛信隊に向かって投げつけます。

そして羌瘣を受け止めたのは、他ならぬ信でした。

さてここから信vs龐煖の戦いが幕を開けると思いますが、どのような展開が待ち受けているのでしょうか?

それでは2019年11月21日発売の週刊ヤングジャンプの掲載漫画『キングダム』の最新622話のネタバレ・あらすじをご紹介していきます。

最後までお楽しみください!

キングダム龐煖(ほうけん)の最後は?
 

スポンサードリンク

キングダムネタバレ最新622話『信は王騎や麃公へ想いを寄せる?!』

信は羌瘣を倒されて激怒?!

さて羌瘣(きょうかい)が龐煖(ほうけん)にかなわず、地面にたたきつけられる展開になりました。

飛信隊が羌瘣の救出に向かおうとすると、龐煖は羌瘣を放り投げて信が羌瘣を受け止めた場面で、621話は終わりました。

ここで信と龐煖の戦いが始まるとは思いますが、信は羌瘣を倒された怒りがこみあげてくるに違いありません。

思い起こせば今は亡き王騎も、龐煖に摎(きょう)の命を奪われてから怒りを増した場面がありました。

信にあの時の王騎と同じような怒りがみなぎり、力が湧いてくるのかもしれません。

そして飛信隊では去亥(きょがい)も龐煖の矛の前に命を落とすことになりました。

一般兵にも苦戦していた信でしたが、ここから仲間を倒された怒りが信にみなぎってきて、力を発揮してくるのだと思います。

 

王騎や麃公への思いも沸き上がる?!

また王騎の矛を手にしている信は、今は亡き王騎への思いも沸き上がるかもしれません。

王騎と共に過ごした戦いの日々を思い出し、そして龐煖に王騎が倒されたショッキングな事実。

振り返ってみると李牧が咸陽(かんよう)に訪れて秦趙同盟を結んだ時に、李牧を前にした信は王騎の仇ということで李牧をにらみつけていましたね。

そして少し前には、麃公(ひょうこう)兵が亡き麃公の仇(かたき)とばかりに、龐煖に襲い掛かった場面がありました。

麃公兵と同じような気持ちは、麃公に可愛がられた信もきっと抱えているに違いありません。

亡くなった仲間や倒された羌瘣への思い、また敗者の思いを背負った信は、龐煖を圧倒する場面があるのかもしれませんね。

龐煖(ほうけん)が求める答えとは?
 

信の強さに疑問を感じる龐煖?!

そんな怒りに身をゆだねて戦う信は、龐煖を圧倒する場面があるかもしれません。

そして龐煖は、王騎に感じたような疑問を信に対して感じてくることでしょう。

龐煖が求める答えとは―――

少し前の612話で、李牧は約20年前に初めて龐煖に会った時に約束を交わしたと言っていました。

そしてその約束を果たす日は今日であると。

ここで信は何を龐煖に語るのか?

そんな見どころが近々訪れることでしょう。

 

スポンサードリンク

キングダムネタバレ最新622話『李牧に迫る刃は?!』

倉央や糸凌が李牧に迫る?!

また622話では、龐煖vs信の一騎打ちの他に、李牧に迫る危機が描かれるかもしれません。

まず一つ目は倉央(そうおう)や糸凌(しりょう)が李牧に迫る可能性がありますね。

糸凌には馬呈(ばてい)が対峙(たいじ)していますが、糸凌が馬呈を倒して李牧に迫る―――

そんな場面が描かれるかもしれません。

キングダム龐煖(ほうけん)の史実での実像は?
 

段茶隊が李牧本陣に迫る?!

また馬南慈(ばなんじ)軍が秦右翼の飛信隊の背後を討つのを防いでいた段茶(だんさ)隊が、今は消えています。

馬南慈軍を追って王翦(おうせん)本陣の救援に向かうかと思いきや、その姿は描かれていませんでした。

そして王翦は、田里弥(でんりみ)軍に合流しようとしています。

それならば段茶隊は、秦右翼軍の背後から李牧本陣に向かう可能性があるかもしれません。

王翦本陣を救うよりも、李牧本陣を狙った方が早い―――

そう判断して段茶隊が李牧本陣に迫っている可能性もあるのかもしれませんね。

 

スポンサードリンク

キングダムネタバレ最新622話『王翦本陣の展開は?!』

蒙恬が傅抵を倒す?!

また622話では、王翦(おうせん)本陣の様子が描かれるかもしれません。

一つには王翦本陣を背後から襲っている傅抵(ふてい)を蒙恬(もうてん)が倒す展開が考えられます。

さすがに王賁(おうほん)は肉体的な限界が訪れていますので、傅抵を倒すほどの力はないと思いますが、蒙恬にはまだ余力が感じられます。

ちなみに公式ガイドブックによれば、蒙恬の武力は89。

傅抵の武力は90あります。

武力だけで言えば傅抵に分がある戦いですが、しかし蒙恬は馬南慈の右目から光を奪うなど、数字に表れない強さを秘めているように思います。

それを発揮できれば蒙恬が傅抵を討つ可能性があると予想します!

 

王翦本人が傅抵を討つ?!

または王翦本人が傅抵を討ってしまう可能性も捨てきれませんね。

先ほど紹介したように、公式ガイドブックの武力の数値は、蒙恬が89で傅抵は90です。

この数値のまま勝負が決まるとすれば、傅抵が蒙恬を倒すことも考えられます。

ただこれだけ武力の数値の差はわずかですので、傅抵が蒙恬を倒せたとしても無傷で済むほど楽な戦いにはならないはず。

傅抵が傷を負った状態であれば、王翦が傅抵を倒す場面があるのかもしれません。

ちなみに公式ガイドブックによれば、王翦は何と93あります!

知略の深さが王翦の強みという印象がありますが、李牧と同じように王翦も武に優れた将軍ということになりますね。

 

スポンサードリンク

『キングダム ネタバレ 最新 622話』まとめ

ここまで、2019年11月14日発売の週刊ヤングジャンプの掲載漫画『キングダム』の最新622話のネタバレ・あらすじをご紹介しました!

信が来る前に龐煖を倒そうと、命を投げ出すほどの深い呼吸に到達した羌瘣(きょうかい)。

龐煖(ほうけん)の左手の指を切断するなど、戦いを優位に進めていましたが、途中で呼吸が乱れてしまいます。

そして龐煖の怒りを呼び、羌瘣は何度も地にたたきつけられることになります。

その羌瘣を救うべく、飛信隊が龐煖に突撃しようとしたその瞬間―――

龐煖は羌瘣を飛信隊に目がけて投げつけることになります。

そして投げつけられた羌瘣を受け止めた信でしたが、ここから怒りを増した信が龐煖を圧倒する場面があるのかもしれません。

また龐煖が求める答えを信が語る場面も出てくるのかもしれませんが、どんな言葉を信が龐煖に伝えるのか?

この点も近いうちの見どころになることでしょう。

それでは、キングダム最新622話のネタバレ・あらすじのご紹介でした!

スポンサードリンク